FC2ブログ

Boulangerie Bistro EPEE / パン・フランス料理 東京・吉祥寺

2017年11月30日 21:26

愛媛今治の無農薬野菜たちの鉄板焼き  自家製パン・ルヴァン(発酵バターと)
epee2.jpg epee3.jpg
カラーパプリカ、ししとう、いんげん、カブ、ロマネスコ、
今治から届いた新鮮な野菜の、オ―ブン焼き。
シンプルに、オイルと塩だけ(たぶん)。
根菜(白2種類、赤1種類、カブのような大根のような)は、
ホクホクしていて、とっても甘い。
ジャガイモのような、ホクホク感。
パプリカも、とても甘くてジューシー。
(ししとうは、実はとても甘いけどヘタは辛いから要注意)
野菜からの水分だけで蒸し焼きすることで、甘み凝縮。
少しの塩だけで、ほんとうに美味しい。
添えられた、アンチョビソースを付けて、
発酵の深い旨みが加わって、さらに美味しい。
とっても大きく焼き上げられた、パン・オ・ルヴァン(パンの名前は正確ではない)。
じっくりしっかり焼き込まれた皮、厚めでがっしり苦みあり。
中ふんわり柔らか、強めの酸味、梅の酸味。
苦手な梅の酸味なんだけれど、同時にまろやかなうまみ。
(この風味は、初めてだ)
とても、ふんわりホロホロしている(!)。
添えられた発酵バターが、とても美味しい。
ミルキーでまろやかで、軽くて、口に入れるとすっと溶ける。
そのままでとても美味しい、焼き野菜に添えても美味しい。

ブイヤベース
epee5.jpg epee7.jpg
魚介のトマトスープ、
ムール貝、ハマグリ、本日の鮮魚はタイ(だったように思う)。
野菜は、ニンニク、青ネギ、トマト(煮込みの際に他の根菜も使われているかも)。
じっくり煮込まれた、魚介と野菜のうまみ。
貝類はあまり好まないけれど、ムール貝は嫌いではない。
牡蠣の風味に似ているなあと思うのだけれど、
牡蠣よりもムール貝のほうが、生臭さが少なくて食べやすい(と思う)。
白身の魚は、トマトにとても合うなあ!
同じような素材を使っても、それぞれの味。
魚介臭さは感じるのだけれど、とても美味しい。
(魚介を煮込んでいるんだから、きっとそういうものなんだろう。
頻繁に魚を頂かないから、生臭さというものに敏感になっているのかもしれない。)
寒い日の、煮込み料理は、体がとっても温まる。

自家製パン・ドライフルーツ      自家製パン・セーグル
epee4.jpg epee6.jpg
デーツを混ぜ込んだ、セミハード。
皮弾き強めだれど、中ふんわり柔らか。
控えめな梅の酸味、あり。
デーツは、干し柿のようなねっとりな甘さ。
ライ麦率の極めて高い、薄めスライスのセーグル。
甘い!酸味はまったくなく、
熟成されたライ麦のまろやかな深い甘み。
こんなに甘みのあるライ麦パンは、初めて。
とても、美味しい。

ジャガイモのグラタン           自家製パン・ビーツ
epee9.jpg epee8.jpg
シンプルに、ジャガイモとホワイトソースとチーズだけの、グラタン。
(玉葱も入っているかもしれない)
ホワイトソースの、クリーミーでまろやかな風味、
ジャガイモの、素材そのもののホクホクな甘み、
こんがり焼き色のついたチーズの、香ばしい風味とほどよい塩気。
チーズは熟成度低め、ミルキーでフレッシュ感が強い。
ブイヤベースのスープと一緒にいただくと、とても美味しい!
美しいピンク色の、ビーツのパン。
皮弾きあり、中柔らかふんわり。
梅の酸味やや強め。
ビーツ独特の、土っぽい風味あり。
ビールは、ハートランド生。
全部で6000円くらい(コペルトのパン代含む)

ブーランジェリーでもあり、ビストロでもあり。
がっしり焼き込まれたハード系が魅力的な、
ずっと伺いたかった、パン屋さん。
ビストロが開くころには、パン屋さんは閉まっていたから、
カウンターに並んでいるパンを見ることはできなかったけれど、
(売り切れてしまっていたのかもしれない)
注文するお料理ごとに、そのお料理に合うパンが添えられる。
両手で抱えられるくらいの大きさの、色濃く焼き上げられたルヴァンは圧巻。
お料理も、野菜、肉、魚、魅力的なフランス料理が沢山。
産地の分かる新鮮な素材を使われていて、
どのお料理も、シンプルでとても美味しい。
落ち着いた木の色を基調とした店内も、とても素敵。
次は、パンが並んでいる時間に伺いたいなあ!

epee1.jpg
エペ
吉祥寺駅から8分くらい


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1913-1c2106d9
    この記事へのトラックバック


    最新記事