カルヴァドスなシュトレン

2014年11月30日 23:00

初めて作る シュトレン。
バターと卵は 使わない、で。
1週間ほど 寝かせるつもりだったけれど、
気になって 気になって、
2日目で、実食。

1120stolen.jpg

1129stolen2.jpg

酵母の風味、しっかり。
粉の風味も いい感じ。
でも、砂糖、カルヴァドス、酵母、小麦。
それぞれが ばらばら。
もうちょっと寝かせて、
再び 配合、考えなおし。
バターのまろやかな旨さには かなわないなあ。

SUNNY DAY

2014年11月30日 20:58

いつもより 幾分か遅めに目が覚めて、
今日は何をするんだっけ、って 
窓の外を 眺めながら、ちょっとの間 考える。

浸け置きしておいた洗濯物を じゃぶじゃぶ洗って、
田舎パンに混ぜ込む ひまわりの種を、炒る。
来週から 気温がぐんと下がるから、
キッチンと リビングの仕切りに、
暖かい布を 張らないといけないんだった。

1130sawing.jpg

もう 冬が近いっていうのに、
部屋には 陽の光が差し込んで、
今日は とっても暖かい。
ふわふわのパイルボアを 縫い合わせながら、
なんだか春みたいだなあ、って、
サニーデイ・サービスを 聴きたくなった。

「恋におちたら」 サニーデイ・サービス
https://www.youtube.com/watch?v=AJX_GTXbAl0

このうたを聴くと 決まって、桜の季節が 恋しくなる。

シュトレン

2014年11月24日 12:24

あまりにも 天気がいいから、
行きたかったところ、
全部、まわる。

西から、北へ。
そして 東。

買いたかった パンを買って、
初めて訪れる場所で 迷い、
もうすぐ 遠いところに旅立つ、
友達に 会う。

人は 人の居るところに 集まり、
暖かい場所を 求め、
美しいものに 魅かれる。

図書館で借りた、
世界の果ての 小さな食堂の、物語。
どうやら また、
読み終える前に 期限を迎えそう、だ。

1123kawa2.jpg

1123kawa.jpg

1123kami.jpg

いよいよ、冬が やってくる。
発酵に 手間のかかる、季節。

もう、何年も 寝かし続けている
カルヴァドス漬けの 干しぶどう。
今年は、シュトレンを 焼いてみようか。
バターも 卵も使わないと、
田舎パンみたいな シュトレンに、
なるかも、なあ、、、。

CHIPPRUSON / パン 京都

2014年11月24日 12:22

カンパーニュ
1123chip3.jpg 1123chip2.jpg
チップルソン酵母、の匂い。
外麦小麦の香りと、食感。(国産、なのかな?)
そのままで。皮厚め、弾力あり でも噛み切れる。
酸味なし、噛むほどに 粉のうまみ。
酵母のうまみは、控えめ。
トーストして、皮ザクザク 香ばしくてとってもおいしい。
中しっとり、柔らか。
噛み応えしっかりあるけど、空気を含んでいて とっても軽い。
厚めスライスのトーストが、とってもおいしい。
1/4 500円

週1回、の開店日。
開店直後、すでに行列。
前回いただいたカンパーニュと、また違う。
酵母の香りはおんなじ、だけど、
酸味、塩味、食感 ぜんぶ違う。
だから、自家製酵母は おもしろい。

チップルソン 船岡温泉隣り

見直す

2014年11月17日 23:00

仕事から帰って、
夕方から パンを捏ねる。
夕方から パンを焼く。
丁寧に 作っているつもりだったけど、
発酵させている間に、
ご飯を 食べる。
調べ物を する。
本を 読む。
いったん 他の事をしてしまうと、パンのことを 忘れていたり。
面倒だ、って温度管理を さぼったり。
皮と中身の食感が 一体にならないのは、
思ったとおりに 焼きあがらないのは、
パンの気持ちを 放ったらかしにしてしまっていることが、
原因なんじゃ ないのか、って。

