ラハスのクリーム和え Rajas con Crema

2011年01月31日 10:32

Rajas con Crema(左)
Rojas野菜皿

Rahas値札 Rajasスーパー惣菜
茹でた緑色のチレ(ポブラノ唐辛子?)、玉ねぎを塩、クリームで和えたもの。
今まで食べたケサディーヤワラチェに入っていた緑の野菜。
ノパルかうまい菜(アセルガ)だと思っていたのだけれど、
実はこのRajas con Cremaだったということが、本日発覚。
スーパーの店員さんに「Piante?辛い?」と聞いたら、
「Poquito.少しだけ。」と返ってきたので、安心して買ったら、結構辛い。
けれども、クリームで和えることでマヨネーズ和えのようなまったりしたコクがあっておいしい。
85ペソ/1kg スーパーWalmart内お惣菜コーナー

コンビニのカプチーノ in Mexico City

2011年01月31日 08:51

Kのカプチーノ Cappuccino
Kカプチーノ
砂糖入り。
本当なら砂糖の入っていないカプチーノを飲みたい、のだけれど、
カフェが見つからなかったり、高いコーヒーしか見当たらないときは、
どうしても手軽なコンビニのコーヒーを選んでしまう。
10ペソ Kにて


Seven Elevenのカプチーノモカ Cappuccino Moca
7のカプチーノモカ
チョコレート風味のカプチーノ。
チョコレートの甘さ+砂糖入りで、甘い!のだけれど、
エスプレッソの風味もしっかりあり、
コーヒーとチョコレートの味を一緒に楽しみたい、というときには最適。
10ペソ Seven Elevenにて

Seven Elevenのオリジナルカプチーノ Cappuccino Original
7original capp
甘い、甘い、、、。かなり甘い。
セブンイレブンのオリジナルはシナモン風味。
10ペソ Seven Elevenにて


バニラカプチーノ Vanilla Cappuccino
Arcoirisバニラカプチノ Arcoirisコーヒーマシン
Arcoiris店
フローズンヨーグルトのお店Arcoiris。
コーヒーやその他の飲み物も置いている。
砂糖入りのみのカプチーノしかないのが残念なのだけれど、
エスプレッソが濃くて、マシン系のカプチーノの中ではおいしい。
細い細いストローをさして飲むのがメキシコ流。
10ペソ Arcoiris 


OXXO×Nescafeのシナモンカプチーノ Cappuccino Canela
OxxoNescafeシナモンカプ
OXXOにおいてあるNescafeのシナモンカプチーノ。
砂糖入り。2種類あるうちのシナモンが濃い方を。
以前のOXXOのシナモンカプチーノより、こちらのNescafeの方が断然おいしい。
他のコンビニのものに比べると、甘さ控えめ。
今のところ これが一番おいしいコンビニカプチーノ。
14ペソ OXXO

ケサディーヤ in Mexico City

2011年01月31日 01:17

野菜のクリーム炒めのケサディーヤ
Cityケサディヤ白4 Cityケサディヤ白5
Cityケサディヤ白2 Cityケサディヤ白1
Cityケサディヤ白店
タコスドラドスを食べたくて、それらしいものがある屋台を見つけたのだけれど、
巻かれたトルティーヤには鶏肉入り。
代わりに野菜のケサディーヤをオーダー。
ノパル、玉ねぎなどがクリームソースで煮込まれたものと細かい白いチーズが挟まれている。
カンクンの人気の屋台のワラチェのソースの味と似ていて、とてもおいしい!
サルサは控えめに。
9ペソ 宿近くPuente de Alvarado通り パナデリヤLa artesa手前辺りの屋台


ノパルの黒いケサディーヤ
City黒ケサ2 City黒ケサ3
City黒ケサ店
メキシコシティでは結構見かける 黒トウモロコシを使った黒トルティーヤ。
トルティーヤの種の中にチーズのかたまりを入れ、それをプレスで平べったくしているため、
黒いトルティーヤの中はチーズで白い。
ノパル炒めと白チーズのトッピング。
お客さんが結構入っていたのだけれど、ここのケサディーヤはあまり温かくなくて、
ノパルの味も薄くて、おいしくない。失敗。
11ペソ 宿近くPuente de Alvarado通り パナデリヤLa artesaちょっと向こう側辺りの屋台


