フェンネル・ティー

2013年11月25日 19:43

先月のいつ頃だった、か。
急に寒くなって、空気がとても乾燥して、
朝起きたら 扁桃腺が、ピリピリ。

毎年一回、寒い季節に 風邪をひく。
まず扁桃腺が腫れて、そのつぎに 鼻にくる。
1週間ほどは 完全に治らない。
料理の仕事をしているから、味覚が働かないのは いちばん困る。
嗅覚を奪われるのも とっても困る。
毎日、鼻うがいで 風邪予防対策しているのだけれど、
それでも 油断していると、乾燥しきった空気にやられてしまう。

今年こそは 風邪 ひきたくない、な。
塩のお水でうがいをしても、すっきりするけど 炎症治まらず。
ハーブを入れたら 効くの、かも。
で、いただき物の ハーブティー。
風邪には カモミールがいいらしいのだけれど、
手元にあるのは フェンネルティー。
フェンネルも 殺菌効果はあるらしい から、試してみる。
フェンネルティーのソルトウォーター。

これが、どうも 効果があるようで。
ちょっとピリピリしても 次の日には もとどおり。
今年の冬は 風邪、ひかなくてすむかも しれません。

冬支度

2013年11月24日 14:36

寒くなると、
ずっしり ぎっしり、
きゅっと詰まったものを ガシガシと食べたくなる。
砕いたオーツ麦を詰め込んだ Oats Cakes。

オーツ麦を じっくり焼き込んで、
すり鉢で 砕いて。

甘さ控えめの お食事ビスケット。
そのままで、
ジャムをのせて、
ディップにつけて。

粉の風味、満載。

1125oatscakes.jpg

さて、試作中の 赤ワインの田舎パン。
ワインのアルコールを しっかりとばして、
どうやら ぷっくり膨らんだ。
ボージョレーヌーヴォー2013、
お味のほうは どんなかな。

1125panvan.jpg

もうすぐ、赤い葉っぱも
なくなってしまうん だろうな。
冬支度、冬支度。

1125redleaves.jpg

赤い、パン

2013年11月18日 11:33

パンと言えば、チーズに ワイン。
トロトロの 香り高いウォッシュリンドに、
深い葡萄色の、まったりした 赤ワイン。
この上なく、おいしいんだろう な。

ワインは、飲めない。

ワインの風味だけでも、パンと一緒に。
赤いパンが 食べたくなった。

赤ワインで、パンを仕込む。
あ、全然 膨らまず。
うん、とも すん、とも。
どうやら、アルコールは 発酵を妨げる。

1118van.jpg

赤、とクルミ。
そろそろ、クリスマス かな。

The Bread / パン 京都

2013年11月17日 11:49

イチジクとくるみのカンパーニュ
1116thebread.jpg
ライ麦15%、グラハム酵母とレーズン酵母液で長時間発酵。
軽く温めて。
皮バリッと、中柔らかい。
心地のいい酸味あり、噛むほどにうまみあり。
黒糖使ってないんだけど、黒糖のようなコクのある風味。
イチジクのせいかな。
甘過ぎないイチジクの風味と、クルミの香ばしさ。
とっても、うまい。
自家製酵母を使うと、ほんとうにそれぞれの風味があって、
酵母のうまみもそれぞれで。
この、酵母の風味も、とても個性的だと思います。
次は、シンプルなカンパーニュを。
ハーフ180円

今年4月にOPEN、のおしゃれな八百屋さん「八百一本館」。
デパートの地下にあるような、小ぎれいなディスプレイ。
思ってたよりお手頃価格、珍しい食材もいろいろあって。
お弁当やらお惣菜やら、パッケージもとってもお洒落。
2階には、お花屋さん(フローリスト、と呼びたいくらいクールです)、
雑貨屋さんのANGERS、輸入食材売り場、お酒売り場など。
3階は、旬のお野菜をふんだんに使ったレストラン2店舗。
屋上農園、なるものも あるようで。
さて、1階のベーカリー。
ハード系多数、自家製酵母のバゲットやらカンパーニュ。
チーズ系のパンやら野菜たっぷりの惣菜パン、甘いパンにペストリー。
サンドイッチも、焼き菓子も。
ドリンクもあるから、イートインも可能です。
複合施設のパン屋さん、ちょっとスルーしがちだったけど、
魅力的なパンだ、と思います。コム・シノワ系列、なのかな。

The Bread/京都八百一本館1F 三条東洞院下ル

鴨川

2013年11月17日 00:01

どうやら、ホテルリッツは 完成間近。
なんだか、馴染まない。
いつもの鴨川の、向こう岸には こんなに立派な建物が。
はて、立派な建物の前は どんなだったっけ。
思い出せない。

