Cicoute Bakery / パン 南大沢・東京

2015年03月29日 13:18

クロ・カンパーニュ            クルミのパン
322cicamp.jpg 322cikurumi.jpg
マフィン
322cimaff.jpg
黒砂糖入り、のカンパーニュ。
まず酸味、そのあとに黒糖のまろやかな甘さ。
そして、焼きこんだ皮の苦味。
あとからあとから、いろんな風味。
燻されたような 奥深い味。
Bread Room(現Dough)のライ麦パンに 似ている、かも。
皮硬すぎず、中しっとり柔らかで 食べやすい。
オーガニック仕様、のクルミパン。
クルミぎっしり、ぎっしり。
皮硬すぎず、中ほどよく詰まって噛み切りやすい。
酵母の風味は、控えめ。
一度はいただいてみたかった、チクテのマフィン。
パン屋さんでイングリッシュマフィンを買うのは、初めてかも。
本当にラッキー、ちょうど焼きたて。
焼きなおして、皮カリッと中ふんわふわ。
音がするくらいに カリッと、そしてふわふわ。
ほんのり塩味、ほんのり甘み、国産小麦の粉の風味。
冷めると もっちり弾力がついてしまうから、
やっぱり焼きたてが 美味しい。
カンパーニュハーフ430円、クルミパン1枚 2円/g 、マフィン230円

ずっと行きたい、と思っていた チクテベーカリー。
鎌倉だったか 東京だったか、
何件かのお店で チクテのパンを買えるらしいのだけれど、
やっぱり チクテに行って、パンを買いたい。
わざわざ、南大沢 まで。
カンパーニュに ドライフルーツとナッツのハードパン、
食パンに、チョコチップパン。
ビスコッティなど 焼き菓子も。
ヨーロピアンスタイルな釜で焼き上げられた、パワフルなパン。
すべて 自家製酵母仕込み。
カフェスペースでは あったかスープやサンドイッチも。
遠いけど、また行きたいなあ!
322ci1.jpg 322ci2.jpg
チクテベーカリー 南大沢駅から10分くらい

Boulangerie L'ecrlin / パン 銀座・東京

2015年03月29日 12:54

赤ワインのカンパーニュ クランベリー&クルミ
322lec.jpg
久々に 赤ワイン仕込みのパンを。
クランベリーぎっしり、断面ピンク。
生地もピンクで とってもきれい。
まず、クランベリーの甘みと酸味。
どこまでも、クランベリーの華々しさ。
たまに、クルミの香ばしさ。
ワインの風味は、あんまり分からず。
日を置くほど、ベリーの酸味が消えて 味が馴染む。
皮の食感、 ピンと一枚皮を張ったような印象。
カンパーニュだけど、とってもエレガント。
350円

フランス料理「ロテスリーレカン」の、パン屋さん。
お料理の味を引き立たせる、パンづくり。
パンが主張しすぎてもいけないし、
まったく主張しないのもいけないし。
割田シェフのカンパーニュ、いつか頂いてみたいなあ。
322lec2.jpg
レカン 地下鉄銀座駅近く
※隣はロテスリーレカン

焼く、焼く、焼く

2015年03月29日 12:23

やっぱり やっぱり、
家庭用のオーブンでは、
私の焼きたいパンは 作れない。
生地の目の詰まり方、生地の食感、
気泡の入り方、皮の焼き具合。
いろんな面で 叶わない。
到達できない、って分かっていて 
日々作り続けるのも 切ないけれど、
それでもちょっとずつは 近づいてるって分かるから、
今は それでも、いいか。

308e65.jpg 310sl.jpg

312mk.jpg 316sp.jpg

熱の加え方を 変えてみる。
今まで 食パンみたいに柔らかかった生地が、
カンパーニュのような、
噛み応えのある生地に 焼きあがる。
やったあ、また 近づいた。

318cashu.jpg 325chas.jpg

試したいことは まだたくさん。

AUX BACCHANALES 銀座 / パン・カフェ 銀座・東京

2015年03月27日 23:45

オムレツ プレーン
322abom2.jpg 322abom.jpg
オニオングラタンスープ
322abog.jpg 322abog2.jpg
ほんとうにシンプル、プルンとした玉子色のオムレツ。
中はとろっとしているけれど、外は思ったより硬め。
パセリ入り、だったかな。
ほんのり塩味、味付けはとっても薄め。
オニオングラタンスープの スープを絡めて、
ちょうど いい感じ。
フランスのオムレツって、こんな感じなのかな。
「巴里の空の下オムレツの匂いは流れる」のあのオムレツは、
どんな感じなんだろうか な。
オーバカナルの、オニオングラタンスープ。
じっくり飴色に炒められた トロトロの玉ねぎ、
スープをしっかり吸込んだ 薄切りのバゲットに、
濃いめの とろとろチーズ、グリュイエルかな。
真冬に頂くべきだったなあ って思うくらい、熱々。
ビーフコンソメかな、しっかり濃いめの味付け。
玉ねぎが、とっても甘い。
野菜だけじゃあ、この味は出せない な。
ハイネケンと一緒に。
全部で4000円ちょっと