きのことチーズのケサディーヤ
コヨアカンきのこケサ コヨアカンきのこケサ2
コヨトスターダスゴースケ 
↑一緒に行ったゴウスケくんの晩ご飯 トスターダス(中身不明)
コヨアカン屋台1近 コヨアカン屋台1
塩・胡椒で炒めたマッシュルームと細かいチーズのケサディーヤ。
ここのトルティーヤは水分が少ないのか、トスターダスのようにパリパリしている。
マッシュルーム炒めはきのこの味がしっかりしていて それなりにおいしいのだけれど
もう少しチーズの量が多ければ、と思う。
ケサディーヤには しっとりしたトルティーヤのほうが好みだ。
15ペソ コヨアカンメルカド近くの屋台にて



かぼちゃの花とチーズのケサディーヤ
コヨ南瓜花ケサ コヨ南瓜花ケサ2
コヨ屋台2近 コヨアカン屋台2メニュー
コヨ屋台2
メキシコの野菜のなかで好きなもののひとつ かぼちゃの花。
かぼちゃの花のケサディーヤを発見!
かぼちゃの花を塩・胡椒で炒めたものとオアハカチーズ。
サルサ・ヴェルデと塩をトッピング。
トルティーヤは油で揚げてあってちょっと油っぽかったのだけれど、
具の味付けがとてもよくて、おいしい。
20ペソ コヨアカンメルカド近くの屋台にて

パナデリヤ in Mexico City

2011年01月30日 23:29

クロワッサン
walmartクロワサン Walmartクロワサン開き
メキシコ・シティでもパン。
日本でよく見るクロワッサンに似ている。
見た目はとても大きな、素敵なクロワッサンなのだけれど、
フライパンで温めても 外はあまりサクッとならないし、中もふんわり度に欠ける。
層が少なくて、きめも粗い。
4.2ペソ スーパーWalmart内パン屋さんにて


クロワッサン
La artesaクロワサン La artesaクロワサン開き
La artesaパン陳列 La artesaクロワサン焼きたて
La artesa店
他のメキシコパンも試してみたい、と思うのだけれど、最近ずっとクロワッサン。
どうしても食べたいものは、やっぱり その時食べたい。
焼きたての、メキシコのクロワッサン。
外はパリッと、中はふんわり。両端はサクサクしている。
メキシコパンのクロワッサンの中では おいしいほうだ、と思う。
アラメダ公園でバニラカプチーノと一緒に。
4ペソ Panaderiya La Artesa Puente de Alvarado通りアラメダ公園向かって左側


バターケーキとナッツのパン
Idealケーキ Idealケーキカット
Ideal nutsパン Idealのナッツパンカット
上:レーズン入りのバターケーキ
下:ナッツのパン
しっとりとしたリキュール入りのようなその見た目に魅かれて選んだバターケーキ。
期待していたよりもしっとりしていなくて、重めの詰まった生地。
周りの生クリームとトッピングのチョコレートは要らないかな、と思う。
ビスケット生地のようなものがトッピングされている大きなナッツのパン。
ふわふわの柔らかいパン生地と上のサクッとした甘いビスケット生地、
香ばしいピーナッツがとてもおいしい。日本でもこんな感じのパンを食べたことがある。
このお店の人気のパンの一つ(だと思われる)。
Idealパンケーキ Ideal人人人
Idealケーキ陳列 Idealパン屋袋 
Idealパン屋
Venustiano Carranza通りを歩いていて 素通りすることができなかった 巨大なパン屋さん。
今まで、33年間生きていて出くわしたパン屋さんのなかで 一番大きい(!)。
デパートのような建物の1階全部が パンとパンを選ぶお客さんで埋め尽くされていて、圧倒される。
100種類以上はあるパン、ケーキ、クッキーの中から、
現地の人は 10個、20個と次々に大きなトレイにのせていく。
パンは 特別うまい!というわけではないけれど、メキシコパン屋の中ではおいしいほうだ、と思う。
値段も他のパナデリヤと変わらない。
ラッピングの袋と紐がとてもかわいらしくて、たくさん買うと箱に入れてラッピングして貰える。
パン各5ペソ Pasteleria Ideal Venustiano Carranza通り(Av.Juarez1筋南)とLuis Moyaの交差点あたり

