ME ME ME / カフェ 京都・丸太町

2017年10月09日 22:38

カフェ・モカ
109mememe.jpg
チョコレートのカフェ・ラテを。
美しいカップに、美しいラテアート。
ぐるぐる混ぜてしまうのが、惜しいくらい。
ホイップミルクが、とても滑らか。
チョコレートは甘過ぎず。
いつまでたっても、クリーミー。
550円

mememescorn2.jpg
オーナーのお母様手作りの、スコーン。
バターたっぷりで、美味しそう!
お土産、に。
300円

東京からやってきた、
素敵なカフェ、MeMeMe。
アメリカン、なんだけれども、
ゴチャゴチャっとした印象がなく、
とってもスマート。
JAZZのレコードと、自由な空気。
ポートランドって こんな感じなんだろうか!
気になるのはやっぱり、パンディッシュ。
フレンチトーストに、オープンサンド。
次回は、是非 パンと珈琲!
109mememe2.jpg 109mememe3.jpg
Me Me Me
河原町丸太町から10分くらい

1010bag.jpg
実家で見つけた、
15年以上も前に作った 帆布のトート。
持ち手一本の、斜め掛け。
昔と今では 好みが違う。
リメイク、しよう。
カフェ・モカを頂きながら、
クラッシックなJAZZを聴きながら、
縫い仕事に、精を出す。
ああ、完成!

AUX BACCHANALES京都 / ブラッスリー・カフェ 京都・四条

2017年09月24日 22:16

ショコラ・ショー
924auxb2.jpg
秋の気配を感じると、
飲みたくなるのは ホット・チョコレート。
あまり濃厚ではないけれど、
でも ココアほど薄くはない、
まったりした、ちょうどいい甘さの、
オー・バカナルの ホット・チョコレート。
650円

自分の住む街で、
カフェに出向いて 時間を過ごすことも、
ほとんど、なくなってしまった。

友達と会う約束をして、
どこにしようか、って考えて、
行きたい、って思ったのは、
この、フランスのカフェテリア。
とても好きな、お店。

このテラス席が、
青空を見上げられる 本当のテラスなら、
もっといいのに!

924auxb.jpg
オー・バカナル京都
ココン烏丸1F

Paris-h / パン屋 大阪・中ノ島

2017年09月23日 23:29

パン・デ・ポート
923ph.jpg 923ph2.jpg
古代小麦(スペルト小麦)100%、
とても大きな、ハードパン。
じっくり焼き込まれた、メイラードの深みのある香り。
そのままで、
皮やや乾いた感じあり(焼き込みのせい?)、
炭火で焼いたような香ばしさと、苦みあり。
中しっとり、高加水のしっとりさ。
しっとりしているんだけれど、ボソッとする感じもあり。
デジデのデザミ、ルルットのパンにも似た、あの感じ。
どんな工程をとれば、この生地感になるんだろう?
粉の特性なのかな、何だろう?
酸味はまったく、なし。
うまみも控えめ、
噛み締めるほどに、粉の風味と粉の甘み。
セモリナ粉にも似た、甘い風味。
(ホットケーキの生地のような、粉の甘み)
スペルト小麦も、産地によって風味が全然違う。
全粒の粒々は入っていないから、石臼挽きかな、
深みのある風味、フランスの粉の味。
トーストすると、
皮ガリっと、中しっとりもっちり。
粉の風味と甘みが強くて、うまみは控えめ。
焼いた方が もっちり瑞々しさが増す。
そのままでいただくより、
ハチミツとバターを合わせたい。
(甘酸っぱいジャムを合わせたいけれど、
 まだ、好みのものが見つからない。)
オープンサンドにすると、美味しいだろう!
1カット 380円くらい

2度目の パリ・アッシュ。
とても、カラフル。
ピンクに、緑に、黄色に、黒色。
ナッツにドライフルーツ、チーズにオリーブ。
具材がぎっしり詰まった、小さめのハード系がずらっと並ぶ。
もっちり、そしてムッチリな見ための印象。
大きく焼かれたパンは、少なめ。
(きっと、売り切れていたに違いない、、、)
いつか、あのシンプルな フランスパンのバターサンドを!

