夏の色

2017年07月21日 22:53

美しい色、
夏の色。

717natu.jpg

717natu2.jpg

今年の祇園祭は、
すっかり、素通り。
お祭りがあった形跡すら、
見逃した。

もう すでに、真夏の暑さ。
連日、空調の効かない部屋で働いて、
(外と同じ温度だなんて!まったく!)
体調が なんだか、優れない。
今年の夏は、休みなし。
ああ、体 持つかなあ、、、。

コンプレ生地

2017年07月20日 00:04

キタノカオリT85、ハルユタカB、キタホナミ準強力、焙煎小麦ふすま。
バックプースラント、長時間、レーズン酵母+ドライイースト。
焙煎小麦ふすま、少なめで。
酵母は、少し減らして。
オートリーズなしで、ダイレクト。
スチームの入れ方、変えてみる。
前回より、クープぱっくり。
ふすまの糠臭さは、前回より控えめだけれど、
小麦の土っぽさ、あり。(どの粉の、風味だろう?)
バターのようなミルキーさ、とてもNutty、ふすまの風味?
酵母少ないほうが、えぐみは控えめ。
皮薄め、中柔らか。
ふすま減らしたから?詰まり具合も、緩め。
柔らかふんわりな食感で、食べやすい。
ローストふすまは、香ばしいけどモソモソ感あり。
生ふすまを使った方が、しっとりもっちり。
翌々日、やっぱり土っぽい風味。
ややパサ感あり、しっとりに欠けるなあ、、、。
風味はなかなかいい感じ(塩ちょっと強いかも)。
ぎゅっとと詰まった生地にしたいけど、
空気感のある柔らかなコンプレも、なかなかいいなあ。
717comp.jpg 717comp2.jpg

キタノカオリT85、ハルユタカB、キタホナミ準強力、小麦ふすま。
バックプースラント、長時間、レーズン酵母+ドライイースト。
酵母、さらに減らす。
生の小麦ふすま、少なめで。
塩、減らす。
室温下がって(冷房を入れた、、、)、
いつもより発酵ゆっくり、パン生地に合わせた工程で。
クープぱっくり、窯伸びも。
コンプレ、焼き色あんまり付かない。
皮厚め、中もっちりしっとり。
ふすま臭控えめ、えぐみも控えめ。
長めに発酵とっても、酸味は全くなし。
粉の甘みあり、重過ぎず 食べやすいコンプレ。
なかなか、いい風味。
翌々日、皮ややゴワ感、パサ感あり。
中、まだしっとり残る。
ふすまが多い方が、しっとり続く。
酵母も多い方が、しっとり続く。
でも、どちらも多いと、えぐみが強い。
加水、増やすしかないのかなあ、、、。
719comp.jpg 719comp2.jpg

コンプレ生地

2017年07月12日 00:05

キタノカオリT85、ハルユタカB、小麦ふすま。
バックプースラント、長時間、レーズン酵母+ドライイースト。
濃い、コンプレを。
全粒粉に、さらに ふすまを追加。
レーズン酵母、多めで。
1次やや長め、ベンチ、2次も長め。
全粒粉ぎっしりの生地、重くてなかなか上がらない。
いつもと同じくらいの発酵を取って、焼成へ。
(もう少し発酵待ってもよかったかもしれない)
クープが、開かない。
焼き色も薄め、レーズン酵母なのに色付き薄め。
発酵、未熟?
メイラード反応弱めの 粉配合?
中柔らかいけど、ボソボソしそうな繊維の多さ。
ふすま、入れ過ぎかもしれない。
皮薄め柔らか、中とてもしっとり、もっちり。
もっちりするけど、とても歯切れがいい。
かなり糠臭さ強いけど、酵母の深みもあり。
風味は、まろやか。
予想外に、風味いい。
食感も、とてもいい。
翌々日、皮柔らか、中まだしっとりもっちり。
加水、いつもと変わらないのに!
全粒粉とふすまに浸透した水分は、
加熱しても 蒸発しにくいのかもしれない。
ふすま風味主張するけど、馴染んで食べやすい。
バターのような、ミルキーな風味もあり(なんで?!)。
レーズン酵母多過ぎると、アルコール風味強め?
強い酵母風味とふすまの風味で、ややえぐみ。
噛むほどに、粉の甘みあり。
キタノカオリの甘さ、かな。
次回、酵母少なめ、ふすま少なめで。
甘みだけを出すには、やっぱりドライイーストがいいのかな。
ルヴァンの酸味も、合うかもなあ。
712comp.jpg 712comp2.jpg

