ギブ・ミー・ベジタブル

2013年11月11日 09:00

お野菜と音楽のイベント、「Give Me Vegetable」。

お野菜(できれば地元産のもの)を入場料として会場に持参、
会場キッチンで待機している料理人たちが、それらのお野菜を 即興で調理。
お客さんたちは、それらの料理を 自由にいただける。

全国各地で開催されている すてきなイベント、in 京都。
取り壊し前の、京都大学吉田寮食堂 にて。

今まで 京都での開催は何度かあったのだけれど、
残念ながら 参加できず。
今回は 仕事お休み、で1日フリーだから、
せっかくだから、イベントのお手伝い。
その場で 即興調理の現場が見られるだなんて、
とっても興味深い。

準備は 前々日から、
会場設定から、ライブ用の機材設置やら 観客席設置などなど。
私は 当日参加。
京都で活躍している料理人たちが作ったお料理を 運ぶ係。
出来上がった料理名を半紙に書いて、一品一品写真を撮って。

カウンター越しに見る 料理人たちの様子が素晴らしくって。
お客さんの持ってきたお野菜が、
料理人がそれぞれに用意した調味料で、
それぞれの味に 調理されていく。
和風だったり、タイ風だったり、インド風だったり。
和え物だったり、炒め物だったり、スープだったり。
見ためもきれい、とってもカラフル。
そして、とってもおいしい。

119gmv1.jpg 119gmv3.jpg 
gmv4.jpg 119gmv6.jpg 
119gmv7.jpg 119gmv8.jpg
119gmv2.jpg 119GMV9.jpg
119gmv5.jpg gmv10.jpg

テーブルに運ぶと同時に お皿は空っぽになっていくから、
料理人は ずっと作りっぱなし。
8時間以上ずっと、作りっぱなし。
会場では ライブ演奏があって、音楽も かかりっぱなし。
吉田寮食堂に来ることなんて、たぶん最初で最後なんだろうな、
なんて 思いながら、ゆるい雰囲気を楽しんで。

ライブ用の機材だったり、演奏者の交通費だったり、
料理の調味料だったり、きっと 結構な予算が発生していて、
入場料がお野菜だけ、だと採算が合わないから、
ドリンクは、現金で。
あとは、カンパ制。

心のこもったお料理に ありがとう、という気持ちを。
野菜1つ2つで お腹いっぱいになるなんて儲けもんだ、なんていう気持ちの人が、
どうか たくさんいませんように、と思った1日。
たぶん、これはお手伝いとして参加していなければ、気付かなかったこと。

主催者のみなさま、どうもおつかれさまでした。
おいしいご飯、楽しいライブを どうもありがとう。
来て下さった方々、どうもありがとう。
新鮮なお野菜を どうも、ありがとう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1210-0c639b19
    この記事へのトラックバック


    最新記事