阿憨鹹粥 / 台湾・台南

2018年01月21日 00:25

虱目魚肚湯(虱目魚スープ)
サバヒー1 サバヒー2
台南名物、虱目魚(サバヒー)。
サバなどと同じ青魚類だと思うのだけれど、
サバよりも生臭さは強くない印象で、身は柔らかくてジューシー。
背の部分(だと思う)には脂がのっていて、とろんとした食感。
(このとろんとしたところが、好き)
スープは、葱などの香味が効いた塩風味で、とても優しい味。
魚は生臭さがなくて、とても新鮮。
英語で’ミルクフィッシュ’と呼ばれるのは、
身がとてもミルキーな白い色をしていて、
フレッシュな風味だからかもなあ、と思う。
台湾では朝ご飯に、
お米を入れたサバヒーお粥 ’虱目魚肚粥’が、人気。
ちょっと味付け薄めだなあと思ったけれど、
朝にお粥としていただくには、
これくらいあっさりしていた方がいいのかもしれない。
虱目魚を、煮付けにしたら美味しいだろうなあ、、、。
70元くらい

虱目魚肚湯や虱目魚肚粥をいただけるお店は
いくつかあるのだけれど、
夜も開いている阿憨鹹粥で外帯(テイクアウト)。
ビニール袋に入れて渡されるから、
ああ、何だか夜店の金魚のようだ、、、。
大衆食堂のような雰囲気で、席数もたくさん。
他に虱目魚の頭や皮、腸などのメニューもあり。
(頭は大きな頭3匹分も盛られるから、あきらめた)
サバヒー3
阿憨鹹粥 台南市公園南路169号

サバヒー4
一甲子で入手した、冷凍水餃と麻辣臭豆腐を火鍋に。
火鍋とは、いろんなものを鍋で煮込む、日本のお鍋のような料理。
茼蒿(春菊のような葉野菜)、エノキ茸、筍を入れて、
一甲子特製スープ(美味しい!)で煮込む。
臭豆腐がとても美味しい、
そして部屋中が、臭豆腐の香り。
(必ず、窓を開けて調理しないといけない)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1959-830d0af4
    この記事へのトラックバック


    最新記事