屋台のタコス in Mexico City

2011年01月30日 02:05

野菜とチーズのタコス Tacos para Vegetariano
Cityタコス屋台ベジー3 Cityタコス屋台ベジー4
Cityタコス屋台ベジー2 Cityタコス屋台ベジー
カンクンで完敗だった 屋台のタコス屋さんでのベジタコス。
ついに、メキシコシティ宿近くのタケリヤで、念願が叶う(!)。
サンクリストバルで一緒だったゴウスケくんに、
肉なしのタコスを出してくれるところがあるよ、と連れて行って貰う。
薄い2枚のトルティーヤの上に、
玉ねぎ、ノパル、マッシュルーム?を炒めて塩味をつけたものとたっぷりのオアハカチーズ。
トッピングにサルサ・ヴェルデ(緑のチレソース)、レモン、塩を。
ここのトルティーヤは12cmくらいとちょっと大きめで、のっている具も多め。
具は以前食べたベジ用ケサディーヤのものと似ているのだけれど、
タコス用の薄いトルティーヤで食べる方がおいしい、と思う。
サルサ・ヴェルデをかけ過ぎて、唇がヒリヒリするくらい辛くなってしまった、、、。
ゴウスケくん、ありがとね。おいしかった!
10ペソ メトロRevolution駅近くのタケリヤ


野菜とチーズのタコス2
野菜タコス肉入り
新しい味を、と別のタコス屋さんにも「お肉なしでできる?」と聞いてみるのだけれど、
ほとんどのタコス屋さんが「No.」の返事。
ということで、やっぱり同じところに戻ってきてしまう。
一つでも、’私が行ける場所’があると、安心するのだ。
2枚重ねの薄いトルティーヤに 玉ねぎとノパルの炒め物にオアハカチーズ。
塩とほんの少しの赤のサルサ(サルサ・デ・チレ・アヒージョ?)をトッピング。
間違って野菜に紛れてお肉が一枚入っていたのだけれど(ごめんなさいね、避けました)、
前より野菜をたくさんのっけてくれて、とてもおいしかった!
店員さんが少しの日本語を話せて、「タマネギ?チーズ?」と説明してくれるので、
分かりやすい笑。
10ペソ




甘いお菓子 in Mexico City

2011年01月28日 13:25

ナッツのパンケーキ Panque de Nuez
oxxo nuts cake Oxxo nuts Cake 開き
oxxo nuts cake色々
コンビニOXXO製品の、ナッツの入ったパンケーキ。
プレーンなパウンドケーキに近く、しっとりとしていて 卵の味が強い。
パッケージされた商品なので、それなりの味。
どこのOXXOにもあって、ドーナツやクロワッサン、マフィンなどもある。
マシンのコーヒーと一緒に買うと ちょっと割引して貰える。
7ペソ メキシコシティOXXOにて


キャラメルソースのチュロス Churros con Cajeta
チュロスはるちゃん2 チュロスはるちゃん
このチュロスは太めで、中に穴が開いていて、
Cajeta(キャラメル)、チョコレート、練乳のどれかを詰めてもらえる。
一緒に出かけたはるちゃんのおやつ。
熱々でうまい!らしい。
8ペソ メキシコシティ アルメダ公園内屋台にて


Kakawate Japones

2011年01月28日 12:46

Nishikawa Japones
Nishikawaカカワテ Nishikawaカカワテ2
Sablitasのナッツを買うつもりだったのだけれど、パッケージにやられてこちらを購入。
他のこの類のナッツはアミノ酸系のスパイスが含まれているのに対して、
これはピーナッツ、小麦粉、しょうゆのみ。
Japones系では これが一番日本の味に近く、一番おいしい。
7.5ペソ OXXOにて



ペンション・アミーゴ Pension Amigo / Mexico City

2011年01月28日 12:03

メキシコ・シティの日本人宿
Metro2号線Revolution駅から徒歩5分程度

女性用ドミトリー3人部屋 1泊80ペソ、2日目以降70ペソ(500円程度)

Amigo部屋ドア Amigoベッド2
Amigoトイレシャワ Amigo中庭
Amigoキッチン Amigoダイニング
Amigo階段 Amigo屋上
Amigo洗濯 Amigo空 

・鍵デポジット50ペソ
・ホットシャワー、トイレ(トイレットペーパーなし)
・キッチン、冷蔵庫あり
・近所にスーパーWalmart、コンビニOXXOあり
・洗濯手洗い可能
・Wifiフリー(レスポンス遅め)
・横に警察署あり
・長期滞在者多数

友達Tinoの家には行かず、バスターミナル・空港に近いAmigoへ。
40人ほどは泊まれるであろう、今までで一番大きな宿。
ギターを弾いている人がいたり、ボールで遊んでいる人がいたり、
学校に通っている人がいたり、それぞれが自由に過ごしていて なんだか、学校の寮にいるような感じ。
中庭があるのだけれど、日差しが悪く昼間でも寒い。
落ちそうなほど急な細い階段を上がり 屋上に登ると、
太陽の光が近くて 暑いくらいだ。
私はここの屋上とキッチン、ダイニングが結構好きだ。

