ありがとう Thank you

2010年03月31日 21:17

33歳。
また1つ、年をとった。

私にとって 誕生日とは、私自身を祝う日ではなく、
両親に感謝する日 だと思っている。

「生まれる」ということは、受け身ではあるけれども、
人は 自分の意思で 両親をえらび、この世に生まれてくるのだと思う。

そんな私の意志を受け入れてくれて、ありがとう。
お父さん、お母さん。

遠く離れていても、母は毎年カードを送ってくれる。
そして私は 「産んでくれて ありがとう」 とメールを送った。

プレゼント

職場でいただいたサプライズの花束、そして数々のプレゼント。
ありがとう、みんな!

--------------------------------------------------------------------

33 years old.
I had a birthday today, and I got old.

Birthday is not a day to selebrate myself,
it's a day to thank for my mom and dad,
I think.

'To be born' is not an action which we can do ourselves,
but I think people were born with thier choices and with thier minds.

Thank you for my mom and dad,
to accept my choice which I've decided to be your child.

My mom always sends me a birthday card,
even if I stay somewhere faraway.
And I said to her by email 'thank you for having me.'

I receiced beautiful flowers and gifts at work.
Thank you so much.

トンネル / 天川村

2010年03月24日 23:03

暗く長いトンネルの先に 小さな光が見えると、
人は 今自分のすすんでいる道は正しい、と安心感をおぼえる。

その 暗く長く続くその先に いつまでたっても光が見つからないと、
それは 人を不安にさせる。

今日、奈良天川村に行く途中のトンネルの中で そんなことを思った。

霧 
鍾乳洞上から

面不動鍾乳洞
鍾乳洞3 
鍾乳洞
鍾乳洞2



旅立ち

2010年03月24日 21:46

4月からイギリスに飛び立つ、仕事場の友達の送別会。
本人は、「送別会なんていうと、大げさすぎて緊張してしまう、、、」と笑っていたけれど。

彼女とはいろいろ深い話もしたし、馬鹿なことも言いあって 笑いあった。

知らないもの同士が、ある時、ある場所で、出会って そしてまた別れていく。

なっちゃん会

それぞれが作って持ち寄った、手作りの料理。
それぞれの気持ちが込められていて、本当においしかった。

自分が働いていた場所で、こんな風に 思い出話を語りながら、
’行ってらっしゃい’と見送られるのは とても幸せなことだと思う。

なつみちゃん、行ってらっしゃい。
本当の自分、なりたい自分は、いつか見つかるよ。

母なる湖 / 比叡山

2010年03月22日 23:29

久しぶりに比叡山へ。

ちょうど1年ほど前、妹と滋賀の阪本からケーブルでのぼった事を思い出す。
その時まだ1月で、雪が土手の脇に残っていた。

今回は、2年ぶりに再会したスウェーデンからの友達Martinと、京都出町柳から山頂へ。
幸運なことに、冬の間閉鎖されていたケーブルが、ちょうど前日から再開とのこと。

martin やちべ

叡山電鉄八瀬からケーブルに乗り、さらにロープウェイへと乗り継ぐ。

京阪絵電車 えいでん
叡山ケーブル ロープウェイ

ゆっくりとギシギシと音を立てながら動く、ローカルな電車や乗り物を目の前にすると
とても興奮する。

ケーブルから2 ケーブルから
山から琵琶湖 山の空

3月半ば、山頂はまだまだ肌寒い。
透き通る空気、そして、そこにある大なる自然。
山頂から見た市街地は、なにか偽物のようで、ミニチュア模型を見ている様だった。

思い Thought

2010年03月21日 22:46

私には行くべき場所がある。
出会うべき人がいる。

私を影で支えてくれている家族、親友、そしてこれまでに出会ったたくさんの人々、
ありがとう。

もうすぐ、私の新たな旅がはじまる。
次のステップにすすむために。

逗子海岸トンネルA 鴨川foot


日々の記録と日々の記憶。

そばにいなくても、私は地上のどこかにいて、そして繋がっている。

そのことを 大切なひとに伝えるために。


There are places where I need to go.
There are people who I need to meet.

Thank you for my mom, dad, sister,friends and people who I've met.
My new journey is starting soon, to step to the next.

Notes of common days, memories of normal days.

I am always somewhere on the earth and I've been connecting with you even if I'm not beside you.
The journey will be the proof of this.


最新記事