臭豆腐の調理法

2017年02月13日 23:44

台北、寧夏夜市から
無事持ち帰ってきた、臭豆腐。

密封している間は、臭い問題なし。
開封すると、やっぱり独特の発酵臭。
すぐ、冷凍。

いろんな調理法で、臭豆腐をいただく。

■炙る
コンロでこんがり、焼き直す。
冷凍の時点で、ほわんと臭いあり。
火にかけて温めると、
臭豆腐から発生した臭いが、部屋に充満。
(鮒ずしを温めたら、こんな風な臭いがするんじゃないかと思う。
 鮒ずしは嫌いではない。寧ろ、あの卵と発酵した米の部分は、結構好きだ)
発酵と腐敗の、境目の臭い。

しっかり焼きこんで、カリッと食感。
サラダ菜、アボカドと混ぜ合わせ、
お店で貰った照り焼き風味のタレで、和える。
白ゴマ、少々。
臭いはするけど、味はおいしい。

部屋の臭いも、すぐに消える。

■煮込む
白ネギ、生姜を 砂糖・醤油・酒・五香粉で煮込み、
その中に、臭豆腐を放り込む。
まずい、、、臭い充満。
隣人から苦情が来ないように、換気扇を止める。
冬の寒い日に、部屋の窓 全開。
数時間、部屋の臭いは 全然消えない。

揚げ臭豆腐より、煮た臭豆腐のほうが強烈、
って言われている理由が 分かった気がする。
煮込めば煮込むほど、臭いが発生。
味は、美味しいのに!

■再び、炙る
コンロで焼き直した臭豆腐を、
トマト、サラダ菜、アボカドと混ぜて、
タイ料理、ソムタムの味付けで。
刻みピーナッツをふりかけて。
ソムタムのタレが 臭豆腐に浸み込んで、
じゅわっと ジューシー。
臭豆腐ソムタム。

臭豆腐とナンプラーの風味は、似ている。
ナンプラーを温めた臭い(匂い)にも、似ているのかもしれない。

----------------------------------------
臭豆腐。
台湾の ソウルフード。
これは やっぱり、
臭いを気にしなくていい、
現地の 夜市や庶民食堂でいただくのが、
いちばん美味しい、と思う。
(日本では、臭いにヒヤヒヤ、、、。)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1733-cc7311d4
    この記事へのトラックバック


    最新記事