自家製柿酵母

2011年11月30日 23:05

柿 1個
天然水 柿が十分に浸るくらい
砂糖 大1弱
煮沸した瓶
------------------------
1123柿 1123柿酵母
実家から送られてきた荷物のなかに 柿発見。
柿、か。
柿は、、、食べない な。
・・・酵母、つくるか~。
失敗つづきで敬遠中、の自家製酵母。
天然酵母のスコーンも作ってみたいし、、、、
思いついたら即実行、やってみましょう。
室温は、低すぎる、、、。
せっかく温度計手に入れたとこ だし、
あったかいお湯につけて 様子をみてみます。
ブクブク してきますように。


4日ほど経過、発酵中
1130酵母

ジンジャーバニララテ / Tully's

2011年11月28日 23:20

ジンジャーバニララテ
1128タリズバニラ
久々に、15時のコーヒータイムを外で贅沢に~。
スタバにするか、タリーズにするか。
まんまとクリスマス戦線に引っかかってみようかな、と思ったんだけれど、
ジンジャーラテはXmas仕様ではありませんでした、残念。
普通のラテよりミルクの泡が固めでしっかりしていて、
飲み応え食べ応えあり。
ちょっと甘めかな、でもアリな感じ。
ジンジャーは、、、毎日毎日生姜を食べている私からすると、物足りない、ね。
なんか、メキシコOXXOで飲んだ Cappuccino Canelaを思い出した!
Sサイズ390円

1128カルーナ
さてさて、もうすぐクリスマス!
うちの庭にも ハーブに混ざってミニツリー登場。
ゴールドクレストとカルーナWinter Chocolate。
わくわくします。

キッシュアパレイユ(Vegan)春菊

2011年11月27日 23:53

出し昆布
にんにく
しょうが
塩麹
大根
春菊
白味噌

しょうゆ
コーンクリーム
豆腐
----------------------
春菊は塩・胡椒で炒め、しょうゆで和える。
それ以外、煮込んでブレンダーで混ぜ。
200℃20分焼き。
1127キッシュアパレイユ
タルト生地なし、のアパレイユ試作。
ほうれん草、ではなくて残り物春菊で。
豆腐とコーンクリームで 固まるかな?
固まらない。
水分多め?粉必要?
味はまあまあ、もうちょっと濃くしても。