シャーマン イネスのご飯

2011年01月28日 09:41

カフェオレ Cafe con leche
イネスのCoffee
イネスの家に到着して、セレモニーの前に頂いたカフェオレ。
薄めの砂糖入りの甘いコーヒーにミルク入り。
おいしいものではないのだけれど、空腹時に頂く暖かいカフェオレは おいしく感じた。


カフェオレとパン Cafe con leche y Pan(手前)
イネスのPan y coffee
セレモニーが終わりに近づいてきた頃、
イネスが場を離れ、台所から暖かいカフェオレとパンを持ってきてくれた。
食事については、事前に何を食べたいか聞いてくれた。
あまり見かけないパンだったので、「特別なパンなの?」と聞くと、
オアハカパンだよ(オアハカで作られたパンのため)、と笑っていた。
カフェオレは薄くて、パンもパサパサしていてお世辞にもおいしい、とは言えないのだけれど、
4時間ほどのセレモニーの後で お腹ぺこぺこだったため、
とてもおいしく感じ、ありがたいと思った。

シャーマンの儀式

2011年01月28日 08:27

シャーマンのセレモニーは 午後6時から。
セレモニーまでの間 食べ物を制限され、
さらに1時間前には、水しかとってはいけないよ、と伝えられる。

6時前、セレモニーの始まる少し前、
イネスが 刺繍の施された布や民族衣装を見せてくれた。
彼女が日々 一針一針 丁寧に縫い上げたもの。
彼女はそれらを知り合いに託して オアハカで売っているよ、と言った。
イネスがそれらを私に買って欲しそうな顔をしているように見受けられたのだけれど、
これ以上荷物を増やしたくなかったので 買うのはやめた。

イネス刺繍束 イネス刺繍紫
イネス刺繍きのこ イネス刺繍ライン

午後6時、イネスがキャンドルを持って 祭壇のあるドミトリーに戻ってくる。
セレモニーが始まる様子だ。
思っていたよりも 正式な感じではない。
イネスが何やら言葉を唱え、よく分からないまま進んでいく。

いよいよ きのこ、だ。
大きな葉っぱの上にのせられた 5本ほどの小さな幻覚作用のあるきのこ。

シャーマンたちは 幻覚作用のある植物を使って、
人間が普段見ることのできない 別の世界の何かを見せることで、
その人が 今まで気づかなかったことや 心の奥底に眠っていた記憶を思い起こさせるという。

それまで 幻覚作用のあるものを摂取したことのない私は、
きのこを使う、ということには全く興味がなかったのだけれど、
シャーマンのセレモニーがどんなものか、彼らにどんなことができるのだろうか、と期待しながら 
手渡されたきのこをゆっくりと口に運ぶ。
マッシュルームをそのまま食べたときのような、それよりももう少しだけ芳香のある味がした。
一本一本 丁寧に噛んで 飲み込んだ。
すぐには 何も変わらない。
イネスは、数十分ほどするとヴィジョンが見えてくるよ、と言って スペイン語の歌を歌い始めた。
目を塞いで じっと待つ。
何十分経ったのだろうか。それほど大きな変化は見られない。
強いて言えば 目の前が少しぼんやりする感じだ。思考回路は極めてクリアだ。
きのこの本数が足りないのだろうか。
歌い続けるイネスに あまり変わらないよ、と伝え、さらに1本きのこを食べる。
何も思い出さない、感情も乱れない、ただ目の前のキャンドルの光を温かいと感じる。
そして、ただただ 時間は過ぎていく。

イネスきのこ 儀式光

彼女は 粉のようなものを 私の額と腹部に擦り付け、
そのあと、葉っぱの束で 何か悪いものを払い落とすかのように 頭から体全体を撫でていく。
そして、その葉っぱを丸めて地面に放り投げ、彼女は再び歌い始めた。

それまで歌い続けていたイネスが私に、日本の歌を歌ってくれないか、と言った。
いつもこの質問をされると、何を歌えばいいのかとても悩む。
日本の歌。
少しの間考えて 口から出たのは’島歌’だった。
沖縄の歌。
それほどなじみがあるわけでもないのだけれど、私は沖縄の音階、沖縄の歌がとても好きだ。
そして、歌うことがとても好きだ。
すべてのエネルギーを ’歌うこと’に集中させることで、
私は この上なく 幸せな気分になった。
そのとき 私の頭の中は空っぽで、
感情だったり、私が持っているすべてのものを歌にして表現することで、歌にして外に放出することで、
目の前にあるものと 私の間にある境界線が なくなった気がした。