923ph3.jpg
パリ・アッシュ
渡辺橋駅から5分くらい
ダイビル1F

Le Sucre Coeur 北新地 / パン・カフェ 大阪・北新地

2017年09月23日 23:22

バタール、ヴィシソワーズ
923sucure9.jpg 923sucre10.jpg
シンプルなフランスパン、バタールと、
期間限定のヴィシソワーズ。
オーブンで軽くリベイクされた、バタール。
皮バリっと、弾きもあり。
中しっとり、柔らかで、瑞々しい。
皮じわじわとうまみ、長時間発酵の熟成の風味。
そのあと、噛むほどに粉の甘み。
酸味は、まったくなし。
やや重め、灰分高めの深い味。
うまみの強い生地(ラミジャンほど強くはない)、
それだけで、美味しい。
ワインやスープに、合いそうだ!
じゃが芋と玉葱の冷製スープ、ビシソワーズ。
茹でて潰したじゃが芋と、擦り下ろした玉葱(火は通していないと思われる)、
漉さないで、やや食感の残るテクスチャー。
生クリームと牛乳(?)の、フレッシュでミルキーな風味。
さっぱりしているけれど、野菜の甘み、うまみと乳製品のコク。
トッピングのオリーブオイルも、まろやかで風味いい。
素材、そのものの味。
丁寧に手作りされた味、美味しい!
スープ480円

パン・グロ・ラミジャン
923sucre.jpg 923sucre2.jpg
2度目の、ラミジャン。
うっとりする焼き色の、大きな大きなハードパン。
濃い風味の粉、ライ麦(多分)と酵母と水、塩で焼き上げられた、パン。
皮しっとり、噛んだ瞬間に広がる 香ばしさと酸味とうまみ。
中しっとり、もっちり、高加水のほろっとする口溶けのよさ。
前回いただいたものより、酸味強め。
酸味とうまみと、苦みのバランス、とてもいい。
(Rose Bakeryのカンパーニュの風味にも似ている)
熟成された粉の風味、酵母の風味、とても美味しい。
焼き直して、皮ザクザクっと、中しっとりもっちり。
深みのある熟成の、うまみ。
(ほんとうに、酵母の力ってすごいなあ!)
そのままで おいしい、
バターとハチミツを合わせても、とても風味いい。
1/4 380円

バタール
923sucre3.jpg 923sucre4.jpg
バゲットと同じ生地、中身が多めのバタールを。
灰分高めの粉、まずうまみ。
そのあと、じわじわと粉の甘み。
白い粉の甘みとはまた違う、深みのある甘さ。
そのままで、
皮柔らか、中しっとり柔らか口溶けがいい。
高加水の、解けるような食感。
もっちりムッチリしないのは、何故だろう?
リベイクした 香ばしい風味も美味しいけれど、
そのままいただく方が 粉の風味がダイレクトで好き。
1/2 340円

前回いただいたフレンチトーストは、バタール使用。
こんなにうまみの強いパン生地だったなんて、思わなかった!
うまみが強いパン生地は、
(特に、カンパーニュのような風味の強いパンは)
フレンチトーストには向かないって思っていたけれど、
シュクレクールのフランスパンは、
フレンチトーストにしても、合うなあ!
酸味がないからかも、しれないなあ。

キッシュ・オ・シャンピニョン
923sucre5.jpg 923sucre6.jpg
秋の、キッシュ。
4種のきのこ、ゴルゴンゾーラ、クルミ入り。
マッシュルーム、エリンギ、舞茸、シメジが、ぎっしり。
まろやかでクリーミーなアパレイユに、
ソテーされたキノコの、深みとうまみのある味わい。
(オイルでソテーすると、とても風味いい。)
ゴルゴンゾーラの強めの塩気、熟成のうまみがアクセント。
クルミのクランチーな食感と香ばしさも、面白い。
焼き直すと、外のパイ生地サクサク、中はしっとり。
バターのミルキーな甘み、とても風味いい。
もうちょっとアパレイユが多い方が、
クリーミーさを満喫できて、好き。
前回の夏野菜のキッシュより、こちらの方が深みがあって好き。
(きっと、ゴルゴンゾーラの深みだ)
実りの秋、の味!
590円

