Louloutte パン屋 / 大阪・江戸堀

2017年08月12日 23:06

ルルット
ルルット1
フランストラディション粉、五穀グラハム入りの、
大きく焼かれた ハードな食事パン。
量り売りで、すでにカットされたものを。
(店頭には、適当にカットされたものが袋詰めに。
 パンの容姿、分からず!)
皮焼き込まれて厚みあり、弾力あり、
中もっちり感あるけど、噛み切りやすい。
やや、モソモソする感じもあり。
(粉の特質?デジデのデザミもそんな印象だった)
皮に近いところほど クッションのような弾力。
思っていたより、風味は淡泊。
皮、焼き込みの香ばしさあるけれど、
熟成のうまみは控えめ、塩分も控えめ。
イタリアのパーネ・トスカーナのような印象。
灰分やや高めの、粉の風味がダイレクト。
お料理と一緒にいただくにはいいけれど、
パンだけで頂くには 塩分が少なめな印象、
ハチミツとクリームチーズと一緒に。
1円/g

パリのDu Pain et des Idéesでパン焼きを学ばれた、
オーナーシェフ(女性!)。
ピンク色の可愛らしいお店の中には、
可愛らしくてセンスのいいパンが沢山。
小さめのブリオッシュ系やヴィエノワ系、
食パン、ナッツやドライフルーツのハード系、
クグロフなどのお菓子系。
ハード系は少なめで、
甘いパンや、お惣菜系のパンが多めな印象。
フランスだけでなく、イタリアの食事パンもあり。
小さめに焼かれたパンが多く、
色々たくさん買いたくなる、品揃え。
Du Pain et des Idéesのデザミのような、‘ルルット’を頂きたくて。
熟成風味の強い(うまみ強烈)デザミに比べると、
(比べてはいけないのかもしれないけれど、
 やっぱり、比べてしまう)
淡泊な印象ではあるけれど、
生地の食感は、とても個性的。
大きく焼かれたイタリアの食事パンが、
とても気になっている。

ルルット2
ルルット
渡辺橋駅から15分くらい

Le Sucre-Coeur パン・カフェ / 大阪・北新地

2017年08月11日 23:57

パン・ペルデュ、カフェオレ
8シュクレ1 8シュクレ2
バタール(フランスパン生地)厚切りを、
卵液に浸して焼き上げた、フレンチトースト。
ショーケースに並んでいるものを、
イートイン用にオーブンで温め直してもらって。
外ザックリ、バタールの皮の風味、粉のうまみ。
中、ほどよく染み込んだアパレイユ、
卵風味は強過ぎず、甘さもしっかり(甘過ぎず)、
シナモンの風味が、とてもいい。
ジュワジュワジューシーではなく、
いい具合に、しっとり(全体にまんべんなく、卵液)。
バタールの生地自体が、しっとり。
ボコボコ大きな気泡に、加水多めのもっちり感。
一般的な、卵液多めの、パン生地柔らかめの、
ジューシーフレンチトーストとはまた違う、
パンの風味の引き立つ、
(バタールの個性が強いのかも、しれない)
とっても個性的な、パンペルデュ。
底部分は、オーブンで溶けだした砂糖がカラメル状にカリっとなっていて、
食感と甘さが、とても美味しい。
これだけで甘み十分なんだけれど、
おまけに付けていただいた、ジャムと一緒に。
柑橘ピール風味の効いた、トロピカルなジャム。
シナモンと、とても合う。
日によって、フレンチトーストに使われるパンはいろいろ。
パン・ド・ミのフレンチトースト、
いつか頂いてみたいなあ!
パンペルデュ350円、カフェオレ550円(くらい)

