大根の麹漬け

2011年05月30日 20:27

大根の麹漬け
大根麹漬け
1、大根を食べやすい大きさに切り、塩もみして少しおく。
2、水分がでできたら捨て、料理酒を少量加え、もみこむ。
3、瓶に出し昆布、大根、甘酒のもとを入れ、冷蔵庫に。

大根の先を使ったからか、大根の辛味あり。
塩もみして1日ほどおいた方が風味がいいかも。

スコーン2種(Vegan)チョコチャンク・シナモンココナッツ

2011年05月30日 12:48

懲りずにスコーンを。

用意するもの
------------------------------------
(チョコチャンク)
・薄力粉20g
・全粒粉15g
・強力粉15g
・三温グラニュー糖10g
・BP小1
・油大2
・水大2
・ダークチョコ10g 森永カレドショコラカカオ70使用
(シナモンココナッツ)
・強力粉15g
・全粒粉35g
・三温グラニュー糖10g
・BP小1
・油大2
・水大2
・シナモンパウダー小1
・乾燥ココナッツ大1
-----------------------------------------
材料をサックリ混ぜ、ラップにまとめ冷蔵庫保存。
伸ばして折り→たたみ繰り返し 型取り。
200℃で13分程度焼く。

スコーン2種
スコンCチャンクシナモンココ
(チョコチャンク)
新たな粉配合で。これいい感じかも。
ダークチョコでも結構甘さあり。
砂糖もうちょっと増やしてもいいかな~、、、。
(シナモンココナッツ)
ザックリ、でもちょっとパサパサ感。全粒粉?
ココナッツのサクサク感がうまい~。
シナモンちょっと減らしてもいいか、な。
※今回塩入れ忘れ、とくに問題なし。


1日おいたものを。
シナモン・・・ザックリ、しっとりでいい感じ。このシナモン、風味あんまりよくないなあ、、、。
チョコチャンク・・・チョコ結構甘い、砂糖このままの量でも。
シナモンの粉配合の方がザックリ、な気がする。

フレンチトースト(Vegan)

2011年05月30日 12:36

フレンチトースト
Fトースト FトーストUP
卵・牛乳ダメでもフレンチトースト食べたい、ね。
ということで豆乳を使って。

温めた豆乳150cc+キビ砂糖大1にパンを浸す。
パンの表面に小麦をまぶし フライパンで焼く。
シナモン、グラニュー糖をふりかけ、色をつける程度にさっと焼く。

かぼちゃ入りのパン使用、できれいな色に。
弾力のあるパンを使ったため 豆乳が中までしっかりしみこまなくて、
ふんわりふわふわにはならず。やわらかめのパンをつかうべし。
もうちょっと砂糖多めでもいいかも。
粉砂糖、欲しかったな。

トマトと茄子のココナッツカレー(Vegan)

2011年05月29日 18:21

トマトと茄子のココナッツカレー
529トマトカレー
にんにく、生姜、昆布だし、塩、トマト、茄子を煮込み、
味噌、カレーパウダー、ココナッツミルクで味付け。
いつもならしょうゆを入れるのだけれど、今回は甘酒のもとで調節。
甘さが加わって、とろみも出る。
野菜は何を入れても。

イギリスの巨大スーパーTescoに、
TescoProductsのタンドリーチキンカレーパウダーというのがあって、
本来ならチキンにまぶして使うんだろうけれど、
それを 野菜とココナッツミルクで煮込んで、よくカレーを作っていた。
日本では見かけないので、代わりに昆布とお味噌とカレー粉、しょうゆなどで味をつけて。
自分でつくるカレーのなかで 一番好きなカレー、だ。

スコーン3種(Vegan)オリーブオイル・米ぬか・キャラメルウォルナッツ

2011年05月29日 12:36

スコーン食べくらべ。

用意するもの
------------------------------------
(オリーブオイル)
・強力粉15g
・全粒粉35g
・三温グラニュー5g
・BP小1
・塩少々
・オリーブオイル大2
・水大1
(米ぬか)
・強力粉10g
・全粒粉35g
・米ぬか5g
・三温グラニュー5g
・BP小1
・塩少々
・オリーブオイル大2
・水大2
(キャラメルウォルナッツ)
・強力粉15g
・全粒粉35g
・三温グラニュー5g
・BP小1
・ココナッツミルク大3
・塩少々
・カラメライズした胡桃10g
----------------------------------------
すべて材料を泡だて器でまぜ、ラップにまとめ30分冷蔵庫で寝かす。
麺棒で伸ばし→たたみを数回繰り返し 形抜きし、200℃オーブン15分。
前回と材料、配分などを変えて。