1127白菜ぬか2
パティスリーミヤコ母の白菜ぬか漬け
+金ゴマで。
うまい!です。

上賀茂手作り市 スコーン巡り

2011年11月27日 23:44

焼き菓子三昧
1127上賀茂スコン
Bread Labチョコスコーン100円
パティスリーミヤコアーモンドプードルケーキ150円
フィンランドパンKitos豆乳スコーン150円
1127岐阜スコン 1127Kitosスコン
1127ミヤコAPケーキ
Bread Labチョコスコーン・・・卵・乳あり。BP使用、なのに天然酵母のような詰まった感あり。
                  ザックリサックリ感ゼロ、でしっとりしっとりなんだけれど、
                  結構おいしい。パサパサ感がぜんぜんない。
                  岐阜にある、トレーラーを改造したお店。
Kotos豆乳スコーン・・・気になっていた京都にあるフィンランドパンのお店。
              ライ麦の輪っかのパン、ハパンレイパがずっと気になっていたんだけれど、、、
              スコーン発見、でスコーンに。
              硬い~、外だいぶ硬くて、中もパサパサ。
              天然酵母使用、で風味はまあまあいいんだけれど、、バリバリ硬い。
              私の、試作中のスコーンの方がうまい、かも、、、です。
ミヤコアーモンドプードルケーキ・・・小麦粉不使用、アーモンドプードル使用の贅沢なケーキ。
                      きれいな黄色は卵のいろ。 
                      うっまい~、とにかくしっとり。
                      甘さもちょうど良くって、焼き色もいい感じ~。
                      手作り市だけで販売、のミヤコさんの焼き菓子。
                      レモンガードのマカロンもダックワースもおいしそう!次回に。
今回も、とにかく色んなスコーンを。
ぜーんぶ 味も風味も違って、個性あり。
でも、スコーンに関して言えば、「これこれー!」的なもの、
なかなか 見つからない。
でもでも、ヒントはいっぱい 貰えます。
1127白菜ぬか 1127なおじ石鹸
パティスリーミヤコさんの横でミヤコさんのお母さん(と思われる)が販売していた、白菜ぬか漬け。
親子並んで手作り市、っていいね。
ぬか漬けなんて滅多に食べないんだけれど、、、惹かれました。とってもうまそうです。150円
ついに完成、SoapHeadsなおじくんの石鹸Cappuccino。
シナモン、カカオ、コーヒーの香りがすてきです。
カレンデュラ、ゼラニウムのCatalystとパチュリの入った綺麗な赤マーブルBalance Barも一緒に。
ちょっとした、贅沢品。使うの楽しみ~! 3つで1200円
1127上賀茂2 1127上賀茂
初めて、の上賀茂手作り市。
あ~、いつもより遅めに目が覚めて それから掃除やら料理の仕込みやら、、、。
1時間あればお昼前には着くよね~、で、鴨川にそって北上、北上。
北山の植物園越えて、、、神社の看板 見当たらないな。
田んぼが多くなって、人気が少なくなって、、、目の前に ’山越え’的な1本道しかなくなって、
ようやく気付く。
やばい、行き過ぎた。
もうー、お腹ぺこぺこー、、、結構戻って、やっと到着13時前。
しくじった、人気のお店は売り切れ続出。
紅葉と重なって、か 人だいぶ多いです。
来月も、多いよな~、、、。
上賀茂神社手作り市 毎月第4日曜日

スコーン(Vegan)ドルチェで実験

2011年11月25日 21:27

(1回目ドルチェ+ふすま多め)
粉ドルチェ15
ふすま10
BP1
原料糖5
塩0.1
油5
豆乳12
1h寝かせ、160℃20分
1122ドルチェ
ザックリ!でもパサ感あり、しっとりめ足りない、か。
ドルチェうまし。
ふすま多めは 風味あり。
売り物、としては ナシかなー。
---------------------------------------------------------
(2回目ドルチェ+通常ふすま)
ドルチェ20
ふすま5
BP1
きび5
塩0.1
油7
豆乳13
1h寝かせ、170℃20分
パサめの固め。
これはない、かな。
(3回目ドルチェ+強力粉+通常ふすま)
ドルチェ8
強力粉12
ふすま5
BP1
きび5
塩0.1
油7
豆乳13
1h寝かせ、170℃20分
ザックリ、パサ感あるけど、中しっとり。
配合、焼き時間変えたらいけるかも。
1123ドルチェ
------------------------------------------------------------
(4回目ドルチェ+強力粉+ふすま)
ドルチェ8
強力粉12
ふすま5
BP1
ざらめ5
塩0.1
油7
豆乳13
1h寝かせ、180℃15分
1124スコン
温度高すぎた、か。若干焦げる。
ザックリ、でも パンよりの食感アリ。
風味良し、ザラメの食感もいい感じ。
温度、変えるか。

ああ、手持ちのドルチェ 使い切ってしまった~。
やっぱ、ドルチェはいい粉です。

Prinz 秋市 2011

2011年11月22日 22:25

スコーン三昧
1120スコーンS
左京区にある おしゃれなカフェPrinz開催イベント、秋市にて。
こんなに買うつもりじゃなかったのに、、、、。
意外にスコーンを置いているお店が多い。
で、スコーン全部買ってみました。
Souffleキャラメルスコーン、
apelila天然酵母スコーン2種、
The Greenプレーンスコーン、
とoeuf Coffeeの自家焙煎コーヒー(紙カップがおしゃれ~)。