カンパーニュ生地

2017年07月10日 22:17

キタホナミ準強力、高灰分強力、ライ麦全粒。
バックプースラント、長時間、ルヴァン種+レーズン酵母+ドライイースト。
ルヴァン種の酸味と、レーズン酵母の甘み、
それぞれのいいところ、うまく出せるかな。
酵母、併用で。
保水率上げるために、ライ麦増やす。
発酵生地、しっかり膨らんでいい感じ(ルヴァンのせい?)。
1次予定より早めに切り上げ、2次もオーバーに気を付ける。
クープ、浅めに。
いつもよりパリッと、開きはいい感じ。
焼き上がり、酸味とうまみのいい香り。
皮弾力あり、中しっとり柔らか もっちり感もあり。
やや強めの酸味あり、噛むとうまみ、粉の甘み。
ライ麦風味、ちょっと強めかな。
翌々日、噛み切りベター。
生地馴染んで、酸味マイルド。
じわじわうまみと、甘み。
しっとりもするけど、パサ感もあり。
ルヴァン種とレーズン酵母、それぞれの良さ、酸味と甘み。
でも、ぴったり馴染んでいない感じ。
風味それなりにいいけど、ベストじゃない。
色んな酵母を混ぜたほうが いい風味が出るっていうけれど、
私の場合、別々で使うほうが いい気がするなあ、、、。
76camp.jpg 76camp2.jpg

キタホナミ準強力、ハルユタカB、高灰分強力、自家焙煎小麦、ライ麦全粒。
バックプースラント、長時間、ルヴァン種+ドライイースト。
粉配合、少し変えてみる。
ライ麦は、保水効果と少し風味を付ける程度に。
ルヴァン種、いつもより少なめで。
気温高め、ベンチと2次は短めで。
クープ、浅めに。
焼き上がり、ほんのり酸の香り。
窯伸び、それなり。
皮やや弾きあり、中しっとり。
酸味あり、やや強め?
(どのくらいの酸味が好みか、分からなくなってきた)
ダイレクトな甘みは控えめ、噛むほどにじわじわうまみ。
準強力だけより ハルユタカを加えるほうが、
しっとりさは 増している気がする。
風味は、どちらも同じくらいに いい感じ。
ライ麦増やした方が甘みはUPするような気もするけど、
ライ麦の風味は、あまり強くない方がいいし、、、風味バランス難しい。
ルヴァン種単独で使うほうが、粉風味ははっきり。
翌々日、ゴワ感パサ感あるけど、しっとり残る。
酸味まろやか、じわじわうまみと粉の甘み。
風味、なかなかいい感じ。
710camp2.jpg 710camp.jpg

気温が上がると、常温発酵が難しい。
300度近い オーブンの熱、
焼き上げた後も、部屋中にこもって 強烈に熱い。
冬場の寒い時期には、あっという間に冷めてしまうのに!
ああ、ぐったり、、、。

カスレ

2017年07月08日 23:28

期限間近の 白いんげん豆。
さて、何作ろう。

フランス南西部の 郷土料理。
白いんげん豆と 塩漬けのお肉を、
グツグツ煮込んだ、キャセロール。

カスレ。
フランス料理のお店に行くと、
よく目にする お料理だけど、
お肉が入っているから、たいてい素通り。
一度か二度、口にした記憶があるけれど、
はっきりと味を、覚えていない。

お肉を使わないで カスレを作る。
野菜そのものの、うまみと甘み。
乾燥食材の、凝縮された深み。
発酵食材の、甘みと深み。
香辛料の、インパクト。
最大限に 引き出して。
グツグツグツグツ、ゆっくり煮込む。
焼き込みなしで、煮込むだけ。

本場の味を知らないから、よく分からないんだけれど、
なかなか美味しい 肉なしカスレ。
(カスレとは 呼べないのかも、知れない)
他のどの豆よりも、白いんげん豆が好き。
いつか、本場のカスレ 食べてみたいなあ!

78kasre.jpg

プランターのコリアンダー、
ひょろひょろ育って、白い花。
野生の青じそは ぐんぐんと育っていて、
お料理の ちょっとした風味付けに、大活躍。
プランターの植物たちは 茎が細いから、
連日の ゲリラ的な豪雨には、本当に ヒヤヒヤ、、、。
出かける前は、雨除けも 忘れずに。

77garden.jpg

リニューアル

2017年07月02日 23:10

10年以上 愛用しているパソコンが、
動かなく なってしまった。

正確に言うと、
パソコン自体は動くんだけど、
重くて重くて、インターネットに繋がらない。

イギリスから日本に戻ってきて、
さあ 頑張るぞ って、奮発して買った、
DELLの ピンクのノート型。
それから 10年近く、
壊れそうになっても OSのリカバリーを繰り返し、
繋いで 繋いで、
半年間の中米の旅でも、
大きなバックパックの1/3を占領する大きさではあったけど、
(移動の時は、重かった!)
予定を立てない長旅には、
情報を探すのにも、情報をまとめるのにも、
ほんとうに 大活躍。

もう、そろそろ駄目かもしれないな って、
新しいのを買ったのは、数か月前。
まっさらな 最新式が届いても、
やっぱり 慣れたパソコンの方がいいからって、
忍耐強く、強烈に動作の鈍いパソコンを使い続けてきたけれど、
(新しいパソコンの保守を 数か月間、無駄にしてしまった、、、)
ああ、もう限界かな。
長い間、ありがとう。

新しいのは、白のDELL。
(やっぱり、DELLが好き)
今までの、半分くらいの小さいノート。
手元でこちょこちょ操作する 便利なモバイルより、
キーボードの叩ける ノート型が、好き。
次の長旅は、ずいぶんと移動が楽になるだろう!

