手ぶくろ

2017年12月14日 23:46

もう 何年も愛用している、
ネパール製の手編みの、ミトン。
毛玉ができたって、汚れたって、穴が開いたって、
その度 洗って、繕って。
丁寧に作られているから 本当に丈夫で、
使うごとに色が変わって、いい色合いになってきた。

この愛らしい 極厚ウールの二股手ぶくろ、
真冬の底冷えする この街の気温には勝てないようで、
自転車で移動する際には、指先の感覚がなくなってしまう。 
二股だから 手ぶくろ嵌めたまんまじゃ、物をうまく掴めない。      

wooltebukuro2.jpg

これより温かいのが見つかったら新調しよう、って
気長に待つこと 数年。
新しく手に入れた、おんなじネパール製の5本指。
指先いっぽんいっぽんに フリースが縫い付けられているから、
プクプクしていて不格好だけど、
とても 温かい。
(やっぱり、指いっぽんいっぽん覆われる方が防寒性が高い)

wooltebukuro1.jpg

機械編みにはない愛らしさがあって、
日ごとに愛着がわいてくる。
どちらも ずっと大事にするだろうなあ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1932-d6e5fd24
    この記事へのトラックバック


    最新記事