Souffleキャラメルスコーン、ゴマとナッツのビスコッティ
1120スーフルスコン 1120スーフルビスコティ 1120スーフル店
イングリッシュスコーンのようにホロホロでもなく、アメリカンなザクザクでもない。
どちらかというとアメリカンっぽいんだけれど、サブレな感じもあり。
あたらしい、スコーンの食感 かも。
粉のうまみがして うまい、溶けて固まったカラメルも、うまい。
一人でケータリングにあちこち飛び周り、いろんなイベントにも出店している、
かわいらしい女の子、Souffleちゃん。
繊細、というよりは、手作り感のある あったかい焼き菓子たち。
いいねいいね、おいしいね。
1月の屋台@Paraiso、絶対行くよ~。
ビスコッティ、ありがとね。
スコーン200円
----------------------------------------------------------------
apelila自家製柿の皮酵母スコーン
1120天酵スコン
たまに見かける、
ベーキングパウダーではなくって、天然酵母を使ったスコーン。
私も一回以前に作ってみたのだけれど、、、、、
なんせ失敗した自家製洋ナシ酵母、で作ってみたもんだから、膨らまない。
でもなんとなく、風味はよかった な。
で、apelilaさんのこちらのスコーン。
ガリガリ、ガリガリ、サクサク。
クラッカーが分厚くなった、ような素朴なスコーン。
塩気もあって、風味もいい。
’スコーン’としていただくと あれっと思うかも、だけれど、
後をひく 食感と風味。うまいです。
天然酵母でこんなにザクザク仕上がるなんて、
ちょっとイメージ変わりました。
もういっかい、やってみるべし。
2個入り430円
天然酵母パン教室apelila 一乗寺
--------------------------------------------------------------
The Greenプレーンスコーン
1120Greenスコン
うわあ、でかいな このスコーン。
腹割れ、どころじゃなく 頭がぽっこりズレてる~。
まずは見ために やられます。
サクサク軽め、のこの食感。パイサブレ、みたい。
バターの風味がいい感じ、パサ感あるけどしっとり感もあり。
この食感も初めて、かも。
自分では作れない、けれど、
結構好きな感じ、です。
200円
The Green(カフェは寺町今出川)
--------------------------------------------------------------------
Soap Heads なおじくんの手作り石鹸
1120なおじ石鹸
最後に会ったのは、2年前?
手作りの 地球にやさしい石鹸職人 なおじくん。
あれー、久しぶりに ここで再会。
初めて会ったときは お茶のせっけん1種類だけだったのに、
今や 色とりどりのいろんな種類の石鹸、に、
彼の友達のつくる かっこいい陶器のソープディッシュまで。
ハーブの香りがとてもいい。
次の上賀茂手作り市、行くからね~。
Soap Heads 京都手作り市いろいろ
1120Printz中庭 1120Prinz店
年に2回ある、左京区カフェPrinzでのマーケット。
初めて、のPrinz。
モダンな四角い白い建物に、今日はたくさんのマーケット。
厳選された 左京区あたりにある おしゃれなカフェやら雑貨屋さんやら。
どれもこれも 素敵です。
行ってみたかったけど、遠くて行けなかった、、、
そんなお店に 一度にたくさん出会えて、満足です。
三種三様のスコーンに刺激され、
いろんな出会いあり、
1日目は大雨で逃してしまったけれど、
2日目秋市、来れてよかったです。
いつか、出店できたらなあ。
Prinz 叡山電鉄茶山駅近く

スコーン(Vegan)強力粉+ハート

2011年11月21日 20:42

粉ハート10
強力粉7
ふすま8
BP1
砂糖原料糖5
塩0.1
油5
豆乳12
1h寝かせ、160度23分。
1120スコン強
ザックリ感をUPさせてみようかな、と強力粉をプラス。
ざっくりパサパサ。
難しい な。
ガリッと感が欲しい、のに。
薄力粉だけ、のほうがいいのかな。比率がよくない だけなのかな。
きび糖をざらざらの砂糖に変えてみるけど、効果なし。
やり直し。

