『星の旅人たち』

2013年03月03日 22:07

サンティアゴ・デ・コンポステーラ、
聖地巡礼の 旅。

巡礼手帳と 貝殻と 杖。
ここ数年の間に 何人ものまわりの友達が、
サンティアゴ巡礼、実践。
話には 聞いていたけれど、
どんなところかなんて 想像つかず。

それぞれの 思い。
長く険しい道のりを 一人で歩き始めるのには、
何かしら、の理由があるわけ で。

人との 出会い、
土地との 出会い、
道中での 出来事、
感情の 変化。

最終目的地を、
’神聖なるサンティアゴ’とすることで、
人々は 疑うことなしに、
そこに 向かう。
そこに 到着すると、
何かしらを得られる、と信じて。
多分 それは、
長い道のりで 経験した、
乗り越えてきたことへの 達成感。
人との関わり、
自然との関わり、
自分自身との対面。

「歩き続ければ どこかにたどり着く。」
もしかすると 本当は、
サンティアゴでなくても いいのかもしれないのだけれど。

私の、聖地。
手帳も 貝殻も 杖も ないけれど、
私は 私の道を 巡礼中。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aakkii77.blog52.fc2.com/tb.php/1122-7bdbdbfe
    この記事へのトラックバック


    最新記事