原作杏仁茶 / 台湾・台南

2018年01月28日 22:27

冷杏仁茶
原作1 
熱々のとろっとした杏仁茶を、
陶器のお椀でいただきたかったのだけれど。
冷たい瓶入りのみ、の販売。
外帯(テイクアウト)用は、トッピング用のスライスアーモンド付き。
(杏仁の風味のするアーモンド、アマレットの風味)
前回の、甘さ控えめになったなあ、と思った時よりは甘い気がする。
ちょうどよい甘さ(それでも控えめ)かもしれない。
やっぱり、温かいのをレンゲで掬っていただきたいなあ、、、。
45元くらい

平日の府中街、
久しぶりに訪れてみると、通りはがらんとしていて、
ほとんどのお店が、休業。
杏仁茶屋台も、休業(ああ、、、)。
翌日、リベンジ。
期待はしていなかったけれど、、、細々と開業。
以前は杏仁茶や紅茶販売だけだったのに、
現在は、麺類などの食事も提供されている。
(杏仁茶だけでは難しいのだろうか、、、という心配)
人通りの少ない平日は、きっと、
温かい杏仁茶を提供するのは、手間がかかって効率が悪いんだろう、、、。
冷たい瓶入りを、鍋でコトコト煮込むと、
あのとろっとした熱々の杏仁茶がいただけるに違いない。

原作2
原作杏仁茶 府中街
(営業時間どおりには開いていない)

原作3
とても雰囲気のいい府中街。
がらんとしていると、なんだか淋しい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1966-788d2845
    この記事へのトラックバック


    最新記事