チベットのお坊さん

2011年11月20日 22:46

昔々、チベットで、
望まなくして、’お坊さん’という位についていた人。
昔々に 私の魂を持っていた人。
私の前世。

「戒律」という、
人がつくった決まりごとに、
悩み、苦しみ、自由を奪われる。

ああ、そうか。
私は 自由になったつもりでいたのだけれど、
ほんとうの自由では なかったんだ。

自分と他とのあいだに、
垣根を作ってしまっていて、
その垣根の中を、自由になった と思い込んで、
ぐるぐるぐるぐる 彷徨っていたんだ。

こちらとあちらの境目なんて、
ほんとうは うすっぺらい皮一枚のようなものなのかもしれないのに。
私が作った、見えない 境界線。

それを超えたら、
私は もっともっと 自由になれるだろうに。
心から、ありがとう と言えるだろうに。
心から、楽しい と思えるだろうに。
心から、すべてのものを 等しく愛せるだろうに。

1120秋鴨川

スコーン(Vegan)ハート

2011年11月18日 23:03

薄力粉ハートで。

粉ハート15
ふすま10
BP1
砂糖5
塩0.1
油6
豆乳10
油すり混ぜ、豆乳切り混ぜ。1h寝かせ、160℃20分。
1117スコン
ハート。
あんまり特徴のない粉だと思っていたけれど、
ふすま多めにいれると 意外に風味あり。
ざっくり、しっとり。ちょっとパサパサ。
もうちょっと水分多め、ふすま少なめでもいいかも。
見ためもクーヘンより いい感じ。
クロテッドとジャムのアフターヌーンティ、いや クリームティーでもいいや、
そろそろ 食べに出かけてみようかしら、、、。

スコーン(Vegan)クーヘン実験

2011年11月17日 22:29

タルト、スコーンに最適!と言われている ザックリ系小麦粉クーヘンを使って。
いつも使っている綿実油を、仕事場オーナーから頂いた高級油’太白胡麻油’に変更(サンさんどうもありがとう!)、
で、精密はかりでちゃんと計って。
混ぜ方やら、焼き加減など いろいろやってみる。

(クーヘン1回目)
粉クーヘン20
ふすま5
BP1
砂糖5
塩0.2
油4.5
豆乳大1
油入れて擦り混ぜ、豆乳切り混ぜ。20分寝かせ、160℃20分。
1114スコン 1114スコン2
あんまりざっくりしない。中しっとりし過ぎ。
風味もいまいち。
-------------------------------------------------------------------
(クーヘン2回目)
粉クーヘン20
ふすま5
BP1
塩0.2
油4
豆乳18
油、豆乳同時切り混ぜ。20分寝かせ、160℃20分。
1115スコン
まるでざっくりならず。
混ぜ方、よくなかったのか な?
--------------------------------------------------------------------
(クーヘン3回目)
粉クーヘン20
ふすま5
BP1
砂糖5
塩0.2
油4.5
豆乳18
油擦り混ぜ、豆乳切り混ぜ。折らずにそのまま焼き(成形なし)。
40分寝かせ、170度20分。
1115丸スコン
うーん、やっぱり生地は折ったほうがいいなあ、、、。
焼き温度高かったのか外だけ水分飛んでカリッと、中パサパサ感あり。
風味はOK。
----------------------------------------------------------------------
(クーヘン4回目)
粉クーヘン23
ふすま5
BP1
砂糖5
塩0.2
油5
豆乳14
1h寝かせ、160℃20分。
1116スコン
ざっくりならず。パサ感あり、スコーンというよりパンビスケット、、、。
やっぱ、ドルチェやグーデリエールみたいないい感じの粉の風味が、
クーヘンには足りない気がする。
ぜんぜんザックリ、ならないし な。
粉を変える、か。
太白胡麻油は特筆する特徴なし、綿実油でもいいのかも。
精密はかりは 便利なり。