新しいものには、慣れるまでが 大変だ、、、。

カンパーニュ生地

2017年07月02日 22:38

キタホナミ準強力、高灰分強力、自家焙煎小麦、ライ麦全粒。
バックプースラント、長時間、ルヴァン種+ドライイースト。
酸味はマイルドに、
粉の甘みを、もっと出したい。
油断した、最終発酵取り過ぎた かも、、、。
焼きの色付き薄め、いつもより長めに焼成。
窯伸び控えめ、発酵オーバーか。
皮厚めで弾きあり、焼き込んだ苦みと香ばしさ。
中しっとり、長時間発酵のわりには食感軽い。
酸味あり、ライ麦のまろやかさと 粉の甘み、うまみ。
土っぽさは、前回より控えめ。
酸味マイルド、こちらの配合のほうが好み。
焼き時間長めのせいか、水分が飛び過ぎてしまっている気がする。
翌々日、やっぱりパサ感強め。
焼き過ぎが、原因か。
酸味マイルド、風味はいい感じ。
72camp.jpg 72camp2.jpg

キタホナミ準強力、高灰分強力、自家焙煎小麦、ライ麦全粒。
バックプースラント、長時間、レーズン酵母+ドライイースト。
ルヴァン種を、レーズン酵母に変えて。
1次長めに、2次控えめに。
クープパリッと開かず、上に伸びず。
長時間発酵生地、上に伸びにくいものなのかな。
もしかすると、クープ深めに入れ過ぎているのかも。
焼き時間いつもどおりで。
焼き色それなり、もうちょっと焼き込みたいけど、
パサつきが とても怖い。
皮弾きあり、中しっとり柔らか。
酸味ほとんどなし、甘みと酵母の芳香な風味。
高さないけど、詰まり過ぎず 柔らかさあり。
クルミとブルーベリー、なかなかいい風味。
酸味がないから、パンチは控えめ、
でも、食べやすい カンパーニュ。
翌々日、皮ややゴワ感あり、
中しっとりもしているけど、パサ感あり。
粉風味はいい具合、でも少し酸味が欲しい。
モサっとする感じは、ライ麦の全粒のせい?
焙煎小麦のせい?
捏ね方のせい?
加水量のせい?
焼き方のせい?
ああ、どれだろう、、、。
日を置いても、瑞々しさを残したい。
74camp.jpg 74camp2.jpg

カンパーニュ生地

2017年06月30日 22:41

キタホナミ準強力、高灰分強力、自家焙煎小麦、ライ麦全粒。
バックプースラント、長時間、レーズン酵母+ドライイースト。
酵母少なめに、
土っぽい風味の全粒を、ロースト小麦に変えて。
発酵生地、重め。
ベンチ、2次やや長めに発酵。
焼成、クープの開き弱め、あまり上がらず。
焼き色濃いめ、レーズン酵母の糖分?
皮弾き強め、中もっちり柔らか、噛み応えあり。
酸味控えめ、噛むとじわじわ甘みとうまみ。
土っぽさは控えめ、レーズン酵母の風味も強過ぎず。
塩強め?でも、風味いい。
翌々日、弾きはあるけど噛み切りベター。
ややパサ感、皮ゴワ感あり、加水少なめなせい?
馴染んで風味いい、甘みとうまみバランスいい具合。
美味しい。
加水増やしたいけど、もっちりねっとりするのがとても恐い。
627camp.jpg 627camp2.jpg

キタホナミ準強力、高灰分強力、ライ麦全粒。
バックプースラント、長時間、ルヴァン種+ドライイースト。
久々の、ルヴァン種(ようやく!)。
ほどよい、酸味出せるかな。
ベンチ、2次やや長め。
焼き上がり、心地よい酸味のある 香ばしい香り。
酵母が安定しているせいか、
ルヴァン種のほうが 美しい焼き上がり。
皮弾力あり、中もっちりしっとり。
酸味あり、うまみと粉の甘みじんわり。
あ、サワードゥブレッドの味。
パン・オ・ルヴァンの酸の味。
塩分、やや強め。
皮噛み締めると、ほんのり焦がし醤油のような、うまみ。
やや、土っぽい風味は高灰分強力?
翌々日、ああ サワードゥの香り!
台北PureBreadBakeryの、あのパンの香り!
酸味あり、粉の甘みとうまみ、濃い風味。
加水少なめなせいか、パサ感あり。
酸味ちょっと強過ぎる、かも。
甘みと深み、もうちょっと出したい。
次回、粉配合で調節。
同じ工程でも、レーズン酵母とルヴァン種では、風味が違う。
どちらも、それぞれに美味しい。
628camp.jpg 628camp2.jpg

苦手だった、低温長時間発酵。
水和がすすんだ 重い生地、
数ヶ月前までなら、ずっしりぺったん。
風味は 熟成されてなかなか美味しいんだけれど、
焼き上げると、ぺったんこ。
ああ やっと、
それなりに 釜伸びするようになってきた。
発酵時間の調整、発酵温度の調整、
粉配合に、種の調整、焼成の仕方。
でも まだまだ、
思いの食感には ほど遠い。
加水の加減が 難しい。