都会の中の 緑は、いいなあ。
923sucre7.jpg 923sucre11.jpg
ル・シュクレクール北新地
淀屋橋駅から10分くらい

Ameen's Oven パン・カフェ / 兵庫・夙川

2017年09月18日 22:46

モーニングセット
917ameen2.jpg 917ameen3.jpg
イングリッシュマフィン(プレーンor全粒)、
サラダ、ソルト&オリーブオイル、飲み物のセット。
11時半までの、モーニング。
モーニングのメニューは3種類、
(トースト、イングリッシュマフィン、ベーグルだったかな)
迷うことなく、イングリッシュマフィンのセットを。
ずっとずっと頂きたかった、プレーンのマフィン。
何だかタイミングが悪く、逃してばっかり。
ああ、やっと!
朝焼き立ての、ホカホカな白いマフィン。
皮弾きあり、コーングリッツの香ばしい風味。
中もっちりしっとり、柔らかいけど噛み応え。
国産の粉の、やさしい風味。
粉の風味かな、お米のようなもっちりな甘み。
セモリナ粉の甘みにも似ている、と思う。
(コーンフラワーの風味かもしれない)
少し冷めてしまうと硬くなるから、
焼き直したてを、アツアツのうちに。
サラダは、レタスと水菜とミニトマト(オーガニックだったかな?)。
トッピングされたフレンチドレッシングも、美味しい。
カフェラテが、濃くて美味しい。
(しっかり焼き直した方が、皮かりっとして食感がいい。
ザクザクっと、ほんわりもっちり。
バターとハチミツを合わせると、とても美味しい。)
セット550円

大好きな、アミーンズのテラス席。
揃っていない、テーブルや椅子の感じも、
とても 好き。
緑に囲まれるって、いいなあ!
917ameen4.jpg 917ameens13.jpg 
917ameen8.jpg 917ameen6.jpg
917ameen9.jpg 917ameen5.jpg
アミーンズ・オーブン
夙川駅から10分くらい

ハードトースト
918ameen.jpg 918ameen1.jpg
こちらも、念願の。
ずっと頂きたかった ハードトースト。
アミーンズのハードトーストは、
ほんの少しの 砂糖と油脂入り。
そのままで、皮しっとり。
中詰まっていて、柔らかもっちり噛み応えあり。
噛み切りはよくて、弾きは控えめ。
麹で仕込んだ酵母のような、もちもち感。
(たぶん、レーズン酵母仕込みだったように思うのだけど)
ほんのり酸味、梅の酸味?
日を置くと、酸味はまろやかに。
国産の風味、じわじわ甘みとほわんとした酵母の風味。
トーストすると、カリっともっちり。
ほんのりな酸味も、控えめに。
バターとハチミツで、ああ美味しい。
アミーンズの山食は、トーストしたほうが好き。
ハード過ぎない、優しい山食。
300円

Romi-Unie 焼き菓子 / 神奈川・鎌倉

2017年09月17日 23:55

Romi-Unieのクッキー
825romiuni.jpg
ディアマン・ショコラ・・・サクサク、ホロホロ!
程よい、ココアの風味。
              日を置くと、ホロホロっと。
              とっても、軽い!
              
サブレ・ド・ブーランジェ・・・寝かせ中

プチ・ブール・・・ザクっとと硬めの食感、中はサクサク。
          バターの香り、卵の風味。
          ほんわりな甘み、とてもシンプル。

ショートブレッド・・・寝かせ中
レモンクッキー・・・寝かせ中

バターガレット・・・シンプルな、バタークッキー。
           サクサク、ジャリジャリ。
           ほわんとバター、風味いい。
           
各70円~

鎌倉・若宮大路にある、
いがらしろみさんのお店、ロミ・ユニ。
手作りのいろんなジャムと、焼き菓子と。
焼き立てのスコーンや、クレープも頂ける。
カンパーニュに合いそうな、
酸味のあるジャムを頂きたかったのだけれど、
季節限定木苺ジャムは、人気で売り切れ(残念!)。