Walder パン / 京都

2011年11月14日 23:25

クロワッサン
1114ワルダ 1114ワルダクロワ
最近では、スコーン、ドーナッツ、クロワッサンの繰り返し。
サックリ、ふんわり、サクサク食感。
で、サクサクのクロワッサンを求めてワルダー、へ。
冷めたのを、とんびを気にしながら 鴨川で。
そとはサクサク、層もたくさん。
中ももっちりし過ぎず、ほどよくしっとり。
気泡少なめの 詰まったタイプ。
四つ葉バターを使っているようなのだけれど、
バターのコクがちょっと弱めな感じあり、でも結構好きな風味。
次は温めて、パリパリと皮をめくって食べたいです。
168円
109Walder.jpg
青色の、街中のちっちゃなパン屋さん。
フランスではない、ヨーロッパのどっかの国のパン屋さん風。
店内中央に わーっと置かれたいろんな種類のパンが魅力的。
クロワッサン、デニッシュ系、ハードパン系、フランスパン系などなど。
きれいきれい、していない ざっとした感じが好きです。
Walder 麩屋町六角

ピラミッド

初ワルダー、でいただいたアーモンドプラリネの入ったシナモンブリオッシュ。
ブリオッシュ、ブリオッシュ、、、
生地はブリオッシュというよりは、層のないデニッシュかな。
まん丸のバターたっぷりのふんわりブリオッシュ、を期待していただくと、
ちょっと期待はずれかも。

ベジテジや 韓国焼肉 / 京都

2011年11月13日 22:57

韓国料理・サムギョップサル
鉄板で焼いた豚肉を、キムチなどと一緒に サンチェで巻いていただく料理。
1113ベジテジ ベジテジもやし
ベジテジクリチ ベジテジワカモレ
豚肉メインのサムギョップサル。
ベジの私は、、、
お肉を頼むと食べ放題(要300円)のサンチェ、白髪ねぎに、
焼きキムチ、焼きもやしナムル、かぼちゃクリームチーズ、
韓国風ワカモレなどなど、
ポン酢しょうゆ、ごま油、ピリ辛味噌(ぜんぶうまい!)と一緒に、
巻き巻きしていただきました。
サンチェいっぱい、で満足です。
キムチもナムルもうまいです。
肉もうまい、らしいです。

日曜の夕方、京都の真ん中 人気のお店は予約で満席。
どこにする?で、まだ行ったことのないベジテジやに。
次の予約の19時までなら大丈夫ですよ、って、
あ~、もう18時20分。お腹ぺっこぺこ、で急いで注文。
食べ方の説明やらとっても丁寧、
でも店員さん大忙し、でなかなかタイミングよく料理が来ない、、、。
時間が、、、、。焦って パクパク。
次は ゆっくり頂きたいです。
ベジテジ店長さん
ベジテジや 四条木屋町店

Cafe Kocsi カフェ・パン / 京都

2011年11月13日 22:41

フレンチトースト
1113Kocsi.jpg 1113Kocsi2.jpg
カフェコチに来ると、いっつも焼きたてパンにカプチーノ
たまには別のものを、とフレンチトーストを。
自家製Kocsiパンを使った、はちみつ+スライスアーモンド+バニラアイスのデザート系。
ほどよくしっとり 卵と牛乳、リキュールも?を染込ませた、
外側ややこんがり、のフレンチトースト。
卵の風味が強くなくて 食べやすい、でもかなり 甘い。
はちみつ、ちょっと多めかな。アイスもちょっと多めかな。
しっかりめの食パンで、量もしっかり。でお腹いっぱいです。
個人的には もうちょっとサックリ系が好みです。
巡りあえるかな、そんなフレンチトースト。
いつもはカプチーノなのだけれど、この日はコーヒー。
コーヒーうまいです、これからはコーヒーにしよう かな。
いいなあ、このいろんなものが混ざり合ったKocsiの空間。
フレンチトースト730円、コーヒー480円
1113Kocsi店
Cafe Kocsi 姉小路富小路