休みの日に、
朝から パンを捏ねてみる。
朝から パンを焼いてみる。
温度管理 しっかり、
発酵具合も 何度も確認。
ぜんぶ、パン生地と 相談。
私の気持ちより、パンの気持ちを いちばんに。
今までより 手間が、かかる。
今までより 時間も、かかる。

1116asapan.jpg

でも、確実に 食感がよくなった。
生地の具合が よくなった。
やっと、スタートラインに 立てた感じ。
焼きあがったパンの 瑞々しさは、
水分量の 多さじゃなくて、
いかに 発酵をうまくとるか、ってこと。
ちょうどいい発酵具合で 焼きあがったパンは、
2日経っても そのままで、おいしい。
むしろ、日を置いたほうが 熟成してうまくなる。
そうか。
でも、夕方から おんなじ工程で、
できる、かな。

1120jpsf.jpg

1124pump.jpg

馴染む

2014年11月17日 22:59

ようやく、生活の一部に なってきた。

ひたすら作って、機械みたいに ひたすら動いて。
機械には なりたくない、
機械には なりたくない って思うのに、
求められるのは 速さと、要領。
全部 手作り、だから 限界がある。
心 込めたいのに、
丁寧に 作りたいのに、
機械みたいに動く自分に、毎日 葛藤。
思いと 動きの ズレに、葛藤。

最近になって、
速く 機械みたいに動くことが、
必ずしも 機械的じゃあないんじゃないか、って
思えるように なってきた。
職人技、っていうけれど、
まるで機械のように、速く 美しく。
でも、機械じゃあ ない。
熟練した 人の技。
そうか、極めれば いいのか、って。

毎日、コウバに篭りっきりだから、
製品として売られていくのを 見る機会が、ない。
友達への 贈り物、に。
私が日々作っているクッキーが、
こんなに立派に包まれて 誰かのもとに届くのか、って思うと
とても 嬉しい。 

1114kaishindo.jpg

ちょうど いい具合に 赤・黄・緑。

1117fall.jpg

いしころカフェ / カフェ 神戸・岡本

2014年11月10日 21:39

焼きカフェラテ
1110ishicoro.jpg
カフェラテに、グラニューかけて バーナーでジュッ(たぶん)。
クリームブリュレの上部みたいに、お砂糖カリカリ。
スプーンでカツカツ割って、ラテに混ぜて ほんのり甘い。
焦げたところが ちょっとビターで、おいしい。
いしころカフェ、オリジナル。
とっても おもしろい。
500円 (鳩クッキー付き)

あったかい、木を使った お店の内装。
テーブル数席と カウンター。
素材を生かして 丁寧に作られた、ランチのプレート。
ケーキやら ドリンクも、種類たくさん。
平日14時ごろ、なのに ほぼ満席。
お一人様やら、カップルやら、おばさまやら、
赤ちゃん連れのお母さん。
年齢層さまざま、大学が近いからかな、女性が多い。
地元の人に愛されている、そんな感じの素敵なお店。
駅の近くには 商店街があって、
平日なのに 結構にぎやか。
岡本、素敵なとこだなあ。
1110ishiciro2.jpg
いしころカフェ 阪急岡本駅ちかく

カフェを訪れることが、久しぶり。
8月の台湾旅、以来。
ほんとうに、カフェに行かなくなってしまった なあ。

フロイン堂 / パン屋 神戸・岡本

2014年11月09日 23:27

パン・ド・カンパーニュ
1110froin1.jpg
石釜で、がっしり焼かれた カンパーニュ。
皮硬めだけれど、噛み切れる。
中、しっとり柔らか ほどよい弾力。
目が詰まっていて 食べ応えあり。
フランスパンの 香りと風味。
丸いバゲット、そんな感じ。
噛むほどに 粉の風味、甘みあり。
塩分も、ちょうどいい。
そして、クリーミー。
バター、かな。
酵母の風味は 弱め。
ちょっとだけ、全粒粉。
とっても 食べやすくて、親しみやすい。
ハーフ465円 (写真は1/4)