鎌倉駅近くにあるカフェ、ヴィヴモン・ディモンシュには、
ロミ・ユニのクッキーが、バラ売りで置いてある。
6種類くらいあるうちから、好きなものを好きなだけ。
少しだけのつもりが、
なかなか来る機会ないからなあ、って全種類。
どのクッキーも、魅力的。

825vivmon.jpg
ヴィヴモン・ディモンシュ
鎌倉駅から5分くらい

Cristiano's ポルトガル料理 / 東京・代々木八幡

2017年09月16日 23:43

カブとビーツのクリームサラダ
825cris3.jpg 825cris6.jpg
細い千切りのフレッシュなカブと、
柔らかな、茹でた乱切りビーツを、
クリーミーなソースで和えた、サラダ。
生クリームかな(チーズではないと思われる)、
ソースがまろやかでクリーミー、ちょうどよい塩加減。
イギリスに居たとき、よく食べていたビーツ。
根菜の甘みと、ちょっと黴臭いテイストと香り、
何よりも、この赤紫の色に魅かれる。
カブのシャキシャキと、ビーツの柔らかな歯応え、
食感の違いも、面白い。
シンプルで、とても美味しい。

バカリャウのコロッケ3種
825cris4.jpg 825cris5.jpg
塩漬けにして干したタラ、
クリスチアノ自家製の、バカリャウ。
新宿イル・バーカロ(ヴェネツィア料理)で、’干しダラのポレンタ添え’を逃して以来、
食べたくてしょうがなかった、干しダラのお料理。
ジャガイモとバカリャウを合わせた ミニコロッケ、
プレーン、イカ墨、ルッコラの3種類。
味付けはシンプル、ジャガイモのホクホクな甘みと、
バカリャウのうまみのある塩気。
衣は薄付きで、サクッと軽い。
ルッコラが、意外にも食べやすくて美味しかった(ように思う)。

大根もちのフリット キノコディップ添え
825cris7.jpg 825cris8.jpg
きっとこれは、ポルトガルの料理ではない。
台湾の大根もち、クリスチアノ風。
台湾では 一度蒸した生地を、ラードで焼き込む。
こちらは、生地を揚げてフリットに。
薄付きの衣サクッサク、中生地モチモチ。
ラードを使っていないから、風味も食感もとても軽い。
(台湾の大根もちは、ラードのこってりなうまみ)
自家製の、キノコのディップを付けて。
ディップも、とても美味しい!
キノコのコクと深み、そして とてもクリーミー!
(生クリーム?豆乳?
 アンチョビなどの動物性は入っていないと思われる)
ああ、大根もち!とても美味しい。
プレミアム・モルツと。
全部で6000円くらい

ずっとずっと伺いたかった、ポルトガル料理のお店。
魅力的な、小皿料理の数々。
野菜料理に、魚にお肉。
(野菜料理が思いのほか、豊富な印象)
スペインでも、イタリアでも、フランスでもなく、
とても新鮮、ポルトガル。
広めの店内、バールのような賑やかな雰囲気もありつつ、
テーブル席が多くて、控えめの照明だから、落ち着いた雰囲気も。
気になる現地の味、まだまだ沢山。
自家製バカリャウの、他の料理も興味深い。
近くに、あればなあ!
また、いつか。

825cris.jpg 825cris2.jpg
クリスチアノ 
代々木八幡駅から5分くらい

Boulangerie VIRON パン・カフェ / 東京・渋谷

2017年09月13日 23:42

カンパーニュ
825viron8.jpg 825viron2.jpg
ルヴァン種を使用した、Vironで唯一の自家製酵母パン(だったと思う)。
先っちょのとんがった、むっちりなバタール成型。
初めての自家製酵母生地、カンパーニュ。
皮弾きあり、中もっちりしっとり、
生地詰まり過ぎず、柔らかさもあり。
ライ麦30%配合、芳醇な香り、
噛み締めるほどに昆布のようなうまみ、
強過ぎない酸味と、深みのあるまろやかさ。
焼き込みは強過ぎないから、苦みはほとんどなし。
ハードだけれど重過ぎない、食べやすいカンパーニュ。
トーストすると、皮バリバリ、中は柔らか、
弾きは強くなる気がする。
焼き直すと、酸味、うまみ、塩気は控えめに。
個人的には、酸味・苦みがもう少し強いほうが、好み。
420円