ディンケル小麦とカボチャの種、ゴマのパン
8シュクレ4 8シュクレ5
長時間発酵、熟成されたうまみたっぷりなラミジャンのパン生地に、
茹でたディンケル小麦(粒)、カボチャの種を混ぜ込んで、
表面にはゴマのトッピング、大きな大きな雑穀パン。
まず、しっかり焼き込まれた皮の香ばしさ、
がつんとくる、醤油のような味噌のような、熟成のうまみ。
ディンケル小麦とカボチャの種の香ばしさと、甘み。
粒々食感しっかり、よく噛んでよく噛んで。
噛むほどに、じわじわじわじわ、生地の濃い深いうまみ。
まるで、一皿のお料理をいただいているかのような、
ひとつのパンの中に、目眩く、味の宇宙。
塩分やや強め、ほどよい酸味(ラミジャンの酸味より、まろやか)、
しっとり、柔らか、噛み切りもいい。
端っこの皮の多い部分は、ゴマの風味がとても鮮烈。
トーストすると、皮バリッと(そのまま頂くほうが、好き)。
なんて美味しいパンなんだろう!
1/4サイズ 400円

ル・サンク・ディアマン
8シュクレ6 8シュクレ7
ドライフルーツとナッツの、ハードパン。
レーズン、イチジク、オレンジピール、クルミ(他分からず)ぎっしり、
小さいけど、ずっしり重め。
生地しっとり、ハードだけど柔らか、噛み切りがいい。
レーズンとイチジクが甘酸っぱくてジューシー、
オレンジピールの苦みと爽やかな酸味、
クルミのコリっとした食感と香ばしさ。
バゲット生地かな、
具材たくさんで生地の風味分かりにくいけれど、
(甘さと甘酸っぱさとねっとり感と香ばしさが、わっと一度にやって来る)
美味しい、とても贅沢。
1/2サイズ 300円

シャバタ
8シュクレ8 8シュクレ9
大きなコッペパンのようなイタリアパン、シャバタ。
オリーブオイルを練り込んだ、シンプルな食事パン。
加水120%(!!!)、超絶にふんわり柔らか。
パンナイフを入れると、ふにゃんと生地が凹んでしまう柔らかさ。
皮薄めで柔らか、やや弾力。
中大きな気泡、ふんわふわ。
塩分しっかり、そのままでとても美味しい。
粉の甘みよりも、塩気が強い。
オリーブオイルの風味は、控えめ。
焼き直すと、カリっともっちり、弾きが強めに。
オリーブオイルの風味も、強く出る。
サンドにすると、美味しいだろう!
260円

キッシュ・オ・レギューム
8シュクレ10 8シュクレ11
珍しく、キッシュを。
オーブンから焼き立ての、ふわふわこんもりな姿を見逃せず。
夏野菜、のキッシュ。
パプリカ、ズッキーニ、ナス、玉葱がゴロゴロ。
柔らかくソテーされて、素材の甘みしっかり。
トッピングのミニトマトも、とても甘くてジューシー。
アパレイユは、緩過ぎず硬過ぎず 卵感しっかり。
(とろんとはしない、スパッとナイフの通る質感)
野菜からのうまみか、ハーブの風味か、
ほんのり爽やかな酸味(チーズ?クリーム?)。
塩分、濃過ぎず。野菜そのものの風味を生かす、味付け。
キッシュの底は、薄めのパイ生地。
(ザクザクしたタルト生地より、サックリ薄めなパイ生地が好み)
外はサクサク、アパレイユに触れている部分はしっとり。
パイ生地のバターのほわんとした甘みと、
クリーミーで塩気のあるアパレイユ(爽やか軽め)、
一緒に食べると、とても美味しい。
それぞれの味を知りたい、っていつも別々に頂いてしまうけど、
これは一緒にパクっと頂く方が、断然美味しい。
他のキッシュも、いつか頂いてみたいなあ。
520円くらい

