Barababao / イタリア料理 東京・銀座

2016年04月04日 22:16

前菜6種                 前菜 ポレンタとともに
327bara.jpg 327bara2.jpg
ポレンタ                 ラディッキオのラザニア
327bara3.jpg 327bara4.jpg
ニコロッタ
327bara5.jpg 327bara6.jpg
イタリア、ヴェネツィアの郷土料理。
ヴェネツィアのバーカロ(立ち飲み)様式の、オステリア。

・前菜6種(+おまけ1種)
カウンターに並べられたお惣菜(チケッティ)20種類くらいから、好きなものを選択。
グリンピース・・・イタリア産グリンピース(とっても小粒)とベーコンを、塩・胡椒で炒めたもの。
          (これを一番食べてみたかった!)
          とてもシンプル、そしておいしい。
イワシ・・・イワシのマリネ、ブラッドオレンジ添え。自家製マリネ(オイル漬けかもしれない)が
      新鮮でとても美味しい、ほんのり苦味のあるブラッドオレンジが(甘み、酸味控えめ)
      イワシの塩気と、とても合う。
アスパラガス・・・柔らかめに茹でたアスパラガス、茹で玉子ソース添え。
          粗めに刻んだ固ゆで玉子に、オイル、塩、ヴィネガーと、
          刻んだパセリを和えた感じの、ソース。これだけで美味しい。
          昔、母がよく作ってくれたリッツサンドのカナッペの、玉子サラダを思い出す。
カポナータ・・・ナスと玉葱のトマトソース煮込み。ナスがトロトロ、シンプルでとても美味しい。
         カポナータ(ラタトゥイユ)の美味しいお店は、
         他のお料理も全部おいしい、と私は思っている。
マグロ・・・・自家製のマグロオイル漬け。ひと口頂いただけで自家製だって分かる、
       丁寧で優しい風味、自家製はやっぱり美味しい。
小玉ねぎ・・・ペコロスのマリネ。オリーブオイルとお酢と塩、ほんのり甘み、ほんのりハーブ。
シラス・・・シラスとトマトのアーリオ・オーリオ、シラスの塩気とトマトの甘み。
      シンプルなんだけど、とても美味しい。
      黄ニラのような薄い黄緑の野菜が入っていたけれど、何だったのか分からない。

・ポレンタ2種(おまけ)
トウモロコシの粉をお湯で練った、ポレンタ。
熱々のものは 摩り下ろした山芋みたいで、澱粉質のとろみもある。
魚料理や肉料理と一緒にいただく(日本のお米のような感じ)。
熱々ポレンタに、オリーブオイルをまわしかけて。
それ自体は、ほんのりトウモロコシの甘みがある程度(塩気もややあり)。
お粥みたいに、やさしい。
冷めると、プルンと固まる(とっても面白い)。
型に流し込んで固めたものを薄く切ってグリルした、ポレンタ。
こちらも上にお惣菜を載せて、いただく。
噛み切りやすい、お餅のような感じ。
南米の黄色いポレンタ(焼いたもの)は、
以前、べネズエラの友達が作ってくれたことがあって頂いたことがあるけれど、
白いポレンタは、初めて。(白いほうが甘みがあって、滑らかな気がする。)
その土地の作物、その土地の調理の仕方。
新しい味に、興奮。
ごちそうさまでした、ありがとう!

・ラディッキオのラザーニャ
赤紫の野菜トレビス、イタリア語でラディッキオ。
やや苦みのあるラディッキオ(よく火が通っていて甘みもある)と、
板パスタのラザーニャ、ベシャメルソースを重ねて、
パルミジャーノをかけて焼き上げたもの。
ミートソースを使ったボロネーゼは見たことあるけど、
初めての、野菜だけのラザーニャ。
まろやかなベシャメルの風味、チーズのコク。
モチモチ柔らかな板パスタ。
野菜だけなのに(!)、コクがあってとても美味しい。

・ニコロッタ
ヴェネツィアの伝統菓子、パンプディングのようなもの。
パンを細かくちぎって、リキュールの入った卵液に浸し、
レーズンを入れて 型焼きしたお菓子。
残りパンを使ったとは思えない(フォカッチャとおっしゃってたかな)、
まるでブリオッシュを使ったかのような、濃厚な生地。
ラム酒がしっかり効いていて、じゅわっとしっとり。
バターかな、とってもコクがあって、甘みもしっかり。
パンプディングよりも、もっと贅沢な大人のデザート。 
とても、おいしい。
生ビール(銘柄不明、おいしい!)とともに。
全部で4000円くらい

ヴェネツィア、バーカロのチケッティを味わうために。
そのことをシェフにお話すると、
現地の食べ方だよ、ってポレンタを出して下さった!
シェフは調理が終わると バンコ(カウンター)に立って、
立ち飲みのお客さんの 相手をされる(多分)。
ヴェネツィアのバーカロの雰囲気を ここで味わって欲しい、って
お客さんとの距離感を大切にされているんだなあ、と思う。

今回は、歩き疲れてテーブル席を選んでしまったんだけど、
やっぱり、バンコで立ち飲みが魅力的。
次回は、シェフのヴェネツィアのお話を伺いながら、
チケッティとビールを頂きたいなあ(ワインが飲めたらなあ、、、)!
ああ、イタリアに行ってみたい。

327bara7.jpg
バラババオ 銀座1丁目
銀座駅から5分くらい


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1559-420177b5
    この記事へのトラックバック


    最新記事