その後も イネスの歌は続く。
結局、さらにもう1本きのこを追加したのだけれど、その時点で頭はクリアになり過ぎた。
もう、これ以上 幻覚を期待することはできないな、と思う。

セレモニーの最後のほうに、
目の前にある炭の上に、とコパルというメキシコのお香の塊を手渡される。
私がコパルを炭の上に落とすと、それは大きな炎を上げて燃え始めた。
彼女は私に、’これからのこと’を尋ね、私は 自分の夢を語った。
彼女はその炎を見て 私に、’すべてはうまくいくよ、’と言った。
そのオレンジ色に燃え上がる炎を見て 私は、自分の夢が叶うことを確信する。
その炎を見ていると 私の前にある道はクリアで、自分でも驚くほど これからの自分に自信が持てた。

あっという間に、4時間が過ぎていた。
私が期待していた、’私の魂の記憶’を呼び起こすことはできなかったけれど、
それでも、’自分のこれからのこと’に確信を持てたことで、救われた。
温かい気持ちになった。

イネスの師、伝説のシャーマン、マリア・サビーナのような力が彼女にあるのかどうかは分からないけれど、
私は彼女のセレモニーを受けてよかったと思う。
そして、もう少しそこに滞在したい、と思わせるくらい、
ウアウトラは とても魅力的な村だと思った。

’きのこ’に注目されがちなウアウトラ。
もし、幻覚を起こすということが 私がきのこを食べたあとに経験したような感覚のものであるならば、
トリップするためだけに使用されるドラッグと呼ばれる類のものは 私には必要ない、と感じる。
私は 頭をクリアにした常態で 周りにあるすべてのものを感じたい。
そして、私には’心地いい音’があれば それができるのだ、と思う。

ウアウトラへ

2011年01月28日 07:53

ウアウトラ・デ・ヒメネス。
そこには イネスというシャーマンが住んでいる。

メキシコに来る前、私はシャーマニズムに興味を持った。
ロシアのアルタイ、日本の沖縄、ペルーのアマゾン、そしてメキシコのウアウトラ。
世界の各地では 大昔から、体の病気や 心の病気を 
植物の力を使ったり、人間の特殊な力で それらを取り除く風習があり、
今でもなお、世界のどこかでは そういった自然の力に基づいた治療を施している場所がある。

私は ふとした瞬間に、
私が生まれる前に 私の魂を持っていたのはどんな人なのだろうか、と思うときがある。
生まれる前の記憶、生まれて間もない頃の 思い出そうとしても思い出せない記憶。
そういったものを、もしかすると このシャーマンによって取り戻すことができるのではないか、と思った。

一度目のオアハカ。
街は毎日毎日 「死者の日」の祭りで賑わっていて、
そのお祭り騒ぎに便乗し 日々その雰囲気を楽しんでいた私は、
9日間のオアハカ滞在中、ウアウトラがオアハカからバスで6時間ほどのところにあるということ以外、
有力な情報を得ることができなかった。
今は シャーマンに会うタイミングではないんだ、と諦めて、結局 次の町サンクリストバルへと向かう。
今回の旅では この計画は果たせなかったんだ、と完全に諦めていたのだけれど、
私の旅の計画は狂いに狂い、再びオアハカに向えるかもしれない という兆しが見えてきた。

サンクリストバルからオアハカまで11時間。
早朝のオアハカ、予定より早めの5時半頃にバスターミナルに到着する。
少し明るくなるのを待って、歩いてウアウトラ行きのミニバンの停留所まで向かう。
前回宿泊した宿、Luz de Lunaの横を通り過ぎる。
もう一度ここに泊まりたいという気持ちはあったのだけれど、
今回は もう、ここには戻ってこないだろうな、と感じる。

7時半、15人乗り程度の小さなミニバンは ウアウトラに向けて出発。
傾斜の多い山道をガタゴト揺られながら、6時間ほどで 強い日差しの照りつける、土っぽい村ウアウトラに到着。
今まで訪れた中で 一番小さい村なのではないか、という印象を受ける。

ウアウトラ村1 ウアウトラ村3
ウアウトラ村旗 ウアウトラ村2 


ウアウトラについての情報をほとんど持っていなかった私は、
ミニバンの停留所前に停まっていたタクシーで シャーマン・イネスの家まで送って貰う。
イネスが家にいないという可能性もあったのだけれど、
タクシーの運転手がイネスの家のドアをノックすると、40代後半と思われるおばさんが顔を出した。
彼女がイネスだった。