ヴィロンでもなく、ゴントランでもなく、
行きたかったのは、銀座のオーバカナル。
まだ寒さの残るうちに、
熱々のオニオングラタンスープを いただきに。
9年ぶりに会う イギリスで一緒だったみのりと。
彼女はイギリスで絵を勉強していたんだけれど、
路線変更、今はどうやらカメラマン。
うーん、全然変わってないなあ!
赤を基調とした素敵なカフェテリア、居心地よかったなあ。
322ab1.jpg 322about.jpg
オーバカナル銀座 地下鉄銀座駅から5分くらい

陳家手工饅頭 / 饅頭 高雄・台湾

2015年03月08日 22:45

牛奶饅頭、豆漿紅茶
14manto2.jpg 14manto3.jpg
シンプルな、ほんのりミルク風味の蒸し饅頭。
あんまんの皮、のような感じなんだけれど、
ふわふわではなく、しっかり目の詰まった生地。
大きくって、重みあり。
甘みはほんの少し、ミルクの風味もほんのりと。
お惣菜やお肉を挟んで食べるの、かも。
黒糖にすればよかったかなあ、、、。
前回、小琉球で饅頭をいただいた時にも思ったけれど、、、
饅頭は熱々をいただくのが、絶対においしい。
甘みのついた紅茶豆漿、おいしいなあ。
饅頭10元、紅茶豆漿15元
14manto4.jpg
高雄から電車とバスを乗り継いで、屏東・三地門へ。
村の景色を一望できる高台で、お昼ご飯。
素晴らしい眺めなのに、誰もいない。
わざわざ高雄から持参、の饅頭頬張っているのは、私だけ。
三地門、ここでしかいただけない原住民料理が有名なようです。
お肉の炭火焼きレストラン、何件も見かけました。

高雄を出る前に、お昼ご飯を調達。
興隆居の饅頭いただいてみたかったんだけど、
時間がなくて、断念。
宿近くの朝市に行く途中、行列の饅頭屋さん発見。
南瓜味、黒糖味、チーズ味、餡子入りやら、お肉入り。
1個10元~15元なんて、とっても安い。
現地の人は、10個くらいをまとめ買い。
やっぱり、何かを挟んで食べるんだろうかなあ、、、。
14manto.jpg
陳家手工饅頭 MRT後驛駅近くの朝市付近

好味紅燒土魠魚羹 / 土魠魚羹 台南・台湾

2015年03月08日 20:56

土魠魚羹
24komi.jpg 14komi2.jpg
サワラに似た白身の魚、土魠。
衣を付けて カラッと揚げられた土魠に、
とろみのあるスープをかけた 台南料理。
天津飯のあんのような、馴染みのある風味。
プリプリと身の締まった、食べ応えのある土魠の唐揚げ。
衣に味付けしてあるのかな、そのままでも美味しい。
柔らかく煮込まれたキャベツも、美味しい。
スープの味は薄過ぎず、濃過ぎず、ちょうどいい。
台南名物、いただけてよかった!
土魠魚羹・大 50元
(同料金で麺、ビーフンの追加可能)
14komi5.jpg 14komi4.jpg
美味しい庶民食堂の並ぶ、台南國華街。
お昼過ぎに歩いてみると、どのお店も行列。
こちらのお店も 店中はもちろん、道にまで行列。
並ぶの覚悟で、夕方再訪。
あれ、閉店間際は すんなり席に。
ラッキー、でした。
14komi3.jpg
好味紅燒土魠魚羹 台南・國華街

自然の色々

2015年03月08日 13:40

まるで オリーブの石鹸、みたい。
いただきもの台湾阿里山のお茶を煮出して、緑茶石鹸。
薄黄緑のお茶が、オリーブ色に。
前回のローズマリーの石鹸は、今までで一番いい出来上がり。
攪拌2日、泡立ちがよくって、とっても長持ち。
今回も しっかり攪拌。
1ヵ月後の、お楽しみ。
38gtsoap.jpg
みかんのお酢のリンスから、気分転換。
ローズマリーで、ビネガーリンス。
そろそろ春だし、ハーブの香り。
herbv.jpg
開いた、開いた、赤い薔薇。
まっ赤じゃなくて ほんのり黄色。
つぼみから 花開くまで、2ヶ月ちょっと。
うーん、マイペイス。
寒かったんだろう な。
akabara.jpg
そろそろ サクラ、
ポツポツと 桜のつぼみ。
朝起きて 窓の外が明るいと、
春は近いんだなあって 嬉しくなる。
35yuhi.jpg


最新記事