スコーン3種
スコーン529
(オリーブオイル)
ココナッツミルクの代わりにオリーブオイル+水で。
サックサク!けどザクザクではないなあ~。ビスケットみたい。
オイルにすると クセがなくて食べやすい。
水分少なめでだいぶまとまりにくかったけれど、その方がサックリして噛み応えがある。
(米ぬか)
強力粉+全粒粉+米ぬか+油で。
前回より米ぬかっぽさは和らいで食べやすい、香ばしくておいしい!
外ザックリだけれど中はしっとり+パサパサ感もあり。米ぬかのせい?
ココナッツミルクでやってみる?
(キャラメルウォルナッツ)
オリーブオイル入りを食べた後にココナッツミルク入りを食べると、
ココナッツ入りはクセがあるように思えてくる、、、。
甘さ控えめ過ぎた!’キャラメルウォルナッツ’としてしまうと甘いのを期待してしまう、よな~。
キャラメルウォルナッツなら甘さ+で。ウォルナッツならそのままの甘さで。
胡桃はもっと炒っても。カラメライズの砂糖もっと増やしても。
外ザックリ中しっとり。やっぱりココナッツミルクを入れるとしっとりしてしまう?

粉の配分いい感じ。
でも見ためがあんまりよくないな、
デロンギのオーブン、焦げやすい。ガスオーブン欲しいなあ。

ごぼうとカリフラワーのピクルス

2011年05月28日 18:48

用意するもの
-------------------
・酢250cc
・水100cc
・三温グラニュー糖25g
・塩小1
・ローリエ1枚
・にんにく1片
・ピンクペッパー5粒
・ホワイトペッパー粒10粒
・瓶

・ごぼう
・カリフラワー
(人参を追加)
--------------------
すべての調味料、スパイスを鍋で煮詰め、冷ます。
茹でたごぼう、カリフラワーを瓶に詰め、冷めたピクルス液を流し込んで保存。
ピクルスごぼう
野菜はお好みで。
硬いものは一度茹でて、生で食べられるものはそのままで。
お好みでディルやタカノツメなど好きなハーブ、スパイスを。

ピクルス
ピクルス529
漬けて1、2日。
ちょっと酸味が弱いかな~と思うのだけれど、
おいしい。茹でた人参がおいしいー。
味に深みを出すために何か入れてみようか、な。
カレー屋サンマルコのキャベツのピクルス、うまいよな~。

スコーン3種(Vegan)強力粉・薄力粉・米ぬか

2011年05月28日 12:32

スコーンの食べくらべを。
薄力粉+全粒粉、強力粉+全粒粉、強力粉+米ぬかの3種類のスコーンを作ってみる。

用意するもの
----------------------------
(薄力粉のスコーン)
・薄力粉30g
・全粒粉20g
・べーキングパウダー小1
・三温グラニュー糖5g
・塩少々
・ココナッツミルク35cc
(強力粉のスコーン)
・強力粉30g
・全粒粉20g
・ベーキングパウダー小1
・三温グラニュー糖5g
・塩少々
・ココナッツミルク35cc
(米ぬかのスコーン)
・強力粉30g
・米ぬか 炒ったもの20g
・ベーキングパウダー小1
・三温グラニュー糖5g
・塩少々
・ココナッツミルク35cc
--------------------------------------
それぞれ混ぜて控えめに捏ね、冷蔵庫で寝かし、
形をとって 200℃で15分焼く。
スコン焼き528

3種のスコーン 自家製グレープフルーツジャムを添えて
スコン528
(薄力粉)
3つのなかでは一番サクッとしているのだけれど、ちょっと粉っぽいし 軽め。
(強力粉)
外はザックリ、でも中がしっとり。捏ね時間減らしたのに~。
重さはあるし、噛むと甘みがあって好きな味。
厚みを減らす?配合変えてみる?
(米ぬか)
米ぬかの風味ちょっときつめかな~、私は好きな味なんだけれど。
炒った米ぬかが香ばしくて、色も茶色でいい感じ。
ザックリ感がなくてしっとりめなので 米ぬか少し減らしてもいいかも。

前回より砂糖を減らして 甘さはちょうどいい感じ。
せっかく作ったジャムの出番なし。
3つ同時に味見すると、何がなんだか分からなくなってくる、、、、。
米ぬかはアリな味。シード系を練りこむと米ぬか風味が和らぎそう。
強力粉or薄力粉、迷うなあ。