カンパーニュ生地

2017年06月28日 23:26

キタホナミ準強力、高灰分強力、石臼準強力、ライ全粒。
酵母ポーリッシュ50、種長時間発酵、レーズン酵母+ドライイースト。
前回の風味の濃かったバタール工程、配合を変えてカンパーニュに。
最終発酵まで、順調に。
アドバイスを受けて、焼き方を変えてみる。
クープ、ばりっと開かず。
下火、温度不足か?悔しいなあ、、、。
焼き上がり、カンパーニュらしい濃い香り。
皮弾きあり、でも柔らかめ、焼き込みの香ばしさ。
中しっとり柔らか、軽くてふんわり、酵母と粉の芳香な香り。
まず最初に粉の芳香さ、その後じわじわ粉の甘みと、ほんのりうまみ。
酸味はほんのり、パンチは弱め。
でも、風味悪くない。
翌々日、嚙み切りベター、風味も馴染んでまとまり感あり。
酸味なし、うまみと粉の風味。
塩のバランス、いい感じ。
皮ややパサ感あり、中まだしっとり。
生地のふんわりさが強過ぎる、もうちょっと噛み応えがあれば!
クープがしっかり開いていれば、食感違ったかもしれない。
次回、下火温度調整気をつけて。
低温長時間で発酵すれば、生地に噛み応え出るかもしれない。
622camp.jpg 622camp2.jpg

キタホナミ準強力、高配分強力、石臼準強力、ライ全粒。
バックプースラント、長時間、レーズン酵母+ドライイースト。
工程を、変えて。
低温で長時間、生地ずっしり重め。
あまりぷっくり膨らまないけど、そのまま進む。
焼成、庫内温度下げないように気を付ける。
焼き上がり、熟成のうまみと甘みの いい香り。
あまり釜伸びしなかったけれど、
重めの生地で、これだけ気泡が入っていれば、
家庭用オーブンで これ以上伸ばすのは難しいのかな、とも思う。
皮弾力あり、中しっとり柔らか、もっちり感あるけど弾き強過ぎず。
ライ麦のねっとり感あり、軽くはないけど重過ぎず。
甘み、うまみ、ほんのり酸味。
黒糖のような深みのあるまろやかさ、
レーズン酵母のせいだろうか、粉配合のせいだろうか。
熟成された濃い風味、美味しい。
石臼準強力の風味だろうか、土っぽい風味。
塩分、やや強い?
翌々日、馴染んで風味まろやかに。
甘み、とても強い。
少し、酸味を出したいなあ、、、。
625camp.jpg 625camp2.jpg

HATSUTATSU パン屋 / 大阪・中津

2017年06月28日 22:55

パン・ド・カンパーニュ
ht1.jpg ht2.jpg
サワー種で仕込まれた、加水高めのカンパーニュ。
焼き込みしっかり、香ばしくてまろやかな 芳しい香り。
見ため重そうだけど、予想以上に軽い手触り。
(高加水のせい、だろうか!)
そのままで、
皮厚過ぎず、やや弾きあり、瑞々しい食感。
中しっとりもっちり、とても柔らか。
ライ麦のねっとりする甘み、まろやかな深いうまみ。
酸味はほとんど、なし。
日を置いて、自然解凍そのままで、
まだまだしっとり、もっちり柔らか。
ほんのりほんのりな酸味とまろやかなうまみ。
日を置いたほうが、馴染んで風味いい。
とても、食べやすいカンパーニュ。
1/2 300円

パン・オ・ルヴァン ノア・エ・レザン
ht3.jpg ht4.jpg
サワー種多めの、ルヴァン生地。
バリっとゴツゴツ、しっかり焼き込まれたハード系。
くるみとレーズンぎっしりで、ずっしり重い。
カンパーニュ以上の、高加水。
そのままで、
皮厚めなのに、噛み切りやすい。
中、超絶にもっちりしっとり(もちもちし過ぎない)。
まるで、しっとりジューシーなフルーツケーキのような、食感。
(厚切りにすると、よく分かる)
高加水パンにありがちな、
ねっちりなグルテン層が見当たらない。
それぞれの小さな気泡がしっかり伸びていて、
どこまでも、柔らかしっとり。
レーズンが甘いからやや酸味を効かせている、っておっしゃっていたけれど、
それほど酸味、強くない。
レーズンの甘みとクルミの香ばしさで(本当にぎっしり)、
本来の酸味が和らいでいるのかも、しれない。
ハード系のノアレザン、この食感は初めて。
ああ、おいしい!
1/2 400円

農家風パン
ht5.jpg ht6.jpg
バゲット・ペイザンヌ生地の、コッペ型。
全粒、ライ麦などを合わせた、軽めのお食事フランスパン。
皮薄めで、弾きがある。
とっても軽い、ダイレクトに粉甘い。
高灰分小麦の深みのある風味、
うまみは少なめで、食べやすい。
バリバリ色よく焼き込まれたバゲットは、
また、違った風味なんだろう!(うまみが強そう、だ)
90円