パン・オ・ノア
8シュクレ12
贈り物に。

テラス席には 新しく、
木製のカウンターテーブルが置かれていて、
大都会なんだけど 緑に囲まれているから、
とても、居心地がいい。
真夏の暑さでも テラスは大人気。
この時期は、比較的待ち時間少なめ。
行列は短めで、順番はすぐにやってくる。
でも、行列で待ち時間があるほうが、
‘どれにしようかな’ってゆっくり考えられるから、
焦らなくていいなあ、とも思う。
やっぱり、素敵なお店だ。

8シュクレ3
シュクレ・クール北新地
淀屋橋駅から5分くらい

クラッカー生地

2017年08月06日 23:01

スペルト全粒、キタホナミ。
全粒30%、少なめに。
レーズン酵母、多めで。
ザクザク、サクサク。
全粒のミシミシ感は なくなった。
風味、なかなかいい感じ。
でも、もうちょっと軽めに。

87craker.jpg

イタリアパン用粉、ロースト雑穀。
レーズン酵母、多め。
ロースト雑穀20%。
焦がし小麦のタラッリがあるくらいだから、
焦がし小麦のイタリアンなクラッカーが
あっても、いいだろう。
ボリボリ硬め、
タラッリ、グリッシーニ、、、あの感じ。
噛み締めるほどに、うまみ。
噛み応えのあるボリボリ食感、後引くうまさ。
硬いのは、粉のせい?水分量のせい?

89crackerroast.jpg

ルヴァン生地

2017年08月06日 23:00

ハルユタカB、高灰分強力、テゾーロ。
酵母ポーリッシュ50、長時間、ルヴァン種。
中種、低温で長時間、ドライイーストなしで。
本捏ねは、短め。
生地緩め、ベンチ、2次は素早く短く。
皮弾力、
中 詰まって、もっちりむっちり。
やや酸味あり、ピリッとする酸味。
噛むほどに、粉の味、白い粉の味。
色付き悪いし、過発酵かなって思ったけれど、
酸味それほど強くない。
粉の風味もしっかりするし、、、。
種の発酵が、よくなかった感じ。
むっちり重いパンは、残念。
きっと、ルヴァン種の使い方を 間違っている。
翌々日、皮ゴワゴワ。
中も乾燥気味。
ピリッとした酸味(酸味自体は強くない)。
ムチムチ、し過ぎている。
大失敗。
87batard.jpg 87batard2.jpg

ハルユタカB、高灰分強力、キタホナミ準強力、ライ麦全粒。
ディレクト、短時間、ルヴァン種。
短時間発酵のルヴァン種で、短時間発酵。
ずっと継いできたルヴァン種、今回で使い切り。
最後のルヴァン種で、初めての工程、常温短時間。
ドライイーストなしで、挑戦。
室温高めだけれど、1次発酵予想以上に時間がかかる。
待って待って、ベンチ、2次は短めに。
焼き上がり、ほんのりルヴァンの、いい香り。
膨らみ小さめ(発酵足りなかったかも)、
クープはぱっくり、予想以上に窯伸び。
皮弾きあり、中しっとりやわらか、もっちり感もあり。
ルヴァンの酸味、好きな酸味の出方(!)。
熟成のうまみではなく、噛むほどに粉の甘みあり。
風味軽めだけれど、皮の香ばしさがとてもいい。
今までのパン・オ・ルヴァンの中で、
いちばん思っているものに、近い焼き上がり(!)。
短時間発酵で こんなに風味がいいのは、なぜだろう?
かけ継いでいるルヴァン種から来るものか、
焼き上げた時の、メイラード?
なんで、何で?
長時間発酵させるほうが風味がいい、って思っていたから、
分からなく、なってきた。
翌々日、皮も中も しっとり残る。
ほどよい酸味、ルヴァンの酸味。
とても好きな、風味。
813ruvain.jpg 813ruvain2.jpg

何度も試作している、パン・オ・ルヴァン。
長時間発酵させなくても、短時間でこんなにいい風味になるなんて。
ドライイーストなしで、こんなにぷっくり焼きあがるなんて。
今回のパン、ちょっともっちり重め。
(ルヴァン種の量か、発酵未熟か?)
ルヴァン種の割合、粉の配合、発酵時間を調節して、
もうちょっと軽めの、食感を。
これは、休みの日にしかできない工程だ、、、。
もう一度、新しいルヴァン種、仕込み直し。
そのころには、もうちょっと、パン焼きにいい気温になっているといいのに!