パウンドケーキ、三昧

2011年11月11日 21:36

夜の手作り市「よふかし市」、カフェさらさ花遊小路にて。
たいていの手作り市が お日様の出ている昼間に行われるのにたいして、
こちらは 真っ暗になってから、の夜の市。
毎回場所を変えて、いろんな手作りのものが並ぶ 楽しいイベント。
今回は カフェさらさ。
仕事を終えて、直行する。
晩ご飯は、作り置きして家を出てきた。
節約、節約。抑えるところは 抑えるべし。
カフェ一帯に広がる おいしそうなカレーのにおいをかき分けて、お店の並ぶ 2階へ進む。
手作りのアクセサリーや、マニアックな文庫本などなど。
ふらっと1周してみるけれど、今回の目的は ただひとつ。
Nowhereman、のパウンドケーキ。
抹茶オレンジ、木苺ショコラ苺、ピスタチオ苺、ココナッツパイン、ショコラ。
個性的な 5種類の組み合わせ。
見せ方が だいぶロマンチック、だ。
ピスタチオ惹かれるんだけど苺がなあ、、、うーん。
ココナッツ、とパイン!かあ。
なんて だいぶ悩んで 結局、ピスタチオ苺とショコラを購入。
1111Nw.jpg
ピスタチオ苺                ショコラ
1111Nwピスタチオ 1111チョコ
1111さらさ
ピスタチオ苺・・・この時期、ベリー系にはあんまり惹かれない。
          でもピスタチオグリーンにはだいぶ惹かれる。
          結構しっとり、アーモンドプードル+バターのせい?
          ナッティーな風味の中に ドライ苺の甘酸っぱさ。
          ピスタチオうまし!甘さが結構ダイレクト。白砂糖?
ショコラ・・・・・ココナッツパインとだいぶ迷って、結局チョコレートを。
         ショコラ生地しっとりうまい、でもちょっと甘さが気になる、かも。
         ショコラ+プルーン。
         分かっていて選んだのだけれど、実はプルーン、ちょっと苦手。
         チョコレートはチョコレートのみ、もしくはナッツと一緒、が私の好み。
客観的に、他人の評価をするのはとても簡単なことなんだけれど、
実際、自分の味を作り出すということは ほんとうに難しい。
上質な職人さんのパウンドケーキでした、ごちそうさまでした。
機会があれば、レモンのケーキを是非いただいてみたいと思います。
各250円
Nowhereman よふかし市@カフェさらさにて

--------------------------------------------------------------         
仕事場のオーナー夫妻と仲のいい ムラセさんという素敵な女性の焼き菓子。
学生の頃から趣味でお菓子を作っては売り、
その後、謀一流フランスチョコレート会社でバリバリ働き、
で現在 仕事をやめて、再び趣味でお菓子づくりを。
彼女のつくる焼き菓子は、
とにかくセンスが良くて 上質で、上品で、
非のうちどころがないくらいに、出来すぎている(と思う)。
カトル・ローズ
1013カトルローズ
初めていただいた、彼女の作品。
4種類のバラ科のフルーツ使用、ということでカトル・ローズ。
しっとり贅沢、なバターケーキ生地。
材料の配合、甘さや油分もパーフェクト。
一流の洋菓子屋さんで売られているバターケーキにも劣らない、
どちらかというと、一流ホテルのティールームで出されるような、
そんな上品さ。
無花果
1111ムラセC 1111ムラセC2
試作品のミニ版を。
たぶんおしゃれなフランス語の名前が付いているんだろうけれど、聞きそびれ。
再び、生地のしっとりさ加減、無花果のしっとりさ加減もパーフェクト。
ほんとにうまいよな、ムラセさんの味。
抹茶にココナッツ、無花果にレモンピール。
何を入れ込んでも ブレない彼女のパウンドケーキ生地。彼女の味。
私も、彼女のように ブレない自分の味、を探索中。