1116ritz.jpg

今日は あったかい。
日の 出ているうちに 鴨川へ。
暑い国の本、と一緒に 鴨川へ。

1116kamogawa.jpg

やっぱり、こんなに立派な建物が目の前にあると、
なんだか、いつもの鴨川じゃ なくなってしまうなあ。

Quatre Saisons / パン 京都

2013年11月16日 12:20

プチ・バゲット
1115sesons2.jpg
ルヴァン種、じっくり長時間発酵のフランスパン。
軽く温めて、皮バリッと中柔らかい。
酵母の熟成されたうまみと、粉のうまみ。
弾力控えめ、で食べやすい。
でも、冷めるとちょっと硬くなります。
天然酵母パン、うまいです。
126円

家から一番ちかい、パン屋さん。
地元の人に とっても人気。
お店の棚には、予約済みと思われるパンがずらり。
夕方にお店に入ると、品数は少なめで、
週末のお昼ちかくになると、お客さんたくさん。
でも、お店には 何度か入ったことあるんだけれど、
今まで一度も パン買わず。
食パン、ベーグルが大人気、甘いパンやお惣菜系のパンもいろいろ。
ハード系のシンプルなパンは、とても少ない気がします。

1115sesons.jpg
キャトル・セゾン 東大路丸太町ちょっと西へ

ギブ・ミー・ベジタブル

2013年11月11日 09:00

お野菜と音楽のイベント、「Give Me Vegetable」。

お野菜(できれば地元産のもの)を入場料として会場に持参、
会場キッチンで待機している料理人たちが、それらのお野菜を 即興で調理。
お客さんたちは、それらの料理を 自由にいただける。

全国各地で開催されている すてきなイベント、in 京都。
取り壊し前の、京都大学吉田寮食堂 にて。

今まで 京都での開催は何度かあったのだけれど、
残念ながら 参加できず。
今回は 仕事お休み、で1日フリーだから、
せっかくだから、イベントのお手伝い。
その場で 即興調理の現場が見られるだなんて、
とっても興味深い。

準備は 前々日から、
会場設定から、ライブ用の機材設置やら 観客席設置などなど。
私は 当日参加。
京都で活躍している料理人たちが作ったお料理を 運ぶ係。
出来上がった料理名を半紙に書いて、一品一品写真を撮って。

カウンター越しに見る 料理人たちの様子が素晴らしくって。
お客さんの持ってきたお野菜が、
料理人がそれぞれに用意した調味料で、
それぞれの味に 調理されていく。
和風だったり、タイ風だったり、インド風だったり。
和え物だったり、炒め物だったり、スープだったり。
見ためもきれい、とってもカラフル。
そして、とってもおいしい。

119gmv1.jpg 119gmv3.jpg 
gmv4.jpg 119gmv6.jpg 
119gmv7.jpg 119gmv8.jpg
119gmv2.jpg 119GMV9.jpg
119gmv5.jpg gmv10.jpg

テーブルに運ぶと同時に お皿は空っぽになっていくから、
料理人は ずっと作りっぱなし。
8時間以上ずっと、作りっぱなし。
会場では ライブ演奏があって、音楽も かかりっぱなし。
吉田寮食堂に来ることなんて、たぶん最初で最後なんだろうな、
なんて 思いながら、ゆるい雰囲気を楽しんで。

ライブ用の機材だったり、演奏者の交通費だったり、
料理の調味料だったり、きっと 結構な予算が発生していて、
入場料がお野菜だけ、だと採算が合わないから、
ドリンクは、現金で。
あとは、カンパ制。

心のこもったお料理に ありがとう、という気持ちを。
野菜1つ2つで お腹いっぱいになるなんて儲けもんだ、なんていう気持ちの人が、
どうか たくさんいませんように、と思った1日。
たぶん、これはお手伝いとして参加していなければ、気付かなかったこと。

主催者のみなさま、どうもおつかれさまでした。
おいしいご飯、楽しいライブを どうもありがとう。
来て下さった方々、どうもありがとう。
新鮮なお野菜を どうも、ありがとう。

Pain du Marche / パン 南草津・滋賀

2013年11月04日 20:38

セーグル・オ・フリュイ
113マルシェフリュイ
小振り、なドライフルーツのライ麦パン。
皮やや厚め だけど硬すぎず、中やわらかめ。
酸味まったくなし、ライ麦の風味も強すぎず。
オレンジピール、レーズン、ベリーなど、ドライフルーツの風味 とっても豊か。
オレンジピール強すぎて、生地の風味 あんまり分からず。
でも、甘みのある、やさしい天然酵母の風味。
とっても 食べやすい。
生地だけのパンにすれば よかった、かなあ、、、。
200円