オムレツ(Vegan)

2011年05月27日 18:36

オムレツ
山芋オムレツ 山芋オムレツUP
山芋でオムレツを。
山芋をすりおろし 水気を切る。
オリーブオイルをひいたフライパンに山芋を流し込み、
スクランブルエッグを作る要領で お箸でかき回しながら火をとおす。
ある程度火が通ったら、塩、ターメリックを振り、さらにかき回す。
弱火で蓋をして きつね色になるまで焼く。
黒こしょうをトッピング。

見ためはオムレツ、なのだけれど、、、卵じゃない、、、。
完全に山芋の味、居酒屋メニューでありそうな とろろ焼きの味。あたりまえ、か。
オムレツが食べたい!のなら 卵のオムレツを作ったほうがおいしい、のだけれど、
アレルギーを持っている人や 見ためだけで満足できるヴィーガンの人にはおすすめ、です笑。
もちもちしていておいしいのだけれど とろとろで固まりにくいので、
小麦粉や米粉を加えるといいかも。
グラタンなどにも使えそう。
※木綿豆腐を水切りして手でつぶし、ターメリックで炒ると スクランブルエッグ風に。

甘酒のもと

2011年05月27日 15:27

用意するもの
--------------------
・麹200g
・55℃くらいのお湯400cc
・炊飯器

炊飯器に 麹とお湯を入れ
炊飯器の蓋が完全に閉まらないように 布巾や鍋蓋を挟んでから炊飯器の蓋をし(温度が上がるのを防ぐため)、
55℃くらいで5、6時間保温。
甘酒 
冷ましてから 瓶に入れて冷蔵庫保存。
1ヶ月ほどで使い切る。
※冷凍保存可能
甘酒でき
料理の調味料や、お菓子の材料に。
甘酒として飲む場合は2倍にうすめて。

全粒粉スコーン(Vegan)

2011年05月27日 14:07

用意するもの
-------------------
・全粒粉40g
・強力粉60g
・ベーキングパウダー4g
・三温グラニュー糖20g
・ココナッツミルク70cc

1、粉系をすべて混ぜ、ココナッツミルクを少しずついれてまとめる。
2、板に出し、麺棒で伸ばし 三つ折→伸ばしを数回繰り返す。
3、好きな形に切る。
スコーン527
4、200℃で18分焼く。
スコーン焼き527

プレーンスコーン ピンクペッパーハニーを添えて
スコーンHPP スコーンHPP1
メキシコで出会ったまりちゃんに貰ったレアルデカトルセの野性のピンクペッパー。
グラインドして蜂蜜と合わせてみる。
ピンクがとてもかわいい、ちょっと春っぽい。
思ったよりピリピリ感が少なく、蜂蜜+黒胡椒のような衝撃感がないので、
生地に入れて一緒に焼き上げた方が風味が出るかも。
さて、スコーン。
外はザックリしているけれど、中がしっとり。
捏ねすぎた、伸ばしすぎた、、、。
味はおいしい、甘みをもうちょっと減らしてもいいかも。
アメリカンなザクザクのスコーンを作りたい、ので、
粉の比率を変えて、砂糖を少し減らして、もう一度。

まりちゃん、ありがとねー。
やっと使える日が来ましたー。
ピンクペッパー、お菓子にも合うよね。

2011年05月26日 18:42

今年 初めての 蛍、なり。

水の張られた 田んぼのうえを ちかちか光る 
ちいさな灯りが 2つ、3つ。

もう そんな季節か。

グァテマラ・リビングストンで、
よく行っていた食堂のお兄さんが、
’蛍がたくさん出るところが 近くにあるよ、’と教えてくれたのだけれど、
結局 行かずじまいだった。


小学生のころ、蛍を捕まえては 蚊帳の中に入れ、
暗がりで ちかちか光る蛍を見て きれいだなあ、と
その光をぼーっと見ているのが 好きだった。

この辺りでは それほど多くの蛍が一度に見られることはなく、
多くても 10匹かそこら。
いつか、蛍の大群を、
ちかちか光る 小さな光の大群を 見てみたいな、と思う。

蚊帳、といえば 頂きものの 一人用の小さなアウトドア用のものを持っているのだけれど、
前 住んでいた京都の部屋では、
夏になると 冷房も扇風機もつけずに、
部屋の窓全開で ベッドの周りだけを蚊帳で覆って、
暑い京都の夏の夜を 過ごしていた。
まるで バリの高級ヴィラの 天蓋ベッドみたいだ、と
旅先にでもいるような気分になった。 


