Backstube Zopf / パン・カフェ 松戸・千葉

2015年06月16日 22:23

ヨーグルトライ
714zopf2.jpg
ライ麦40%、ヨーグルト入りの 大きなライ麦パン。
皮しっかり焼き込まれて いい香り。
バリバリではなく しっとり柔らか。
中、気泡小さめ しっかり詰まった生地、
でも 重くない。
酸味はなく、ヨーグルトの風味が とてもまろやか。 
噛むほどに じわじわと、粉のうまみと甘み。
ヨーグルトの乳酸菌のせいかな、ライ麦の保水力のせいかな。
日を置いても パサつきなしで、しっとり柔らかい。
焼き込まれた皮に凝縮されたうまみと 生地のまろやかさ、
酵母の風味に 粉の甘み。
何もつけたくない くらいに、味わい深い。
個性のある、でも とても食べやすいパン。
おいしいなあ!

黒糖ノアチェリー
714zopf.jpg
ハードパンだけど、皮しっとり柔らか。
クルミとドライチェリーの入った、ずっしりなパン。
生地しっとり柔らか、黒糖のまろやかな甘み。
ドライチェリーのほんのり酸味と、クルミの甘み。
台湾の吳寶春麵包店の黒糖パンに、似ているなあ!
とても おいしい。
ヨーグルトライ1/4 450円、ノアチェリー310円

まだ ライ麦のパンがあまりパン屋さんに売られていなかった頃、
ドイツパン屋のツオップから、一度だけ お取り寄せ。
15年ぶりに ツオップのパンを!
凄いなあ、って思うのは、
あの頃も 今と同じくらいのパンの種類があって、
それが、15年経っても ほとんど変わっていないっていうこと。
変わったのは スタッフの人数と、1日に焼くパンの量なんだろう って思う。
伊原シェフの作りたいパンは ぶれることなく、昔も今も 同じなんだ。
もちろん、日々 パンの質は良くなっているんだろうけれど!
8人も入ればいっぱいになる 山小屋のような素敵なお店、
平日でも 近くから 遠くから、パンを買いに来る お客さんの行列。
みんなに愛されるパンを作るって、すごいことだなあ って思う。
いつか 2階の山小屋カフェで、パンとスープを頂きたいなあ。

614zopf1.jpg
Zopf 北小金駅からバス10分


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1417-647b8ccf
    この記事へのトラックバック


    最新記事