コンプレ・ノア
825viron3.jpg 825viron4.jpg
コンプレ・ノア。
このパンを買うために、Vironまで。
全粒粉生地のみっちり詰まった、クルミパン。
皮薄めで、 やや焼き込みの苦みあり。
中しっとり、ぎゅっと詰まっているけど柔らか、噛み切りがいい。
全粒粉のえぐみ、ほとんどなし。
噛み締めるほどに、粉の甘み、
クルミが、香ばしくて甘くて、とてもナッティー。
ぎっしりなクルミ(刻み)の風味、とてもいい。
イースト仕込みの、ダイレクトな粉の風味がとても好き。
いちばん好きな、コンプレ・ノア(今のところ)。
この味は、ここでしか買えない。
600円

パヴォ―
825viron5.jpg 825viron6.jpg
バゲット・レトロドールと同じ生地をねじって成型した、トルナーデ。
トルナーデにケシの実をつけて焼き上げた、パヴォ―。
バゲットに比べると細めで、短め。
ひとひねりしているから、生地は詰まってむっちり。
どちらかというと、バゲットよりベーグルに近い食感。
皮は薄めで、弾きはあるけど柔らかい。
中、むっちり詰まっているけど柔らか。
まず、粉の甘み。レトロドールの、粉の風味。
とても、美味しい。
プチプチ香ばしいケシの実が、風味いい。

前回いただいた、バゲット生地切りっぱなし成型の、プーリッシュ。
なるべく生地に触らない作り方だから、
プーリッシュはもっと ねっちりもっちりな食感で、灰分高めのやや土っぽい粉風味。
噛むほどに甘みもあるけど、うまみもあり。
今回の、パヴォ―。
同じ生地なのに、プーリッシュと風味がまるで違う。
とにかく甘み、土っぽさのない、白いパンの風味。
成型が違うから 食感が違うのは分かるけど、
こんなに生地の味が違うなんて、驚き!
工程が(発酵時間)違うのかな、何でだろう!
バゲット生地は、パヴォ―の風味が好き。
甘みと粉風味、そして軽さのある方が好き。
次は、シンプルなトルナーデの味を知りたい!
(バゲット・レトロドールもきっと、違った風味なんだろう。
 弾きが強そうで、なかなか挑戦する気にはならず、、、)
280円

同じ粉配合で、
焼き上がりの風味と食感を、変える。
私が焼きたいパンの、
あの食感にするには、あの風味にするには。
今回の訪問で、
またちょっと、前に進めそうな気がする。

何だか、伺う度に、
Vironのパンの魅力に 魅かれている。

825viron.jpg
ヴィロン渋谷店
渋谷駅から8分くらい

TULLY'S COFFEE / 東京・江古田

2017年09月12日 23:39

ホットサンド、カフェラテ
826taris.jpg 826taris3.jpg
スクランブルエッグとハムの、ホットサンドイッチ。
(ハムは抜きました、ごめんなさい)
こんがり焼き目の入った、トースト。
表面には、じんわりバター。
8枚切りよりちょっと厚めの、角食スライス。
中は、トロトロのスクランブルエッグ(と薄切りロースハム)。
ほんのり甘くて、塩加減もちょうどいい。
マヨネーズかな、まろやかでクリーミー。
トーストはカリっと、ふんわり、しっとり。
予想以上に美味しい、タリーズのホットサンド。
(スクランブルエッグが、美味しい)
久々、タリーズのラテ。
エスプレッソ濃いめで、美味しい。
モーニングセット580円くらい

