The City Bakery パン・カフェ / 大阪・梅田

2017年08月06日 22:51

ビオ・ブレッド
cityb.jpg citiyb2.jpg
大きな、ビオのカンパーニュ。
高加水で、見ためよりも とっても軽い。
皮しっかり焼き込まれて、苦みと香ばしさ。
加水多めの、ぺっとり吸い付く食感。
(Garden Cfaftsのカンパーニュのよう、だ)
中しっとりもっちり、噛み切りとてもいい。
酸味あり、心地よい酸味と熟成のうまみ。
ライ麦の深みとまろやかさ。
大好きな、Rose bakeryのカンパーニュの風味にも似ていて、
苦み、香ばしさ、酸味、粉風味、とても好みのバランス。
Rose bakeryが 中ホロホロと口溶けのいい繊細な生地感なのに対して、
こちらは、もっちり噛み応えのあるワイルドな生地感。
とても、美味しい。
そのまま常温で置いておくと、乾燥気味に。
すぐに冷凍して自然解凍すると、しっとり感残る。
皮の苦みと酸味とうまみが、とても美味しい。
焼き直すと、また違う食感になるだろうと思う。
1/4サイズ 310円

NYカンパーニュ
cityb5.jpg cityb6.jpg
長め成型、大きく焼き上げられたNYカンパーニュ。
ライ麦なしの、灰分高めの白い粉。
ビオブレッドよりも、ずっしり重め。
皮厚めで、弾きあり。
噛み締めるほどに、じわじわ熟成のうまみ。
中ぎゅっと詰まった生地感、もっちりするけど噛み切りがいい。
Vironのプーリッシュ(バゲット生地)の風味に、とても似ている。
ほんのり甘い、噛み締めるとパンケーキやカステラのようなほわんとした甘み。
高灰分の、仏産の粉の味(違うかもしれない)。
翌日、皮ややゴワ感、中もやや硬めに。
乾燥しがちでも 噛み締めると、じわじわ粉の甘み。
長時間発酵の粉の甘み、噛むほどに味わい深い。
1/4サイズ 200円

行く予定をしていたパン屋さんが、
夏季休業だって知ったのは、電車に乗り込む数分前。
ゲッ!どこ行こう、、、。
考えても出てこないから、取り合えず電車に飛び乗って。
(こういう時、スマートフォンがあれば便利なんだろう、とは思うのだけど、
 でも、行き当たりばったりの 成り行きまかせも悪くないなあ、とも思う。)
まだ行ったことのないお店で、行ってみたいと思っていたお店。
どこだっけ、どこだっけ。
で、初めての グランフロント。
初めての、シティベーカリー。
きっと あのパン屋さんがお休みでなかったら、
まだまだまだまだ、行く機会はなかったシティベーカリー。
思っていた以上に(失礼、、、)、魅力的なパン沢山。
プレッツェルクロワッサンに、ミルクビスケット。
思いも寄らず、の新しい発見。
でも、巨大な商業施設は やっぱり苦手。

cityb3.jpg cityb4.jpg
ザ・シティベーカリー
グランフロント大阪B1F


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1832-b6fa6fb8
    この記事へのトラックバック


    最新記事