Baan Tum / タイ料理 東京・新大久保

2016年10月17日 23:02

ヤム・マクワパオ 焼き茄子のサラダ
bt.jpg bt2.jpg
タイで頂かなかったお料理を。
焼き茄子(トロトロで柔らかい!)のサラダ。
トマト、玉葱、もやし、ニンニク、カイファリーフ、
海老、豚挽肉、ピーナッツなどを、醤油・砂糖・ライム・唐辛子で和えたもの。
ソムタムのような味付け。
辛さと甘さと酸味と塩味、カイファリーフがタイの味。
付け合せにキャベツの千切りとレタス、美しくカービングされたニンジン(!)。
甘みやや強め、辛さも強めでパンチあり。
柔らかい茄子にしっかりタレが馴染んで、とてもジューシー。
辛いのだけれど、とても美味しい。
色んな具材が入っていて、とても贅沢。

ラープ・プラードゥク ナマズの和え物
bt3.jpg bt4.jpg
ナマズ(1匹!)を揚げて、身をほぐしてハーブなどと和えたもの。
唐揚げのように 香辛料をまぶしてしっかり揚げられた、
人生初ナマズ(たぶん)。
泥臭い印象が強かったのだけれど、
肉厚でジューシーな白身、臭みはまったくなく、
鯛のようないい風味(言い過ぎか、、、)。
身はパクチー、玉葱、ニンニク、ナンプラー、ライム、
唐辛子などで和えてある、味付けしっかり塩味濃いめ。
赤い辛さより黒い辛さ、胡椒の辛さが強い気がする。
とてもおいしい、お箸が止まらない美味しさ。
ナマズ本体の唐揚げは、カリカリ。
塩胡椒の味付けしっかり(強いくらい)で、とても美味しい。
頭もしっぽも、骨までバリバリ、絶品!
付け合せはレタスとキャベツと、パクチーたくさん。
食べてみたかった、タイ料理 ラープ。
ラープはたいてい、挽肉仕様。
お肉はちょっと、、、って諦めていたのだけれど、
バーンタムにて魚のラープ、念願叶う!
生モルツと。
全部で5000円くらい

どうしてもいただきたかった、タムさんのタイ料理。
厨房はタムさん一人、
同時にたくさんの注文が入っても、
味付け丁寧、盛り付けもとても丁寧、
(仕込みにとても時間をかけているんだろうと思う)、
素材が良くって、新鮮で、
ちょっと待ち時間はあるけれど、
心の(プライドも)こもった、とても美味しいタイ料理。
屋台料理ではなく、一流の味。
接客のスタッフ(奥さんかな)も、とても素敵。
ホーモックもパッポンカリーも、いつか頂いてみたいなあ。
浅草のモンティーも好きだけど、
バーンタムもとても好き。

bt5.jpg bt6.jpg
バーン・タム 新大久保駅から5分くらい


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1664-e1071171
    この記事へのトラックバック


    最新記事