ああ!パーラー江古田、夏休み?!
お店の前まで来てから、気付くなんて、、、。
数年ぶりのクルミのコンプレ、
本当に楽しみにしてたのに、、、。
江古田、、、
以前行ったことのある ベトナム料理のお店、
バインミーやっているんじゃ、なかったかな?
記憶をたよりに お店を探す。
(本当に こういう時、スマートフォンがあれば、って思う)
やっと辿り着いたMaiMai、お休み?
隣りの江古田HEM(こちらもベトナム料理)、開店は1時間後。
ああ、待てない。
で、駅前のタリーズへ。
江古田じゃなくても行けるのに、って思ったけれど、
美味しいホットサンドをいただいて、ああ満足。
江古田のタリーズも、なかなか行けるもんじゃない。
(と、思うことにする)

826taris2.jpg
タリーズ・コーヒー
江古田駅前店

かいじゅう屋 パン屋 / 東京・立川

2017年09月11日 23:37

かいじゅう屋食パン
825kaijyu.jpg 825kaijyu2.jpg
前回いただいたフランス山食がなく、
かいじゅう屋食パンを。
上にぐんと伸びた 魅力的な、山型食パン。
フランス山食とはまた別の配合(ハード系ではある、とおっしゃっていた)。
皮ばりっと硬め、やや重め。
皮弾力あり、中もっちりしっとり、柔らかいけど噛み応え。
気泡も入って空気感あるんだけれど、もっちりな重さもあり。
高加水のもっちりさ?
やや複雑な香りと、もっちりした生地感は、
酵母仕込みかもしれない(沖縄・宗像堂の食パンの風味に、ちょっと似ている)。
トーストすると、皮バリバリっと中もっちりしっとり、
いくぶんか、軽い食感に。
噛み締めるほどにじわじわと風味がよくて美味しいのだけれど、
さっくり軽くて、フランスパンの味のする、
フランス山食が、好き。
あの、さっくり潔い食感がとても好き。
300円くらい

くるみパン
825kaijyu3.jpg 825kaijyu4.jpg
再び、くるみパン。
弾力のある皮に、もっちりしっとりな生地。
リュスティクみたいな 軽い食感。
粉の甘み、濃い粉の風味。
前回の方が風味よかったかな、と思うけれど、
それでも美味しい、くるみパン。
330円くらい

目白から立川に移転になって、
伺いにくくなってしまった、大好きなパン屋さん。
もう一度 あの山食をいただきたくて、
気合を入れて、立川まで。
思いのほか ハード系が少なくて、
ちょっと 残念ではあったけど、
目白の あの素敵なお店の雰囲気はおんなじで、
いや、こちらのほうが、
自然に囲まれて焼かれたたパンたちが、
何だか のびのびしているような気がして、
外からは、窯で作業されているところも見えるから、
もっと素敵になったなあ、と思うのだ。
駅からの道のりは まあまあ遠かったりするのだけれど、
また いつか、伺いたいなあ。

825kaiju.jpg 825kaiju2.jpg
825kaijyu5.jpg
かいじゅう屋(鈴木農園内)
西武立川駅から15分くらい

903kaiju.jpg
かいじゅう屋食パン、厚切りトースト。
発酵バターとハチミツで。
ザクザク、もっちーり。
バターはじゅわっと 染み込ませて。
優しすぎない 噛み応え、
ハードな食パン、やっぱりいいなあ。

Blue Moon Zushi ダイニング・バー / 神奈川・逗子

2017年09月06日 22:59


ジャマイカン・スティームド・フィッシュ
bmzushi5.jpg bmaushi6.jpg
bmzushi7.jpg
魚の蒸し焼き、ジャマイカ風!
まるまる一尾の鯛(種類失念、、、)を、
塩、胡椒、オールスパイス(だったかな)などのスパイス、
タイム、ガーリック、ライムなどと一緒に、オーブンでじっくり蒸し焼き。
鯛の下には、オクラや玉葱などの野菜。
初めていただく、ジャマイカのスティームド・フィッシュ。
鯛の塩蒸し焼きに、
ほんのり 香辛料の風味と、タイム、ライムの風味。
魚の身はふっくら、ジューシー(蒸し焼きと焼きでは、やっぱり違う)。
野菜からの甘みも出て、とても風味いい。
ビールがすすむなあ!
ライムの風味は(レモンではなく、ライム!)、
メキシコだとか、キューバだとか、タイだとか、
暑くて、ヴィヴィッドな街の印象。
ジャマイカ、行きたいなあ。