スコーン(Vegan)アーモンドプードル

2011年11月10日 23:06

粉25g(うち大1ふすま)
BP小1/4
アーモンドプードル小1
きび糖小1
塩ひとつまみ
油大1/2
豆乳大1
--------------------------
油を入れてすり混ぜ、豆乳入れて切り混ぜ。
30分ねかせ、160℃20分
1110スコン
ちょっとレシピを変えて、
ついでに製法も変えて。
粉は滋賀県産の薄力粉。
今まで小さじだと思って使っていたスプーンが、中さじだったと判明。
も~う。

粉の特徴までははっきり分からないな、このレシピ。
外しっとりめのざっくり、中しっとり。
パサパサ感なし。
やっぱ砂糖小さじ1は甘さ足りない、中さじ1に戻すべし。
アーモンドプードルでしっとりしたのか、
粉の混ぜ方でしっとりしたのか、どっち???
レシピと製法を同時に変えると、、、変化の原因が、分からない。
あせるな、私。

今日のスコーン、全部計り終えて生地を寝かしたあとに、
注文しておいた精密スケール到着。あ~、ひと足遅し。
明日から、精密に計って実験します。
そして、レシピと製法を同時に変えることはやめます。

Bonne volonte / パン 京都

2011年11月10日 19:20

皮付きバターパン
115borante.jpg
クロワッサンを求めて行ったのだけれど、、、
時間が遅くて すでに売り切れ。
代わりにこのパリパリそうなバターパンを。
皮はパリパリ、中ずっしりもっちり。
ここんとこ パリパリかサクサク気分な私には、
ずっしりは ちょっと重い~。
次は 絶対クロワッサン!

薪釜焼きで人気のボンボランテ。
私のお休みとお店のお休みがかさなっていて、
行きたいときに なかなか行けず。
青と白の とってもステキな店構え。
カウンターから、
エレベーターガールみたいにじっとしている2人のお姉さんに見守られながら、品定め。
おもしろいな、このお店。
仕事帰りの夕方は 選択肢少なし。
お昼に 焼きたて食べたいな。
Bonne volonte 河原町通り御池と丸太町の間

クロワッサン
119ボランテクロワ
どうしても食べたかった ボンボランテのクロワッサン。
温めることできずに そのままで。
ちょっと残念、皮はパリッとしていないんだけれど、
もしかするとトースターであっためても、サクサクっとはしないかもしれないのだけれど、
中が、もっちりし過ぎてなくて、
層もしっかり重なっていて、バターの風味がいい感じ。
天然酵母を使っているのかな、パイまではいかないけれど、ちょっとしっとりめ。
このままでも好きな感じなんだけれど、
トースターで温めたものを是非食べてみたい!
すごくやり手の女性の店長さん、接客は控えめだけれど、とてもステキです。職人さんです。
170円

スコーン(Vegan)グーデリエールとドルチェ2

2011年11月09日 22:02

粉25g(うち大1ふすま)
BP小1/4
きび糖小1
塩ひとつまみ
油大1/2
水大1
--------------------------------
1h寝かせ、160℃23mins焼き
前回の豆乳を水に変えて。
117デリエール水
大失敗。
水分を、入れすぎた 焼きすぎた。
水分飛んで ぱさぱさ。
粉の違いも検証できず、残念。
粉のほんとうの味を見てみよう、と豆乳ではなく水を使用。
豆乳と水の性質が違うのに 前回とおんなじ容量で試作。
見ため、生地のやわらかさが前回と違っているのに、
容量に軸をあわせて、強行。
で、失敗。
生地の見ため、やわらかさに軸をあわせるべし。

’焼き菓子’というアート

2011年11月08日 22:17

京都を中心に活動している 焼き菓子と詩の表現者、Nowhereman。
前から 彼の作る焼き菓子は知っていたのだけれど、
作品展に訪れるのは 今回が初めてだ。
自分でも焼き菓子を作るようになって、
前よりもっと彼の作品に興味がわいた。