久しぶりに 地元の図書館に行く。
最高20冊まで借りられる、ということだったのだけれど
そんなには持って帰れないな、と8冊だけ。
レシピ本と調理道具の本。
明日からは もう ずっと雨の予報だし、
ちょっと 料理の知識を増やしてみようかな、と思う。

塩麹

2011年05月26日 18:13

用意するもの
-------------------------
・麹200g
・天然塩66gくらい
・水200cc
・容器

麹と塩をよく混ぜ 容器にいれ、水で浸す。
1日1回よく混ぜ、蓋を空け 空気にふれさせる。
10日ほどで 塩麹の完成!
ピンクソルトを使用したので、ピンク色。
塩麹仕込み 塩麹
味に深みを出すための調味料として使用予定。
それでは10日後に。

りんごのカスタードタルト(Vegan)

2011年05月26日 11:51

今回のタルト生地、チーズ風味を出してみよう と酒かすを使用。

用意するもの
------------------------------
(タルト生地)
・小麦粉100g
・酒かす50g
・はちみつ大1
・塩ひとつまみ
・オリーブオイル30cc
・水30cc
(カスタードフィリング)
・絹豆腐150g 一晩水切り
・小麦粉大3
・はちみつ大3
・レモン汁大1
(りんごフィリング)
・りんご1/2
・三温グラニュー糖30g
・レモン汁大1
・シナモンパウダーお好みで
--------------------------------------
(タルト生地)
1、すべての材料を混ぜ(捏ねない!)、冷蔵庫に寝かす。
2、板に粉をしき、麺棒でうすく伸ばす。
3、型にうすく伸ばしながら敷き詰め、底にフォークで穴あけ。
4、180℃のオーブンで、10分程度から焼き。
APタルト生地
(カスタードフィリング)
  すべての材料をフードプロセッサでよくよく混ぜる。
APタルトカスタド
(りんごフィリング)
スライスしたりんご、砂糖、レモン汁、シナモンを煮詰める。
APタルトりんご煮
タルト生地にカスタードを敷き、180℃で10分焼き、
りんごを敷き詰め、さらに10分焼く。
APタルト敷き詰め APタルト2

冷蔵庫で数時間冷やして、、、試食。
タルト・・・かたい~、弾力あり過ぎ。フォークで切れない、、、。捏ねすぎた、かも。
      水分、油分の量が多い?
      味は可もなく、不可もなく。でもちょっと甘さ控えめのビスケットっぽい。
      酒かすの風味はいいと思うのだけれど。
カスタード・・・豆腐の風味、結構残る。卵、牛乳入りに近づけるには難しい~。 
        ちょっと粉っぽいので、小麦粉減らしても。
        小麦粉の代わりに米粉か葛粉?
        +豆乳、白味噌?
りんご・・・おいしい!

次回は とりあえずタルト作りに集中しようか、な。

酒かす酵母 その2

2011年05月25日 19:17

前回仕込んだ酒かす酵母、どうやら失敗した様子。
別の分量で再チャレンジ。

用意するもの
-----------------------
・酒かす60g
・水200cc
・白砂糖大2
・瓶

ちぎった酒かす、水、砂糖を 熱湯消毒した瓶に入れる。
スプーンで酒かすを細かく砕き、
一日数回かき混ぜ、蓋を開けて空気にふれさせる。
525酒かす酵母
2、3日で泡が出始めるはず。

3日目泡発生
その後 発泡しない。
失敗、、、。
失敗の酒かす酵母+豆乳で、ヨーグルトになるか実験中。

ほうれん草のキッシュ(Vegan)