天然酵母の、人気のパン屋さん。
常に、店内には お客さん。
パンの種類も多くって、お惣菜系、甘い系のパンが豊富です。
どうやら、もっちり系の酵母パン。
あんまりと癖のない、食べやすい 優しい風味のパン多め。
そんな、気がします。
お値段も、とっても良心的。
113マルシェ
パン・ドゥ・マルシェ 滋賀・南草津 比較的駅から近め

IL CIELO / 天然酵母パン 向島・京都

2013年11月02日 18:57

玄米ミルクパン・レーズン
112ilciero.jpg
ずっしり、重め。
玄米を原料とした’玄米ミルク’なるもの使用、
かつ 酒種酵母、使用。
甘みがあって、やさしい風味。
小麦粉を使っているのに、小麦の風味弱め。
もっちりもっちり、というわけではないのだけれど、
ガツンとお米の味がするわけでも ないんだけれど、
なんだか、米っぽい。
とっても 個性的。
自家製酵母だから、そのままだと硬いけど、
トーストすると、弾力控えめの もっちりな柔らかさ。
ライ麦100%のパン、気になります。
ハーフサイズ230円

気にはなっていたけど 機会を逃していた、
天然酵母パン屋さん、イルチェロ。
お店は、ちょっと気合いを入れないと 行けないところ。
月に一回だけ、アーバンリサーチ京都店にて 委託販売。
見るからに、ずっしり な個性的な自家製酵母パン 揃っています。
アーバン・リサーチ京都店 寺町六角あたり(月1回)
イル・チェロ 向島・京都

大きな、パン

2013年11月02日 11:47

毎日毎日、焼いているのは、
自分ひとり用の 小さなパン。

でも、私が 焼きたいのは、
みんなで 切り分けて 食べられる、
大きな 田舎パン。

だから、週末になると、
大きなパンを焼いて 実家に送る。

小さなパンは、もう 毎日毎日のことだから、
なんとなく 発酵やら、焼き加減の 要領がつかめてきたけど、
大きさが変わると、なかなか いつもどおりには いかない。

週一回 だから、まだまだ まだまだ、要領をつかめない。
過発酵だったり、焼きが甘かったり。

本当は、焼いた その日の パンを食べて欲しいんだけれど、
郵送だから、翌日 到着。
まあ、しょうがない か。

1027くるみカンパ

明日のパンは、
国産石臼挽き強力粉と国産フランスパン用粉の、
ルヴァン種の 田舎パン。
トッピングに オーツ麦とひまわりの種とゴマを、のせようかな。
どうか、うまく 発酵しますように。

はちはち Infinity Cafe / 自家製酵母パン 京都

2013年11月02日 11:16

プレーンカンパーニュ
102888カンパ 102888スライス
大きな、ルヴァン種のカンパーニュ。
トーストできないから、そのままで。
皮ちょっと厚めで弾力あり、中ふんわり柔らか、そしてしっとり。
酵母のとってもいい香り、やや酸味のある ルヴァンの風味。
ほんとうに素朴な、丁寧に焼き上げられた田舎パン。
コーヒーとジャム持参で、ひさびさ 青空ランチ。
トーストして、食べてみたい、、、。
次のお休みには カリッとしっとり、なカンパーニュ~。
カンパーニュハーフ400円
-----------------------------------------
焼かないと、、、もったいない。
軽く自然解凍、霧吹きをして 高熱オーブンで軽くトースト。
カリッと、しっとり。
うまーい。酸味あり、深みあり。
生地が、とってもとっても繊細。
教えて貰ったとおり、タフなフレーバーとともに。
自家製の酸味のある豆乳ヨーグルト(寝かせすぎています、、、)、
とってもおいしいクラウドベリージャムと。
焼いたほうが、絶対うまい。
粉の風味が、引き立ちます。

ずいぶんと前から耳にしていた、自家製酵母のライ麦パンのお店。
長いこと ハードパンには興味がなかったから、行かずじまい。
今なら そのうまさが 分かるはず。
大きなカンパーニュとライ麦パンとミッシュ。
ホールか、ハーフか。
直球勝負。とっても 分かりやすい。
一軒家の玄関を開けて、靴を脱いで、暖簾をくぐって、
居間には カフェの空間、大きな机がひとつ。
誰かのうちに おじゃましたような、そんな感じ。
オーナーのおじさんの 丁寧な説明を聞いていると、
ひとつひとつのパンが 大切に焼き上げられているんだなあと思います。
素敵なパン作り屋さん、です。
102888店 102888看板
はちはち Infinity Cafe 千本上長者町通りあたり


最新記事