Maman et Fille フランス菓子 / 神戸・御影

2017年08月06日 22:58

ビスキュイ・シトロン
mamon1.jpg mamon4.jpg
頂きたかった、
シンプルなビスキュイ・プレーンは、売り切れ。
レモン風味の、シトロンを。
厚みも きちっとは揃っていないし、
焼き色も 薄いのがあったり濃いのがあったり。
ぜんぶ同じ、じゃないから、
何だか、ママンの作ったビスケットみたい。
ザクっと硬め、
サクサクホロホロしない、噛み応えのあるしっかりした生地。
発酵バターの風味、とっても豊か。
ミルキーで甘みのある優しいバターの風味、
ほんわりとした卵の風味、
レモンのキュンとする爽やかな風味。
噛み締めるほどに、やさしい甘さと爽やかさ。
甘みしっかり、でも甘過ぎず。
軽いサブレのようなサクサク食感だと思っていたから、
ガリっとした歯応えに、ちょっと衝撃。
仏産強力粉が、この食感を生み出しているのかも。
少し日をおいて、硬さがしっとりに変わった時の、
ザクっとしっとりした食感が、好み。
サブレとビスキュイって、
また違う種類のものなんだろうか?
いつか、プレーンなビスキュイを頂いてみたいなあ。
28枚(?)入り 1300円くらい

京都・一乗寺で 不定期で販売されていた、
フランス焼き菓子のお店。
一度お伺いしたいなあと思っていたら、
いつのまにか、神戸に移転。
ああ、もう京都で買うことはできない!
お母さんと娘さん、親子でお菓子を作られている、
とても素敵なお店。
フィナンシェに、マドレーヌに、ラムレーズンサンド。
ガレットや、ブランデーケーキに、プディング。
開けてしまうのが勿体ないくらい、
それぞれに拘りのある可愛らしいパッケージ、
(ビスキュイの缶入りが、とても素敵!)
ショップ袋も、個性的!

mamon3.jpg mamon2.jpg
マモンエフィーユ
御影駅から10分くらい

The City Bakery パン・カフェ / 大阪・梅田

2017年08月06日 22:51

ビオ・ブレッド
cityb.jpg citiyb2.jpg
大きな、ビオのカンパーニュ。
高加水で、見ためよりも とっても軽い。
皮しっかり焼き込まれて、苦みと香ばしさ。
加水多めの、ぺっとり吸い付く食感。
(Garden Cfaftsのカンパーニュのよう、だ)
中しっとりもっちり、噛み切りとてもいい。
酸味あり、心地よい酸味と熟成のうまみ。
ライ麦の深みとまろやかさ。
大好きな、Rose bakeryのカンパーニュの風味にも似ていて、
苦み、香ばしさ、酸味、粉風味、とても好みのバランス。
Rose bakeryが 中ホロホロと口溶けのいい繊細な生地感なのに対して、
こちらは、もっちり噛み応えのあるワイルドな生地感。
とても、美味しい。
そのまま常温で置いておくと、乾燥気味に。
すぐに冷凍して自然解凍すると、しっとり感残る。
皮の苦みと酸味とうまみが、とても美味しい。
焼き直すと、また違う食感になるだろうと思う。
1/4サイズ 310円