手捏ね・石釜焼き、の昔っからのパン屋さん。
手捏ねのパンを 食べてみたかった、のだ。(今も、手捏ねかな)
人気の食パン、レーズンパンに、ドーナッツ。
バゲットに、田舎パンに ライ麦パン。
商店街の中にあるから、おじちゃんおばちゃん、
子連れのお母さん、遠方からのお客さんも たくさん。
手で捏ねてるところ、見てみたい。
石釜で焼いてるところ、見てみたい。
毎日毎日、何代にもわたって おんなじパンを焼き続けるって、
本当にすごいことだよなあ、って思う。
1110froinfr.jpg
フロイン堂 阪急岡本駅から5分くらい

Petit Mec 今出川 / パン 京都

2014年11月09日 22:35

オレンジと胡桃のパン
118mecorange.jpg
自家製酵母、オレンジピールと胡桃入り。
ちっちゃいけれど、ずっしり。
しっかり焼き込まれて いい香り。
オレンジ風味強め、でも 生地の味もしっかり。
皮柔らかくて、中も柔らかい。
しっかり食べ応えも、あり。
胡桃が とっても香ばしい。
砂糖入り、かな 甘みあり、そしてクリーミー。
酸味は ぜんぜんない。
柑橘風味強めだけれど、パン生地がおいしい。
170円

土曜夕方、仕事終わりに 赤メック。
予想はしてたけど、、、パンがない~。
残ってたのは フォカッチャ、チャバタに ミルクパン。
柔らかめのパン、数種類。
ハードパンは、全部 具入り。
シンプルなのがいいんだけれど、自家製酵母はハズせない。
新作ホワイトチョコ檸檬か、定番オレンジ胡桃。
柑橘入りは好みじゃないけど、、、オレンジで。
本当に、パンによって風味が違う。
食感が ぜんぜん違う。
前回のもっちりイチジクよりも こっちの方が潔くて、好み。

プチメック今出川 今出川智恵光院

熟成

2014年11月04日 21:23

あっという間に 5ヶ月経過
そろそろ ビワの葉、漉しどき かな。
前のぶんが まだ残ってるから、
もうちょっと 待ってみようかな。
1011biwa.jpg
みかんの季節が やって来た。
みかんの皮を お酢漬けに。
とっても香りのいい ビネガーリンス。
1012mican.jpg
仕込んでから1ヶ月、のEM石鹸。
今回は 2日にわたって攪拌したから、
しっかり混ざって いい具合。
プランターのローズマリーも いい匂い。
1012soap.jpg
観賞用とうがらしに 花が咲いた。
ムラサキ色の ちっちゃな花。
3年目、のミニ薔薇には 今年もオレンジ色の花。
遺伝子って すごいなあ。
白色、咲かないかな、、、。
1012garden.jpg

Bread Room / パン 京都

2014年11月04日 20:53

パン・オ・ルヴァン デーツとナッツ
1026br.jpg
ルヴァン種の ハードパン。
前回の 全粒粉のルヴァンより、酸味強め。
思ったより デーツの甘みは、控えめ。
くるみが とっても、香ばしい。
風味は 全粒粉ルヴァンのほうが好みだけれど、
食感が とても好き。
ハーフ350円くらい
Bread Room 二条麩屋町

おいしいパンは ひと口かじった瞬間に、
皮と身が一体になって、
硬めの皮と しっとり柔らかな中身が、
違和感なく一体になって、
食感の違う 硬さと柔らかさが、
同時に 溶け合う。
私の焼くパンは、
皮と身が、それぞれ 別々のタイミングで主張する。
捏ね方のせい かな。
窯のせい かな。
ただいま 捏ね方、検証中。

ベビースタイ

2014年11月04日 20:38

コットンガーゼのベビースタイ
113ガーゼスタイ 113スタイ2
肌触りのいい ダブルのコットンガーゼ。
赤とネイビーの チェック柄。
京都のリバーシブルガーゼ布と、メキシコのボタンで。

友達への お祝いに。
おめでとう!


最新記事