念願の、宮本シェフのフランスパン!
ハードブレッド、ペストリー、ヴェノワーズにサンドウィッチ。
思いの込められた 艶々した、フランスパン。
フランスで、日本で、
色んな経験を積んでこられたシェフの、パンの味。
生地の違いについてお伺いしたら、
仕事そっちのけで 色んなことを話して下さった(!)。
酵母のこと、イーストのこと、
素材のこと、食べ物のこと、体のこと、
ポワラーヌのパンのこと、料理のこと。
シェフの考えるパン作り、店づくり。
(ポワラーヌさんがまだ生きておられた時代にパン作りを教わった、なんて本当に貴重だ!)
沢山たくさん、アドバイスを下さった。
独学でパン焼きしている私に、同じ目線で色んなことを話して下さった。
日々、自分がやっていることが正しいのかさえ分からない、
手探りでの、試行錯誤。
ちょっとした見方の違いが、新しい発見になる。
色んな経験をされてきた宮本シェフだからこその、温かい気持ち。
本当に 長い時間、有難うございました。
うまくいくか分からないけど、やってみます。
また会いに行きます、本当に ありがとう!

005.jpg
ハツタツ
市営中津駅から5分くらい

BACKEREI BIOBROT パン屋 / 兵庫・芦屋

2017年06月27日 22:50

ゾンネンブルーメンケルンブロート
bb2.jpg bb3.jpg
すべての素材が、オーガニック。
小麦は石臼で、自家製粉。
全粒粉100%、水、麦芽、塩、ドライイーストで長時間発酵させた生地に、
ひまわりの種を混ぜ込んだパン。
トッピングにも、ひまわりの種ぎっしり。
ずっしり、重い。
しっかり焼き込んだ、香ばしくて甘みのある いい香り。
皮厚過ぎず、噛み切りがいい。
噛むほどに、じわじわ粉の甘みとうまみ。
中しっとり、生地詰まっているけど噛み切りやすい。
自家製酵母で発酵させたような、うまみと甘み。
ほんのり酸味(酸味かな、うまみなのかな?)、塩分やや強め。
以前いただいた時は(今回とは別のパン)、
ドライイースト発酵の印象があったけど、
(酸味・うまみより、甘みのある粉風味が強かったからそう思ったのかも)、
今回いただいたパンは、まったく違う印象。
何だかとても 風味が深い。
全粒粉100%なんだけれど、重過ぎず。
外皮の糠臭さも、強過ぎず(それなりに糠臭さはある)。
ひまわりの種の香ばしさと甘みが、
全粒粉の風味を 和らげているのかも知れない。
結局のところ、ドライイーストも自家製酵母も、
同じものなんだなあ!と思った瞬間。
とても、美味しい。
そのままで、とても美味しい。
1/2サイズ 360円くらい

全粒粉ぎっしりのパン。
ずっしり重くて 消化に負担がかかるから、
好んでは 選ばないのだけれど。
Vironのコンプレ・ノアは とても好き。
噛むほどに溢れ出る、
ぎっしりなクルミの甘みと香ばしさ、
イースト発酵の 粉の甘みとふすまの風味。

BioBrotのゾンネンブルーメンケルンブロート、
Vironのコンプレとは全く違った風味なんだけれど、
噛み締めるほどに、甘みとうまみと香ばしさ。
ゆっくりゆっくり発酵させた、
小麦の深いところからやってくる、粉の味。

どちらも、とても好き。
イーストの力って、本当に凄いなあ!
bb1.jpg
ベッカライ・ビオブロート
芦屋駅から10分くらい

at ANTEROOM 京都

2017年06月25日 23:51

David Bowie by Mick Rock。
原宿Vacantに続き、2回目の。

ante2.jpg 

京都で再び開催されるなんて、思ってもみなかった。
素敵な空間、アンテルームのGALLARY9.5にて。

やっぱり好きなのは、
赤いウルフカットの サキソフォン。
水色の Life on Marsに、
食堂車の 白黒ジャケット。
この時代の、
カラフルな、グラムロックなスタイルが、
とても好き。

Vacantとは また、違った印象。
ゆったり 落ち着いた、Anteroom。
これもまた いい。

行きたいと思っていた Anteroom、
こんなことでもなければ、
なかなか 伺う機会はなかっただろう!

ante4.jpg ante.jpg
ante5.jpg ante6.jpg
GALLERY9.5 アンテルーム京都
京都駅から15分くらい 

ケーキハウス・ツマガリ / 洋菓子 神戸・三宮

2017年06月23日 23:48

ココナッツサブレ
tumagaricoco.jpg tumagaricoco2.jpg
シンプルなバタークッキーに、
ココナッツを混ぜ込んだ、ココナッツサブレ。
甘さ、控えめ。
バターのミルキーな甘みと、ココナッツ果肉の甘み。
素材そのものの、甘み。
ふんだんに使われたココナッツのシャリシャリ感が、
とても いい感じ。
生地はサクサク ザクザク、軽めな食感。
噛み締めるほどに、ココナッツ。
植物性油脂で この甘みを出すのは、きっと難しい!