焼き菓子を、
洋菓子屋さんの陳列台に並べるのではなく、
ギャラリーの、棚の上に展示する。
ステキな発想、だ。

117Nwmレモン 117NwmレモンUP
117Nwm作品 117あいちゃん

初日平日お昼過ぎ、オープンしたてのギャラリーにはお客さんはまだ多くなく、
ナガノくんに 作品について聞いてみる。
お菓子職人、としての洋菓子づくりに対する彼の思いだったり、
表現者、としての彼の思いだったり。
お菓子作りをはじめたばっかりの私には、
いろんなことが興味深くて仕方ない。
ああ、やっぱり 基本を学ぶということは大事なんだ、と思う。
製菓の理論。
化学的な方面から お菓子作りを検証する。
仕事場のオーナーがいつも口癖のように言っている、もっとも大事なところ。
偶然や勘や経験とは全く別のところの、正真正銘の事実。
温度や湿度、粉の性質についての真実。

勉強の苦手な、数字の苦手な私は、
経験で、勘で、お菓子作りをやっていくのもありだよな、と思っていた。
’耳たぶの硬さ’だったり、’人肌程度に温める’だったり。
でも それでは、失敗したとき、
いつまでたっても 失敗してしまった理由が分からない。
いつ、どこで作っても ブレないように、
同じものが作れるように。
ちょっと、製菓の理論を勉強してみよう、と思う。

11日の金曜日、カフェさらさ花遊小路での「よふかし市」。
彼の作品が また並ぶ。
そのとき 彼の ちょっと小さめの作品をいただいてみよう、と思う。
彼の焼き菓子に対する思い を少しお裾分けしてもらおう、と思う。

117Nowhereman.jpg
’Helpless’ Nowhereman
Hedgehog Books and Galleryにて

イタリアンパセリのオムレツ

2011年11月07日 22:38

イタリアンパセリ

べったら漬け
オリーブオイル
------------------------
刻んだべったら漬けを炒め、
卵を流し入れ、
パセリを加え、蓋をして蒸し焼き。

117イタパセ 117イタパセオムレツ
プランターで育てているイタリアンパセリが 繁殖し過ぎてしまったので
いただいてみます。
イタリアンパセリ、といえば オムレツだ!と
さいきんずっと欠かせない べったら漬けと一緒に。
仕上げに自家製焼肉のたれと黒胡椒、で。
オムレツじゃなくて、卵焼き か。

117プランタ増
さてさて、だんだん増えていく我が家のハーブファミリー。
今回はスープパセリが仲間入り。
ぐんぐん育て~。

Tully'sのドーナッツ

2011年11月07日 21:16

黒糖オールドファッション
1031タリズ黒糖 1031タリズ黒糖2
ずっと気になっていながら、食べる機会を逃していたタリーズのドーナッツ。
店頭には2種類のドーナッツ。
ハニーウォルナッツのイーストドーナッツ、と
黒糖のオールドファッション。
迷うなあ、、、結局、長いこと食べていなかったオールドファッションを。
黒糖、で甘さ控えめなのかな と思いきや、そうでもない。
甘すぎず、控えめすぎず。黒糖グレーズの部分はジャリッと砂糖の甘さ。
網焼きであっためて、外若干さくっと 中しっとり。
ドーナッツ特有の油っぽさはあるけれど、気になるほどではない。
ミスドのオールドファッションに似ていて、ちょっといい油を使っているのかな、という感じ。
次はハニーウォルナッツ なり。
210円(たぶん期間限定) タリーズコーヒー

ハニーウォルナッツ
117Tullysドナ 117Tullysドナ2
真っ白なシュガーグレーズにクルミのトッピング。
見ため、シャリっとふんわりさっくり風 なのに、
違う、、、予想外。
グレーズ厚めのべっとり、生地は弾力ありのクニッとした感じ。
これは、パンなり。油の風味もあり。
失敗したのかな、こういうもんなのかな、、、。
見ためは好きなのに、、、私好みのイーストドーナッツではありませんでした。
200円



最新記事