清粥小菜 / 台湾・台南

2018年01月27日 23:41

小菜いろいろ
P便當3 P便當4
自助餐(好きなものを好きなだけ)のお店にて、お惣菜。
トマトと卵の炒め物・・・トマトの甘みと酸味、卵のほんわり風味(卵火通り長め、硬め)。
              薄口醤油と砂糖、お酢でさっと炒めた感じ。
              とても、好きな味。
茄子の揚げ浸し・・・一度揚げた茄子を、醤油・砂糖で煮浸しに。
              甘辛茄子トロトロでジューシー、とても美味しい。
              やっぱり、鮮やかな紫。
人参と卵の炒め物・・・炒めた人参と玉子を、薄口醤油・砂糖・お酢で煮た感じ。
              沖縄の人参シリシリ、タイのパッタイの人参の風味に似ている。
              シンプルだけど、美味しい。
四季豆(インゲン豆)の煮物・・・太め、濃い緑色の四季豆。見ため硬いかな?と思ったけれど、柔らか。
                    一度素揚げしてから、煮込み。薄口醤油と砂糖の甘辛風味。
瓜と木耳の炒め物・・・瓜(冬瓜より少し硬めの食感、大きな胡瓜かも)と木耳、魚の練り物の煮込み。
              味付けしっかりめ、瓜がとろんとしてとても美味しい。
              塩風味の味付け、魚の出汁が効いている。
30元(量り売りだか、目分量だか)

ステンレスのバットに盛り付けられた、いろんなお料理。
いろんな色の野菜に、肉が合わせてあったり、魚が合わせてあったり。
学食や社員食堂の、サラダバーのよう。
好きなものを、好きなだけ、紙の容器に詰め合わせ。
主に、野菜だけのものを選択。
見逃せなった、トマトと玉子の炒め物と茄子の揚げ浸し(とても好き)。
どのお料理も、日本のお惣菜と味付けの仕方が似ていて、馴染み深い。
野菜の食感や、組み合わせ方の違いで、台湾らしさを味わえる。
屏東の便當屋さんの味付けにとても似ていて、
定番の味付けなんだろうなあ、と思う。
(化学調味料を使われているように思う)
とても広い、フードコートのような店構え。
店の外に、清粥小菜のコーナー(麺類、お粥、ご飯、スープなど)、
店の中には揚げ物や汁物や丼ものなど(だったように思う、注文してから調理)、
テーブルがあり、中でいただける。
ショッピングモールのフードコートのような、印象。
メニュー数がとても多いから、地元の人にはとても重宝するお店だろうなあ!

P便當1 P便當2
清粥小菜(お店の名前かは分からない)
台鉄大橋駅近く


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1963-aab11b26
    この記事へのトラックバック


    最新記事