瑞豊夜市 in 高雄 Kaohsiung

2014年08月31日 12:00

関東煮
818関東 takaokanto.jpg
おでんのように 色んな食材が煮込まれていて、
好みの食材を 大きな器に 自分で取る、システム。
タケノコ、おくら、大根、椎などの野菜・根菜、
厚揚げ、薄揚げ、豆腐、糸こんにゃく、椎茸、
魚の練り物、四角いレバーのようなもの(血系の料理が豊富)などが
薄めの出汁で煮込まれていて、
選んだものをさらに煮込んで(多分)、大きい具材はカットしてサーブしてくれる。
米粉麺もあって、注文後に一緒に煮込んで貰えると 思われます。
肉、魚を一緒に煮込んであるので、純菜食向けでは ありません。

大根、ベビーコーン、オクラ、タケノコを。
出汁は、薄め。
関西風うどんだしより、もっと薄め。
具材全部 一緒に煮込まれているけれど、
強い肉、魚の風味は そんなにしない。
野菜はさっと茹でて煮込まれた感じで、歯ごたえあり。
出汁の浸み込み具合も、控えめ。
そのままでは 味付け薄めだから、
端の方に置かれている調味料、
甘辛い豆味噌(豆鼓醤のような)やら、酢醤油らしきものをかけていただく。
甘辛味噌でいただきました、が このお味噌が 辛過ぎなくてとってもおいしい。
もしかすると、このトッピングで味付けするものなのかも しれません。
私、知らないでやってしまいましたが、
お椀に口をつけて汁をすするのは どうやら お行儀、悪いようです。
汁・スープ系は 卓上にあるレンゲ、で。
818関東3 818関東2 
お店の名前、未確認 
50元 (ベビーコーン2本、サービスです)
台湾ビールはコンビニから持ち込み 32元
---------------------------------------------------------
滷味 ルーウェイ
818ウーシャン2
野菜やら、豆腐類、こんにゃく、
魚の練り物、お肉などを 
甘辛く、八角などの香辛料と一緒に 煮込んだもの。
台湾の 庶民料理。
いろんな種類の具材が 並べてあって、表記がないから 見た目で判断。
豆腐の揚げ物系と 魚の練り物系の見分けが つかない、、、
こんにゃく系と 血系(もち米に血を混ぜて蒸して固めたもの?)の 見分けがつかない、、、。
「素食」(精進料理)って書いたメモを見せて、店員さんに菜食系を教えてもらう。

ブロッコリーといんげん(四季豆)、湯葉を。
1個売り、1本売りではなくって、素材によって1オーダーが 1枚だったり、一掴みだったり。
そのへん、適当。お姉さんに お任せ。
全部まとめて ビニール袋に。
トッピングには 酸菜(キャベツ、人参の甘酢の漬物)、胡椒、豆鼓醤を お好みで。
竹串で 突き刺して、いただく。
ブロッコリーもインゲンも シャキシャキ、歯ごたえあり(もうちょっと柔らかいほうがいい、なあ)。
台湾で 湯葉(豆皮)!肉厚で、ジューシー。
湯葉なんて珍しいなあ、って思ったけれど、ここでは豆乳が日常の飲み物だから 湯葉も安く手に入る。
味付けしっかり ちょっと濃いめかな、って思ったけれど、お酒と一緒なら ちょうどいい。
醤油と砂糖とお酒の風味に、五香粉にも似た 八角などの香辛料。
甘みよりは 塩分強め、そしてピリッと辛い(胡椒と豆鼓醤)。
この味、大好きだ。
(魚、肉類を一緒に煮込んでいるから、こんなに風味がいいのかもしれません)
酸菜も 酸味が強すぎなくて とってもおいしい。

夜市の中でも 滷味屋さんは何軒かあって。
常設ではなく、移動式屋台の お客さんの多いこのお店を選択。
若いお姉さんが テキパキ、そして とっても優しい。
地元のお客さんは 袋にごちゃっと入れられた滷味を持って帰って、
家で いただくようです。
818ウーシャン
お店の名前、未確認
50元(180円くらい)
コンビニの台湾ビール 32元
-------------------------------------------------------
MRT巨蛋駅から徒歩3分くらい、の瑞豊夜市。
会場が広く、お店の数も お客さんも多くて、活気あり。
若者が とっても多い。
海鮮揚げ物、小籠包、火鍋、ステーキ(とても人気)、臭豆腐。
麺類、粥類、果物、ジュースに カキ氷、
マッサージやら、瓶釣り・標的などのゲームもあります。
常設屋台は 食事用の席あり。
お酒は 持込み可能、なようです。
お店によっては お茶サービスのところも、あり。
毎晩、お祭り な感じです。(月・水以外)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1312-5eecddc4
    この記事へのトラックバック


    最新記事