トム・ジュー / オムコイ・バンブーハウス

2016年09月09日 22:55

トム・ジュー
bh9.jpg bh10.jpg
タイのすまし汁。
お肉や魚で出汁をとって、野菜や豆腐、米麺を煮込んだ
具沢山のスープ。
日本のお鍋に近い、馴染みのある 優しい味わい。
とても美味しくて、温まる。

オムコイ・バンブーハウスで作っていただいた、夕食。
オーナーの奥さん、ラーに作り方を教えて貰う。
離れにある 竹で囲った台所。
床にゴザを敷き、座って調理(タイ式!)。
木の切り株を 切り落としたようなまな板で、
野菜を刻む。
半分に切ったにんにく、小玉葱をクロックでさらに潰し、
白菜、豆腐は食べやすい大きさに切る。
鍋に干しえび、干し湯葉、きくらげ、干しきのこ
(トム・ジューの素としてセットになって売られている)
を入れ出汁をとり、沸騰したら野菜類を入れ煮込む。
タイ醤油、オイスターソースで味付け。
戻しておいた米麺(細めのセンミー)をぶつ切りにして入れ、
軽く煮込む。
仕上げに、刻んだパクチーと青ネギを加えて、
出来上がり。

オムコイで知った、タイ料理。
きっとここに来なければ見逃していた、トム・ジュー。
タイの家庭の台所、
調理道具に、調理の仕方。
目の前で見せて貰うことができて、
とても嬉しい、本当に嬉しい。
疲れていたのに、ありがとうね。

茹でタケノコ
bh11.jpg bh12.jpg
山で採取したタケノコを 茹でたもの。
日本の筍に比べると、ずいぶん細め。
タイのタケノコ、とても美味しい。
茹でただけなのに、とても甘くて柔らかい。
タイのお醤油と。

オーナー吉田さんと、奥さんのラーと一緒に 晩ご飯。
チェンマイのことやら、オムコイのこと、日本のこと。
昔のことやら、今のこと。
旅の話に 音楽の話に、民族の話。
生きることや 死ぬことについて、
いろいろ 喋ったなあ。
ぽわんとした 温かいもの、受け取った気がします。
本当に、ありがとう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1644-4a4d9c86
    この記事へのトラックバック


    最新記事