ほとんど言葉を理解できない私は、彼女のセレモニーを受けたいということ、
明日にはメキシコシティに向かうつもりだということを伝える。
サンクリストバルからウアウトラまでの長距離移動で疲れているのではないか、
ということを心配してくれたのだけれど、到着その日にセレモニーを行うことを了解してくれた。

次の日の早朝出発ために、彼女の家からメキシコシティ行きのバス停への行き方をたずねると、
彼女はわざわざバス停の近くまで 歩いて案内してくれた。
途中、彼女の知り合いに出くわし、その知り合いのおばさんの家に立ち寄ったり、
メルカドの顔見知りのお店に立ち寄って 野菜やお肉を買う姿を見て、
それまで ’シャーマン’であるというだけで なんだか遠い存在だと思っていたのだけれど、
彼女は、私たちと変わりのない 一人の人間であり、一人のお母さんなのだ、と思う。

イネス友玄関2 イネス友鳥小屋
イネス友植物 ウアウトラCafe看板

Casa de Ines / Huautla de Jimenez

2011年01月28日 07:44

シャーマンのセレモニーを受けるため訪れた村ウアウトラ。
オアハカよりミニバンで山道を6時間。

セレモニー代 1000ペソ(宿泊代、食事込み)
宿代のみ 40ペソ

イネスベッド イネスキッチン
イネスリビング イネス家中空間
イネス屋上 イネス屋上から

・祭壇のある地下と 3階に宿泊できるドミトリーがある
・シャワー(屋上の貯め水を使用)
・食事 セレモニーの直前は食事禁止。セレモニー後、朝食に何かしら頂ける。
・英語不可

Ines Cortes Rodriguez
Av.Francisco I Madero No.8
Huautla de Jimenez, Oaxaca
オアハカ→ウアウトラのミニバスターミナル前のタクシーでイネス宅まで20ペソ。

ウアウトラ→オアハカ(ミニバン)120ペソ
ウアウトラ→メキシコ・シティ(2等バスAU)222ペソ

サバイバルなトルタ

2011年01月28日 07:13

レタスのトルタ
ウアウトラトルタ ウアウトラ休憩所
オアハカのウアウトラ行きミニバンの停留所前道売りで買ったごまパンに、
サンクリストバルから持ってきていたレタスを挟み、
マヨネーズとケチャップをかける。
(↑CasaKasaキッチンにあったドミノピザのものと思われるものを拝借いたしました。)
ウアウトラ行きの途中休憩でトルタをつくり、ミニバンの中で食べる。
メキシコのバスは、メキシコ人に合わせたご飯時間に休憩が入るので困る。
パン3ペソ

行ってきます

2011年01月28日 06:56

3日ほど滞在したらオアハカに向かうつもりだった 3度目のサンクリストバル。
知らない間に 3週間近くも過ぎていた。

珍しく、次に向かおう という直感が湧かなくて、
かと言って 無理に動くのも 無駄なエネルギーを使ってしまう、と
ゆっくり 好きなことをして 贅沢な日々を送っていたのだけれど、
いよいよ、私の体は 自然とバスターミナルの方向に向いていた。
24日、夕方発のオアハカ行き。
バスのチケットを購入する。

3週間ぶりの移動は なんだか少し緊張する。
明日で最後だ、と思うと これだけ長く滞在していたにもかかわらず、
あのお店に行っておけばよかった、だとか、
あれを食べておけばよかった、だとか、
急に 後回しにしていたことが、頭に浮かんでくるのだ。

自分自身のこれからのことについて 深く考えてみたり、
同じ部屋で過ごしたニカラグアのくらちゃんと 深く話し合ったり、
宿に滞在していたみんなと ダハブゲームで盛り上がったり、つまらないことで笑いあったり、
ひでさん、かなさんから 料理や物づくりのインスピレーションを受けたり、
イジョからは 天真爛漫なパワフルなエネルギーを貰ったり、
町の人々からは 道ですれ違うたび たくさんの笑顔を貰ったり。
私は、この町が CasaKasaという宿が、本当に好きなのだと思う。