グレース・プレミアム・バタークッキー
ツマガリBC ツマガリBC2
発酵バターを極限まで練りこんだ、プレミアムなバタークッキー。
バター濃厚、リッチな香り。
ザクザク、サクサク、しっとり、ホロホロ。
1枚で、いろんな食感!
日を置くと、ザクザク感が強くなる。
まるで、バターと砂糖を混ぜて焼き込んだような、
ザクザク、シャリシャリな食感。
バターが多いと濃厚で贅沢、風味とてもいい。
香りも、とてもいい。

リューベックディートリッヒ
寝かせ中
クッキー各100円~

フレンチな、焼き菓子いろいろ。
クッキーだけでも、数十種類。
知りたかったのは、試作中のサブレ・ココ。
シンプルな バタークッキーも魅力的。
シンプルなものほど、難しい。
とても、美味しい。

tmgr2.jpg tmgr.jpg
ケーキハウス・ツマガリ
神戸大丸店

KNOT イタリア料理 / 神戸・三宮

2017年06月22日 23:02

軽く炙った初ガツオと大阪ナスのインサラティーナ パプリカのソース
knot2.jpg knot3.jpg
まるで作品のような(!)、白いお皿に美しく盛り付けられたお料理。
見たこともないリーフやハーブ(可愛らしい!)を交えたサラダリーフの中に、
トロトロに蒸し焼きにされたナス(ペーストに近い状態)、
軽く炙り焼きにした初ガツオ、茹でたオクラ。
朱色の美しい、甘みの凝縮されたパプリカのソースで。
それぞれの素材が 軽く塩やオイルで調理されている感じで、
そのままで頂いても とても美味しい。
ナスは、蒸し焼きにした後、オイルと塩でシンプルに和えてある感じなのだけれど、
ねっとり甘くて(大阪ナスだから?)、香辛料のないババガヌシュのようなイメージ。
カツオは身が締まって新鮮、
パプリカのソースは、塩・オイル・ビネガーなどでシンプルに作られた感じ。
素材自体の甘みが、濃厚。
ワッと驚いた、最初の一皿。

温度卵ときのこのソテー パルミジャーノをたっぷりと
knot4.jpg knot5.jpg knot6.jpg
驚き、ふたたび。
真ん中が刳り貫かれた パスタプレートに、
惜しみなく削られた パルミジャーノの一皿。
トロトロの温かい半熟卵、白舞茸とマッシュルームとベーコンのソテー、パルミジャーノの3層仕立て。
いただく前に、全部を混ぜて。
温泉卵の温かさで、チーズが溶けてクリーミーなソースに。
濃厚でまろやかな卵黄の風味、
ソテーの塩気とベーコンの旨み、パルミジャーノのクリーミーさと旨み。
まるで、カルボナーラ。
シェフが盛り付けたお料理を、食べる人が調理する。
それぞれが、違った味になるのかもしれない!
美味しい!

アユのコンフィとガスパチョ 緑の白のきゅうり らっきょうのアクセント
knot7.jpg knot8.jpg
最後まで、驚き。
アユのコンフィ!赤い水面から、頭と尾っぽを出しているよう、だ。
オイルに浸して、じっくり低温加熱?
(オーブン焼きとの違いが分からないのだけれど、
 きっと、身のジューシーさや柔らかさが違うんだろう!)
ほどよい塩加減、こんがりな鮎はとてもジューシー。
夏の野菜の風味のする、ガスパチョ。
トマトに、セロリ(?)やキュウリの爽やかなアクセント。
ソースとして頂くには、もうちょっと濃い風味が好みだけれど、
さっぱりとしていて、暑い季節にとてもいい。
らっきょうの風味は、強過ぎず。
アサヒ生ビールたくさんと(久しぶりに頂いたスーパードライ生、予想以上に美味しかった!)。
全部で7000円くらい

お料理が運ばれて来るたび、ワクワク。
予想を裏切る個性的な盛り付けに、感嘆。
(台北のレストランMUMEで受けたような衝撃、COOL!!!)
船の中にいるような内装、
こじんまりとした居心地のいい、店内。
バールのような賑やかさではなく、
かといって、レストランほどしゃんとしていない。
とてもいい、空気感。
他のお料理はいったいどんな風に、サーブされるんだろう!
また、伺いたいなあ。
knot.jpg
KNOT 三宮駅から10分くらい

EM石鹸

2017年06月22日 22:05

やっぱり、なくなるのが早い気がする。

混ぜ合わせる温度が悪いのか、
なかなか、石鹸溶液が固まらない。
数日かけて やっと固まった石鹸は、
使ったとき、なくなるのが早い気がしている。

今回も また、ぜんぜん固まらない。
ゆっくり 待つ、か。
地球にやさしい、EM石鹸。

EM石鹸2

体が バキバキ。
目覚めて バキバキ、
仕事終わって ガチガチ。
日々、精一杯。
あれやこれやに 追われていたら、
もう、寝る時間。
22時が 永遠に続けばいいのに。
やり残しは したくない。
鍼と湿布を フル活用。
キンカンにまで 手を出した。
(肩こりに とても効く)
5分間のストレッチが なかなか、出来ないでいる。

