黒糖葡萄

2015年01月26日 19:35

台湾で出会ったパンに 魅了され、
ひたすら ナッツとドライフルーツの田舎パンを、
試作する、日々。

小麦の甘みを 最大に引き出したいから、って
ずっとずっと 砂糖を使わないで捏ねてきたけど、
そのパンの、黒糖の風味がほんとうに美味しくて、
あの味を 再現できないか、って 試行錯誤。
(前回は、ライ麦と黒糖のパンを試作して、すぐに飽きてしまった、、、。)

とりあえず、あるもの で。
カルヴァドス漬けのレーズンと 胡桃。
沖縄産の黒糖の塊りを つぶして入れる。
蛋白多めの強力粉、石臼全粒粉、粗挽ライ麦 で。
酵母の仕込み、失敗した かな。
やや 酸味あり。
砂糖の量 少な過ぎて、甘みがとっても中途半端。
2年もの カルヴァドスレーズンは、まったりジューシー。
砂糖を入れると 焦げやすい、、、。
122bswr.jpg

普通のレーズンだと、どうなるのかな。
下処理したレーズンと胡桃、黒糖の量も 増やして。
甘くてジューシー、だけど リキュール漬けの方が風味いい。
黒糖 増やしたけれど、甘さ 控えめ。
結構な量入れないと、甘いって 感じない、、、。
125raisins.jpg

捏ね方も 工程も、今までとは 別のやり方で。
さらに理想の食感に 近づけるために、今までよりも 時間をかける。
食感の違いが、捏ね方のせいなのか、工程のせいなのか、粉のせいなのか、
よく分からないから いろいろいろいろ、試してみる。
前よりも、食感 よくなった!
次は 粉の配合、変えてみよう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1372-a6e41d91
    この記事へのトラックバック


    最新記事