NYカンパーニュ
cityb5.jpg cityb6.jpg
長め成型、大きく焼き上げられたNYカンパーニュ。
ライ麦なしの、灰分高めの白い粉。
ビオブレッドよりも、ずっしり重め。
皮厚めで、弾きあり。
噛み締めるほどに、じわじわ熟成のうまみ。
中ぎゅっと詰まった生地感、もっちりするけど噛み切りがいい。
Vironのプーリッシュ(バゲット生地)の風味に、とても似ている。
ほんのり甘い、噛み締めるとパンケーキやカステラのようなほわんとした甘み。
高灰分の、仏産の粉の味(違うかもしれない)。
翌日、皮ややゴワ感、中もやや硬めに。
乾燥しがちでも 噛み締めると、じわじわ粉の甘み。
長時間発酵の粉の甘み、噛むほどに味わい深い。
1/4サイズ 200円

行く予定をしていたパン屋さんが、
夏季休業だって知ったのは、電車に乗り込む数分前。
ゲッ!どこ行こう、、、。
考えても出てこないから、取り合えず電車に飛び乗って。
(こういう時、スマートフォンがあれば便利なんだろう、とは思うのだけど、
 でも、行き当たりばったりの 成り行きまかせも悪くないなあ、とも思う。)
まだ行ったことのないお店で、行ってみたいと思っていたお店。
どこだっけ、どこだっけ。
で、初めての グランフロント。
初めての、シティベーカリー。
きっと あのパン屋さんがお休みでなかったら、
まだまだまだまだ、行く機会はなかったシティベーカリー。
思っていた以上に(失礼、、、)、魅力的なパン沢山。
プレッツェルクロワッサンに、ミルクビスケット。
思いも寄らず、の新しい発見。
でも、巨大な商業施設は やっぱり苦手。

cityb3.jpg cityb4.jpg
ザ・シティベーカリー
グランフロント大阪B1F

ショートブレッド生地

2017年08月03日 22:42

久々の、ココナッツサブレ。
麺用、薄力粉で。
油脂を、変える。
まとまらなさそうだったから、少しだけ豆乳を。
焼き上がり、ぼわんと膨張。
ザクっと 硬め。
サクサク、ホロホロならず。
豆乳、のせい?
液体油脂、のせい?
もうちょっと、軽さ欲しいなあ。
配合変えて、また次回。

83cocosb.jpg

バタール生地

2017年08月02日 23:46

テゾーロ、準強力全粒。
中種20+バックプースラント、長時間、レーズン酵母+ドライイースト。
少量レーズン酵母、3日仕込み。
そろそろ、白いパン。
イタリアパン用粉で、バゲット生地を。
発酵生地 ずいぶん緩かったけれど、
ダレなく 成型しやすい。
クープも開いて、真ん中ぽっこり。
さらっとして、比較的扱いやすい粉。
皮シュクっとした、湿っぽさあり。
やや、弾きあり。
翌日から、ややゴワ感パサ感、、、。
中ふんわり柔らか、モチモチしない。
長時間発酵なのに、とっても軽い(!)。
レーズン酵母の芳香、フランスパンの味。
準強力全粒の、濃い風味。
翌々日、ゴワ感パサ感 目立つ。
粉のせい?発酵の見極めのせい?加水のせい?
イタリアパン用粉、フランスパンには向かない?
次回、配合少し変えて。
風味、とてもいい。
83batard.jpg 83batard2.jpg

Revival

2017年08月01日 22:23

20年前の記憶、リバイバル!
こんなに 早いタイミングで、
観られる、なんて。

最新作では、
流れそうで 流れなかった、
Underworld 「Born Sleppy」。
イントロの数秒で、
うわーっ!と こころ高まって、
結局、流れず。
もう!完全に 肩透かし、、、。

格好いいのは、
ダニー・ボイル監督の、
音の センス、
画の センス。
Lou Reed 「Perfect Day」、
赤い床の 底の底へ。

trainspotting.jpg

ベグビーの 完全なScotland訛りの英語は、
まるで 英語じゃないみたい、だ!


最新記事