FREUNDLIEBの焼き菓子

2017年06月20日 23:15

ダブルスウィート
(ギフト用の詰め合わせ、中ミミ2袋+クッキー1袋)
fdr1.jpg
777円

クッキー
fdr5.jpg fdr3.jpg
12種類ほどあるクッキーの中から、ランダムに9個入り。
全体的に、ザクッと硬めのクッキー生地。
ホロホロサクサク感控えめの、ハードなクッキー。
バターの風味がよく、甘過ぎなくて食べやすい。
ロゼット・・・他のクッキーに比べて、卵風味豊か。
       食感も、ザクッとサクサク やや軽め。
       ほんのりパルメザンの風味もするように思うけれど、
       アーモンド粉の風味かもしれない。
ヒシガタココナッツ・・・ザックリ硬め、食べ応えのある生地。
             ココナッツ果肉ではなく、ココナッツミルク入り?
             バター風味豊か、ココナッツ風味はほんのり。
             バタークッキーに近い、味わい。
OS・・・シナモンクッキーではあるけれど、シナモンの風味は全くしない。
    ほんのり卵風味のバタークッキー。
    絞り生地だからサクサクすると思ったら、ザクザク(予想外!)。
    トッピングのジャムの味、分からず。
ハート・・・ザックリ、バタークッキー生地に細かいクラッシュアーモンド入り。
      アーモンドの風味が、とてもいい。
チョコレート・・・ココアのせい?他のクッキーより硬さあり。
         トッピングのザラメ食感が、いい感じ。
ラングドシャ・・・ザクッと、ハード。
         よくある薄めのサクッとバター風味豊かなラングドシャとは違った、
         噛み応えのある、生地。
         大きめクラッシュのアーモンドが、存在感あり。
         ほんのり卵風味生地、ロゼットと同じ生地かもしれない。
バニラ・・・ミルキーな、バタークッキー。
      バニラの風味は、あまりよく分からない。
      ザラメの食感、いい感じ。
      トッピングのジャムの風味も、ほんわり(アプリコット?)。

中ミミ
fdrpai.jpg fdr2.jpg
ハート型のパイ、パルミエ。
コーティングの糖蜜、室温高くて(32℃以上はあったはず、、、)で溶けぎみだったのか、
やや湿気た(しっとり、とも言える)食感。
パイ自体は、バリバリザクザク。
端っこはザクザク、中のほうは(層の部分)サクサク。
大きいミミほど、サクサク感が大きいと思われる。
バターの風味と、甘過ぎない砂糖の甘さ。
以前、チョコ味の大ミミ(特大サイズ)を頂いたことがあって、
とても風味がよくて 美味しかった印象があって、
今回外せなかった、プレーンなパルミエ。
やっぱり、美味しい。
バターの風味が、とてもいい。

フロインドリーブ 三宮本店

FREUNDLIEB / パン屋・カフェ 神戸・三宮

2017年06月19日 23:58

ハードトースト
fd3.jpg fd4.jpg
グンと伸びのいい、山型食パン。
皮かっちり、しっかり硬め。
イースト臭強めの、パンの香り。
乳製品、砂糖なしの、ハードな山食。
油脂にはラード。
そのままで、皮しっかり噛み応え、ややパサ感あり、
中ふわふわ過ぎず、噛み応えあり。
軽めでもっちりしない、噛み切りがいい。
油脂のせいか、しっとり感あり。
塩やや多めで、後引く風味ではある。
でも、やっぱりイースト臭強い(イーストは嫌いではないんだけれど!)。
日を置くと、皮のパサ感強め、それでも中はしっとり。
自然発酵っておっしゃっていたけれど、
このイースト臭の強さからすると、きっと発酵時間は短め。
だから、こんなに軽くて しっかり上がるんだろうか。
パンが乾燥しがちなのは、朝焼き上がって(朝1回のみの焼き上がり)夕方まで、
袋に入れないでショーケースに並べられているからだ、と思われる。
そのままの状態で陳列、とても魅力的だけれど、
やっぱり乾燥してしまうっていうことを、実感。
ハーフ480円くらい

ドイツスタイル、神戸にある古くからのパン屋さん。
大好きなフロイン堂の ルーツ、
フロインドリーブの 味を知りたい。
フロイン堂の山食は、フランスパン生地ではないけれど、
(乳製品、油脂入りかと思われる)
こちらの山食は、油脂のみのフランスパンに近い生地。
まったく別の食パンだから 比べてはいけないのかも知れないけれど、
乳製品を使っていたって、油脂を使っていたって、
私は、フロイン堂の あの山食が好き。

立派な教会を改装して作られた、サロン。
1階がパンと洋菓子の販売、2階がカフェスペース。
夕方には、パンはほとんど売り切れ。
色んな種類のクッキーが、魅力的。

この後、フロインドリーブ神戸大丸店へ。
カンパーニュに、ドイツコッペに、グラハムトースト(!!!)、
本店よりも 色んな種類のパンが並んでいて、
ここで買えば良かった、とちょっと後悔(仕方ない、、、)。
カンパーニュは、気になるなあ。
fd2.jpg fd.jpg
fd5.jpg
フロインドリーブ 三宮駅から15分くらい

FDコケモモ
さあ、トーストに!
クリームチーズに、甘酸っぱいジャムを。
Darboの真っ赤な、コケモモジャム。
(ああ、思っていたより酸味がまろやか、、、。)