いよいよ、次の町 オアハカ、ウアウトラへ。

ここサンクリストバルで出会ったみんな、楽しい時間を本当にどうもありがとう。
そして、また いつかどこかで。

ホットチョコレート Chocoleto san cristbal

2011年01月28日 06:53

ホットチョコレート semi amargo
茶色のチョコレート屋 茶色チョコ屋マフィン
茶色チョコ屋席 茶色チョコ屋デコ
茶色チョコ屋看板
エントランスの看板が’チョコレート’らしくて、とても気になっていた
サント・ドミンゴ横にあるチョコレート屋さんChocoleto。
値段が高いので行かずじまいだったけれど、サンクリ最後の日に。
いつも横を通るたび店内をちらっと覗くのだけれど、あまりお客さんは入っていない様子。
店内の空間をもう少し居心地のいいものにすればいいのに、と思う。
Semi Amargoの甘さ控えめを選択。
甘さ控えめな、上品な風味はいいのだけれど、
ミルクが多いからか 甘さ控えめのココアを飲んでいる感じ。
私はKakao Naturaの方が好きだ。
26ペソ Chocoleto サント・ドミンゴ横(CasaKasa側)

カプチーノ El tostador san cristbal

2011年01月28日 03:56

カプチーノ
El tostadorカプチーノ El tostador売り豆
El tostadorcafe 豆 El tostadorcafe看板
最後の日、いつもと違うコーヒーをとちょっと高めのEl Tostadorで
カプチーノを。
カフェスペースもあるけれど、テーブル席の雰囲気があまり好きではない。
エスプレッソが薄めなのか、牛乳が多めなのか、ちょっと薄め。
値段から言うとCafe Yikでも十分おいしい。
チアパス産のコーヒー、チョコレートも売っている。
20ペソ Cafe Tostadorサンクリストバルソカロ近くにて


全粒粉ココナッツマフィン
ココマフィン最後 ココマフィン最後開き
フランスパン屋、Horno Magico、Francesaともにお休みで、
Madre Tierraへ。前回おいしかったマフィンを再び。
今回は焼きたてではなく冷めていたけれど、それでも外はかりっと中はふんわりでおいしい。
El Tostadorカプチーノと一緒に。日差しのいいソカロにて。
7ペソ Madre Tierra

カフェオレボウル

2011年01月25日 15:46

カフェオレ Cafe con leche
カフェオレボウルがいい
いつもはマグカップに入れて飲んでいる カフェオレ。
すべてのカップが出払っていたため、カフェオレボウルのような器に入れて飲んでみる。
カフェオレは、両手で器を持ちながら こんな風に飲んだほうがおいしい、と思う。
ちょっと口の広がったボウルは 結構飲みやすい。

チャバッタサンド

2011年01月25日 05:20

チャバッタのマンゴドレッシング野菜サンド
チャパタサンド チャパタサンド開き
イタリア産まれの硬めのパン、チャバッタを使った 野菜のサンドイッチ。
パンをフライパンで温め、
クリームチーズ、塩、胡椒、しょうゆで薄めに味付けしたレタス、
スライストマトに先日作ったマンゴドレッシングを。
今日のオアハカへのバス移動用。
チャバッタは外が硬すぎて、カチカチ音がするくらい硬すぎて、
サンドイッチ向けではないな、と思う。
残り物のドレッシングを使ったため 量が少なめ。
もう少し多めに、たっぷりかけたほうがマンゴの風味がいかされると思う。
ビネガーをもう少し効かせてもいいかも。
クリームチーズと水分を含んだパンが、少しツナクリームの風味がする。

チャバッタ
チャパタ

Pan saldableパン Pan saldableスーパーパン屋
サンクリストバルに何件かある りすのマークのスーパーEl Mayoreoの中にあるメキシコパン屋。
サンクリストバル最後の晩ご飯に、とフランスパン屋Horno Magico、Francesaを覗いてみたけれど、
どちらも閉まっていたため、メキシコパンで移動用の晩ご飯を作る。
3ペソ

マンゴドレッシング・マンゴジャム

2011年01月23日 01:16

マンゴジャム
マンゴジャム
マンゴとマンダリンでジャムを作る。
マンゴすり潰し1/2個分、マンダリン汁(みかん)1/2個分、生姜すりおろし小1、砂糖大2、水少々を煮込む。
マンダリンの代わりにレモンを入れた方が 酸味が効いて風味がいいかも。


マンゴドレッシング
マンゴドレ
マンゴピューレ(マンゴを漉し器で漉す)を使ったドレッシングを。
マンゴピューレ1/2個分、マンダリン汁2房分(レモン汁でも)、オイル(何でも)大1弱、
酢大1強、塩ひとつまみ、黒胡椒少々、しょうゆ少々を混ぜる。
トマトピューレを加えてもおいしそう。