2011年05月24日 19:11

用意するもの
--------------------------------
(タルト生地)
・小麦粉100g
・全粒粉20g
・オリーブ油30cc
・水30cc
・塩2つまみ程度
(フィリング)
・オリーブ油少々(炒め用)
・にんにく1片
・玉ねぎ小1/2
・塩・こしょう少々
・木綿豆腐175g(1/2丁)1晩水切り
・豆乳100cc
・白味噌大1強
・合わせ味噌大1
・白練りゴマ小1強
・しょうゆ小1
・梅酢小1
・ほうれん草1把くらい(葉っぱのみ)
畑ほれんそ
---------------------------------------
(タルト生地)
1、タルト生地の材料を全部混ぜ(捏ねない!)、冷蔵庫で寝かす。
2、生地を指で型にのばしていく。
 今回は薄いタルト生地にしたかったので、麺棒を使わずに手作業で。
3、200℃のオーブンで10分空焼き。
れんそキッシュタルト
(フィリング)
1、玉ねぎ、にんにくを油で炒め、ほうれん草以外の材料をすべて混ぜ、煮詰める。
2、1をブレンダーで粗めに混ぜる。
3、ほうれん草は軽く茹でて、水切り。
4、焼きあがったタルト生地に、ほうれん草とフィリングを交互に重ねていく。
れんそキッシュ詰め
5、180℃のオーブンで20分焼く。
れんそキッシュ出来 れんそキッシュUP

念願の初キッシュ。
メキシコ・サンクリストバルのMadre Tierraのほうれん草キッシュ風に。
タルト生地・・・全粒粉を混ぜたからか、水分・油分が足りなかったからか、硬めで粉っぽい。
        重めのずっしり生地ではなくて、パイのようなサクサク感を出したいのだけれど、、、。
フィリング・・・ちょっと塩分多めな気がするけれど、フィリング自体はおいしい。
        家のほうれん草、パワー強すぎ。葉っぱ厚めで結構かたい、ので切ったほうが良かった?
        卵、油、チーズを使わないので、ちょっとパサついた感じあり。
        豆腐の水分が熱で飛んでしまうので、もうちょっとゆるめに仕上げてもいいかも。
        酒かす、米粉、もちキビなどでも。
要再挑戦、次回は別のタルト生地、別のフィリングで。

生姜酵素ジュース

2011年05月24日 18:35

用意するもの
-----------------------
・土生姜
・白砂糖
・瓶
※生姜と砂糖は、1:1.1の割合で。

1、スライスした生姜と砂糖を 熱湯消毒した瓶に入れ、
 手でよく混ぜる。
2、1日1回手でよく混ぜ、ゆるめに蓋をし、10日間放置。

しょうが酵素中 しょうが酵素

暑い夏に 手作りのジンジャーエールを、と
ロー(Raw)なジンジャーエール原液を作る。

12日目にようやく発泡。
糖分の少ない生姜は発酵するのに時間がかかる。

放射性物質のこと

2011年05月24日 13:34

雨が続く。
鹿児島南部は もう梅雨に入ったようだ。

今まで 家の畑から野菜を採って料理することを、生のまま食べることを、
何の抵抗もなく ただただありがたいな と思っていたのだけれど、
震源地近くの野菜から放射性物質が検出された、だとか、
葉野菜は生で食べるのを控えるように、だとか、
雨の日は外出を控えるように、だとか、
雨に濡れたらすぐに拭き取るように、だとか。
テレビや新聞から流れ出る さまざまな情報。
こういった 信憑性があるのかどうか定かでない情報が飛び交うなか、
大雨のなか 畑のパセリを摘もうとしていた私は、一瞬 手をとめてしまう。
放射性物質がどのあたりまで拡散しているのか、ということさえ 曖昧なのに。

農薬に関していえば、
私は、オーガニックであろうが そうでなかろうが、
それほど 気にしない。
もちろん、オーガニックの食材が広く行きわたっていて 手に入りやすいのならば、
それを使うに越したことはないのだけれど、
私は、たとえば 高級食材店の 何日もかかって遠くから運ばれてきたオーガニック野菜より、
地元の農家の人々が育てた 直売店の新鮮な野菜を選びたい。
オーガニックでないから、といって いい加減に育てられたとは思えないからだ。
それに、農薬の場合は 生産者がそれを明確にしている。
農薬を使ったか、使っていないか。 
消費者が それを 選択することができる。

けれども、放射性物質の場合、それが分からない。
汚染されているのかどうか 分からない。

万が一、放射性物質を体に取り込んでしまったとして、
それらを排出する作用がある、とされる食べ物。
玄米だとか、全粒粉の穀物。
海草類。
味噌やしょうゆ、漬物などの発酵食品。
これらには ヨウ素や繊維などのミネラルが多く含まれていたり、
腸の免疫力を高める効果があり、
取り込んでしまった放射性物質を排出する作用がある、らしい。
マクロビオティック的にいうと、
陰性である放射性物質を、陽性のものを取り込んで対抗する、のだ。

