AWOMB / 手織り寿司 京都

2014年10月19日 22:46

手織り寿司・並
1018awomb2.jpg 1018awomb3.jpg
・酢飯
・5色そうめんの澄まし汁 薄切り大根と柚子入り
・手巻き海苔
(具材)
・スライスオニオン、水菜、豆苗、ピンクグレープフルーツのサラダ
・蒸かし薩摩芋 四角豆添え
・お揚げのたいたん アルファルファ添え
・カボチャの煮つけ アップルミント添え
・生麩と金時人参 レモン添え
・伊達巻 ピンクの菊の花弁と
・黒枝豆と大豆煮豆
・酢蓮根と黄パプリカ 柿の実添え
・抹茶伊達巻 黄色の菊の花弁と
・紅葉麩と鰹の甘辛煮 黄ニラ添え
・カンパチと菊の花弁
・サーモンと紫蘇の実
・豚しゃぶしゃぶと細葱 胡麻油とフライドガーリック添え
(トッピング)
ミョウガ、かぼす、栗ペースト、赤味噌だれ、クリームチーズ、山葵、生姜、梅肉
ローストアーモンド、ゲランドの塩、一味、白ゴマ、黒胡椒、醤油
1018awomb9.jpg 1018awomb4.jpg
黒色の一枚皿に、綺麗に並べられた 
色とりどり、のお料理の数々。
とっても 美しい。
タテヨコに きちっと並べられて 
こんなにアーティスティックに表現できるのは、
日本料理の素晴らしいところなのかもしれないなあ、って思う。
普段 身近にあるお料理なんだけれど、
例えば 煮付けだとか 焼き物だとか。
添え物や トッピングが加わるだけで、ずいぶん変わる。
何を合わせるか、って考えるだけで とっても楽しい。
自分で味を作り出す、楽しみ。
カボチャの煮つけとミントの組み合わせは、とっても新鮮。
抹茶入りの伊達巻も とっても美味しい。
どれも 味付けがちょうどいい、食感もちょうどいい。
それぞれが とっても美味しい。
巻き簾で クルクル巻いたり、
手巻きにしたり、
酢飯の上に具材を散らして チラシ寿司にしたり。
もちろん、そのまま一品料理として。
サントリー京都工場から、のプレミアムモルツと。
手織り寿司・並 1450円、ビール500円
1018awomb7.jpg 1018awomb6.jpg
並、上、特上の 手織り寿司3種類。
京都で採れたハーブのお茶に、自家製ジュース。
京都の地ビール数種類に、ウイスキーは山崎。
ワインは、どこだった かな、、、。
和、なデザートも 数種類。
季節によって 食材は変わるよう、です。
きゅっと寒くなるころに また、行きたいなあ。
1018awomb.jpg
AWOMB 新町蛸薬師


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1330-ed2c105e
    この記事へのトラックバック


    最新記事