Boulangerie Ken / パン 下赤塚・東京

2015年04月15日 23:01

クルミのカンパーニュ         モラセス マロンとクルミ
412ken3.jpg 412ken4.jpg
見ためバリバリ、なカンパーニュ。
ずっしり、重い。
こんなにクルミが詰まっているパン 初めて見たなあ 
っていうくらい、クルミ ぎっしり。
しっかり焼き込まれているから 皮が厚い。
そのままだと、皮ギュッと弾力あり。
トーストすると、皮ザクザク。
生地詰まり気味で 大きな気泡ほとんどなし。
しっかり噛みしめて、噛むほどに 粉のうまみ(国産かな?)。
粉の風味と、酵母の風味、塩分のバランスが いい感じ。
とてもワイルド(荒々しい感じ)で、繊細さはないけど、
風味がいい、おいしい。
まるでシュトーレン、のような 甘栗とクルミのパン。
こちらも とっても具沢山、ほんとうに具沢山。
甘く煮た栗(マロングラッセではないと思われる)とクルミ、
生地よりも 具のほうが多くて、切ると具がポロポロ。
黒砂糖の風味に似たモラセスシュガー使用、で
生地はねっとり系、且つ 詰まっていてムッチリ。
甘栗の甘さとモラセスの甘さで、甘過ぎないけど、
でも、甘め。ほとんど甘栗、贅沢!
クルミ280円、モラセス1/2 250円(こんなに安くて、大丈夫なのかなあ!)

外観は お洒落な赤いブーランジェリー、
中に入ると、地域に根付いた 町のパン屋さん。
おばちゃんのお客さん率、高し。
男性のお客さんも 多い。
しかも、お客さんが 途切れない。
午後に伺っても 焼きたてのパンが出てくるし、
シェフも 店員さんも、ニコニコだし。
なんだか とっても素敵なパン屋さん。
町のパン屋さん にしては珍しく、
バゲット、ペイザン、カンパーニュなど ハード系が充実。
あんぱん、食パンなど 柔らかいパンもあり。
季節に関係なく シュトーレンもあったりして、
品揃えが個性的だなあ、と思ったのだけれど(品切れのものもあったのかも)。
こんなパン屋さんが近くにあったら、嬉しいなあ。
412ken1.jpg 412ken2.jpg
ブーランジェリー・ケン 下赤塚駅から3分くらい


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1390-73190441
    この記事へのトラックバック


    最新記事