マクロビオティックよりも どちらかというとローフードに傾きがちな私は、
野菜や果物の生食を控えるように、と言われてしまうと、
ちょっとへこむ。

被災地近辺の飲食店では どう対処しているのだろうか、と疑問に思う。
野菜だけでなく お肉や魚や牛乳。
お水も そうだ。
飲食の仕事に携わりたい、と思う私は 食べ物のことがやっぱり気になる。


日本に帰ってきてから、胃の調子がいまいち良くない。
日本の環境が 私に合わない のか?
内側からだけでなく、外側からも鍛えてみよう、
と 筋トレを始めた。
腹筋と、背筋。
いつまで 続く、かな。

かぼちゃのココナッツパン(Vegan)

2011年05月24日 12:52

・強力粉150g
・かぼちゃ(茹でて潰す)50g
・ココナッツミルク80g
・三温グラニュー糖大1
・塩小1/2
・イースト1.5g
--------------------------------------------
1、材料をホームベーカリーに入れ、’パン生地’スタート。
2、粉を敷いた台に生地を取り出し、形をととのえ 35℃オーブンで1次発酵。
3、空気抜きをし、4等分して 丸める。濡れ布巾をかぶせ10分放置。
4、35度オーブンで2次発酵。
かぼココパン発酵
5、濡れ布巾をかぶせ、10分放置。
6、180℃オーブンで15分焼く。
かぼココパン焼き
どうやら、失敗。
生地がかため、で発酵中に表面にひびが入る。
できあがりも 皮がかたい。
粉が多すぎた?かぼちゃが多すぎた?
1晩おいて、


かぼココパンCut
硬い、のでトーストして。
かぼちゃの自然の甘みとココナッツ風味がとてもおいしい、のだけれど弾力がありすぎる、、、。
次回は分量を調節、粉少なめ、かぼちゃ少なめで。

野菜のポタージュ(Vegan)

2011年05月23日 19:48

ほうれん草と山芋のポタージュ
517ほうれん草PT
ほうれん草、山芋、だし昆布を少量の塩で茹でる。
味噌、練り白ゴマ、蜂蜜、豆乳を加え煮込む。
ブレンダーでスープ状に。
トッピングにニュートリションイーストを。
シンプルに作りすぎたからか、味に深みがない、、、。
ほうれん草の味がちょっと強めかも。

カリフラワーとさやえんどうのポタージュ
カリフラワえんどうPT
カリフラワー、さやえんどう、にんにく、生姜、出し昆布を塩で茹でる。
白味噌小1、白練りゴマ小1、酒かす大1/2を加え、煮込む。
蜂蜜で味を調え、ブレンダーでスープ状に。
イエローマスタードシード(粉)をトッピング。
酒かすの風味やや強め。そして塩分やや多め。
ちょっともったりし過ぎ?もう少し水分多めでも。

かぼちゃとココナッツのポタージュ
かぽちゃココPT
かぼちゃ、にんにく、生姜、出し昆布を塩で茹でる。
白味噌小1、ココナッツミルク小1を入れ煮込む。
蜂蜜で味を調え、ブレンダーでスープ状に。
黒こしょうと乾燥ココナッツをトッピング。
やや水分多め、か。
かぼちゃとココナッツの組み合わせは最強、だ。うまい~!

ほうれん草とかぼちゃのキッシュ(Vegan)

2011年05月21日 19:16

ほうれん草とかぼちゃのキッシュ
キッシュ中身521 キッシュ中身2521
今回はタルト生地なし、中身だけの試作。
かぼちゃを出し昆布で塩茹でし、やわらかくなったら、
白味噌大1、酒かす小2、練り白ゴマ小1で煮込み、
水分がなくなったら豆乳、豆腐(今回はおぼろ豆腐大2使用)を入れ、全部つぶす。
しょうゆ大1程度で味を調える。
グラタン皿に茹でほうれん草を敷き、↑のキッシュフィリングを流し込む。
トッピングに黒こしょうとオートミール。
トースターで7、8分ほど焼く。

味は濃いめにしたため、やっぱり濃い。もうちょっと白味噌少なめでも。
キッシュの具にするにはちょっとゆるめ?。
豆腐の水分とほうれん草の水分が出てしまって、固まりにくい、、、。
タルト生地の上に流し込むと、生地が水分を吸っていい具合になるのかも。
かぼちゃと酒かすは思っていたよりいい感じ。

次回は、
・水分を切った木綿豆腐多めで、
・ほうれん草の量も多めで、
・玄米or米粉を使う?玄米は使いたくない、な。


最新記事