ハードな山食、トーストするとザクザク!
ザクッと、しっとり。
シンプルなフランスパン生地、やっぱりいいなあ。
このパンは、トーストしたほうが美味しい。
(焼くとイースト臭も、控えめに)

トミーズ / パン屋 神戸・三宮

2017年06月19日 22:03

あんトースト
tomys3.jpg tomys2.jpg
初、トミーズのあん食パン。
厚めスライスの 粒あん入り食パン、
フレンチトースト仕立て。
表面に軽く卵液を塗って、
(卵液に浸してはいないと思われる)
軽めにトーストされた感じ。
粒あん、ぎっしり。
食パン自体がリッチな配合なのかもしれないけれど、
一枚スライス、ずっしりな重さ。
そのままで、
目の詰まった食べ応えのある生地、ほんのりミルキーな甘み。
ほわんとフレンチトーストの卵の風味、
ぎっしりな粒あん、甘さ控えめ。
予想以上に甘さ控えめで、飽きない美味しさ。
そのままでも、美味しい。
トーストして、
皮サックリ、サックリしてふんわり。
あんこがホクホク、温めたほうが贅沢感あり。
130円

たまに伺う食品店で、何度か見かけた「トミーズあん食パン」。
From神戸の、あん食パン。
ミルキーな食パンは買わないし、
あんこ入りのパンも好んで買わないし(昔は好きだった!)、
1.5斤の食パンなんて食べ切れなくて、買わないし。
だから、トミーズのあん食は いつも素通り。
神戸のトミーズ。
お店には、1枚スライスのあん食が売っている。
1枚だけで買えるなら、いただいてみたい!
最後の一枚(大人気!)、運良く入手。

昔ながらの、パン屋さん。
三宮駅すぐ高架下 細い商店街の、
とても小さなパン屋さん(本店ではない)。
年代関係なく、神戸の人々に愛されているパン屋さん。
食パンの種類が とても豊富、
菓子パン、サンドパン、お惣菜パン。
シンプルな、あん食1枚スライス(フレンチトースト仕立てではなく)、
販売して貰えないかなあ、
熱々トーストにバターをのせたら、美味しいだろうに!
tomys.jpg
トミーズ 三宮駅高架下

バタール生地

2017年06月14日 23:30

キタホナミ準強力、高灰分強力。
酵母ポーリッシュ50、種発酵長め、ルヴァン種。
バタール、フランスパン生地。
熟成のうまみより、ダイレクトな粉の甘み。
軽めの食感と、薄い皮。
そんなところを、狙って。
種長時間発酵させて、本捏ね短時間。
低温で発酵させた種、
本捏ねでちゃんと膨らむか心配だったけれど、
思いのほかパワフル、ぐんと伸びる。
(自然の酵母って、やっぱり生き物だ!)
バリバリワイルド、理想的な焼き上がり。
フランスパンの香ばしい粉の香り。
皮弾力あり、中ふんわりもっちり噛み応えあり。
軽い酸味、粉の甘みと香ばしい風味。
とても風味がいい、でも酸味はなくてもいいのかな。
翌々日、やや梅の酸味、種過発酵だったのかもしれない。
酸味なくして、甘みと香ばしさ、
次回の目標。
種の発酵時間は、短めにした方がいいのかもしれない。
614batard.jpg 614batard2.jpg

キタホナミ準強力、高灰分強力、石臼準強力。
酵母ポーリッシュ50、種発酵長め、レーズン酵母+ドライイースト。
前回のルヴァン種を、レーズン酵母に変えて。
生地、やや重い印象。
風味、濃い印象。
中種発酵に、やや時間がかかる。
本捏ね、前回と同じくらい。
独自のクープ、焼成。
このやり方は、時間をかけて生地が上がる感じ。
いままでのやり方より、ゆっくり焼成発酵される感じ。
クルミをたくさん、入れて。
ギフト用に、気に入って貰えますように!
スライス1枚、試食、、、。
気泡の入りは、いい具合。
皮弾力控えめ、スパッと嚙み切りやすい。
中しっとり、もっちりは控えめ、柔過ぎず噛み応えあり。
濃い風味、じわっとうまみ、塩強め。
準強力全粒の風味だろうか、ワイルドで個性的。
種長時間発酵だけれど、酸味はまったくなし。
バタールというよりは、
カンパーニュ(もしくはペイザン)のような土っぽさ。
そのままで、美味しい(クルミの風味が、とてもいい)。
食感、歯切れいい。
617batard.jpg 617batard2.jpg
617batard4.jpg

教本に従うのではなく(教本通りにやっても、うまくいかない、、、)
自分のやり方、で。
試しては失敗して、
うまくいったと思ったら、また失敗して。
新しいクープの入れ方と、焼き方。
やっと自分の焼き方見つかった、そんな達成感。

ショートブレッド生地

2017年06月14日 23:15

サブレココ・ディアマン。
灰分高めの薄力粉、いつもの粉で。
厚みをちょっと 変えて。
サックリ、な噛み応え。
前回の、
うどん粉の方が、
風味いいんじゃないだろうか?
614sb.jpg


最新記事