マンゴジャム、マンゴドレ
右:クリームチーズ+マンゴジャム
左:クリームチーズ+マンゴドレッシング
トーストしたマルチグレインブレッドと胡桃レーズンブレッドの上に、
たっぷりのクリームチーズとそれぞれマンゴジャム、ドレッシングを。
クリームチーズとマンゴの相性はとてもいい。
ドレッシングはそのままサラダにかけてナッツやシードをトッピングしたり、
パスタサラダにマヨネーズと和えてもおいしそう。
日本では高くて手の出せないマンゴ。
安く手に入るメキシコで挑戦。
黄色いペリカンマンゴだと味が変わってくるかも。

Casa Kasaオーナーの道草カフェランチ

2011年01月22日 12:13

CasaKasaオーナー夫妻 ひでさん、かなさんが帰国後にオープン予定の自然農カフェ「道草カフェ」。
彼らは ここメキシコで、道草カフェの日替わりランチを試作中だ。

道草屋・・・グァテマラ、メキシコ布を使った素敵なリメイク雑貨・衣類・アクセサリーなど販売中!
       本当にかわいい!


本日の道草ランチ
道草ランチ 道草屋ランチおしながき
<メニュー>
・かぼちゃの種の天然酵母パン
・マスタードシードのたらこ風
・ジャガイモとピーナッツのポタージュ
・ジャガイモとひじきとレンズ豆のレモンマリネ
・大豆ナゲットのりんごソース和え
・水菜と人参のサラダ アボカドとリマのドレッシング
・ラズベリータルト

-------------------------------------------------------------------------------
ジャガイモとピーナッツのポタージュ
じゃがいもスープ 
ジャガイモベースのポタージュ。
みじん切りの玉ねぎと砕いたピーナッツがとてもいい風味。
乳製品が入っていないのに、とてもクリーミーでおいしい。
すべての具をブレンダーで液状にする方法もありだな、と思う。


右:かぼちゃの種の天然酵母パン と マスタードシードのたらこ風バター添え
左:ジャガイモとひじきとレンズ豆のレモンマリネ
シードペースト
朝焼きあがった天然酵母パン。
普段私はトーストされたパンを好むのだけれど、
焼きあがって時間があまりたっていないからか 外はパリッと中はふんわり、
ひまわりの種の食感もとてもよく、このままでもとてもおいしい。絶品!
このパンに、マスタードシードのたらこ風(見た目がたらこに似ているため)とバターを添えていただく。
マスタードシードは豆板醤、しょうゆなどで味付けされていて、その風味とプチプチした食感がとてもおいしい!
アジア風の味付けなのに、バターと一緒にいただくことでとてもおしゃれな洋風ペーストに。
瓶詰めがあったら買いたいくらい とてもおいしい。
久しぶりにいただくひじき。和の食材が、マリネーゼすることで こちらも洋風に。
お酢の代わりにレモン汁が使われているので優しい風味。


右:水菜と人参のサラダ アボカドとリマのドレッシング
左:大豆ナゲットのりんごソース和え
アボドレみずなサラダ
道草農園(CasaKasa中庭の畑)のものと思われる水菜と茹でた人参のサラダ。
リマという柑橘系フルーツジュース(味はほとんどない)とペースト状にされたアボカドのドレッシング和え。
トッピングには直径1cmくらいのミニミニトマト’トマティート’。
アボカドのドレッシングがとてもおいしい。
茹でた大豆を潰してコロッケ風ナゲットに。
カラッと揚げられた衣に、しっかり味付けされた大豆がホクホクしてとてもおいしい。
りんごとシナモン、生姜、砂糖で煮詰められたりんごソースをかけていただくのは とても斬新。


ラズベリータルト
ラズベリータルト ラズベリータルトカット
ラズベリーとピーナッツをふんだんに使ったタルト。
ひでさんのタルト生地は本当においしい!
甘さ控えめでシンプル。
普段甘酸っぱいベリー系を食べない私は、もう少し甘めでもいいかなと思う。
フィリングにカスタードを詰めたり、アクセントにピンクペッパーを加えてもおもしろいかな、と思う。


今回、モニターとして こんなに素敵な菜食ランチを振舞ってくださったことに感謝。
日本でも こんな風に菜食のランチを食べた事がなく、
その料理の発想に 一品一品 とても感心しながらいただく。

ひでさん、かなさん。辛口の感想ですみません。私自身もとても勉強になりました。
本当においしかった!(天然酵母パン、たらこ風ペースト、ポタージュは絶品でした。)
手間ひまかけて作って下さった料理、ごちそうさまでした、ありがとう。


最新記事