クラフトビール              いろんな色の人参スティック
bmzushi2.jpg bmzushi3.jpg 
茅ヶ崎BarbaricWORKS×BlueMoonの、クラフトビール。
3種類のホップ使用、苦みしっかり、コクと深み。
軽くはないのだけれど、とても飲みやすくて風味いい。
店長自ら、Brewaryで製造工程を体験、
ホップの種類や発酵の仕方で、
風味がまったく違うなんて、パン作りみたいだ!
ビールの発酵工程、興味深い!
他にも、逗子ヨロッコビール、葉山15Brewary製もあり。
全部で5000円くらい

葉山・一色海岸の海の家、ブルームーン。
海の家は、夏の間だけだけれど。
数年前、逗子駅前にできた、ブルームーン・逗子。
こちらは、一年中。
すっきりおしゃれなウッディな内装、
枠組みから、内装から、すべてスタッフたちで。
料理のメニューもお酒の種類も、とても豊富。
やっぱり、地元で獲れた新鮮な魚料理が、おすすめ。
野菜も、三浦から新鮮なものを。
駅前だからかな、年配のお客さんも結構多い。
とても素敵なお店だ!

私は、夏の海の家しか知らないから、
海じゃない ブルームーンだなんて、
何だか不思議な感じがするけれど、
でも、いつ行っても、誰かに会えるんだろうって思うと、
とても嬉しい。

bmzushi.jpg bmzushi8.jpg
ブルームーン逗子店
逗子から5分くらい

Garden House カフェ・レストラン / 神奈川・鎌倉

2017年09月04日 23:35

鎌倉ハムのクロック・マダム、珈琲
gh4.jpg gh3.jpg
自家製酵母カンパーニュの、クロックマダム。
ふんだんに使用された 濃厚ベシャメルソースとチーズ、
鎌倉ハムに、半熟トロトロのポーチドエッグのせ。
付け合わせには、キュウリのマリネと色んな野菜のピクルス。
ハムなしで、オーダーを。
薄切りのカンパーニュが見えなくなるくらいの、
味濃いめのベシャメルソースと、
トロトロうまみ強めのグリュイエル(かな?)、たっぷり。
カンパーニュ自体の風味も、皮の苦み、酸味、うまみ、深みが強いから、
それぞれの味の主張が、そのままガツンと出ている感じ。
味濃いめ、塩分強め。
ああ、パンの味が分からない!
クロックマダムの味を、楽しもう!
ソースのとろみで パンはしっとり、皮もしっとりめ(バリバリしない)。
半熟の、ポーチドエッグをぐしゃりと潰す。
とろりん黄身のまろやかさで、全体の味がまるくなる。
全部いっしょにいただいて、風味バランスとてもいい(それでもやや濃いめ)。
薄いスライスのキュウリは、シンプルにオイルと塩、胡椒でマリネ。
カブ、人参、ゴボウ、キュウリ、赤キャベツのカラフルピクルス。
ガツンと酸味、じわじわ甘みとうまみ、ほんのりハーブの風味。
酸味強めだけれど、とても好みの風味。
柔らかくてとても美味しい(ビールと一緒に、いただきたい!)。
大きなマグ入りの、珈琲と一緒に。
エスプレッソのラテを好む私には、
コーヒーはやや薄め。
モーニングセット 1200円

Early Bird、モーニングの時間帯(~10:30)、
自家製酵母カンパーニュのトーストセット、数種類。
バターミルクのパンケーキも、魅力的。
食パンの(Paradise Alley製だったと思う)フレンチトーストを
頂きたかったのだけれど、季節限定、すでに終了。
久々に、代官山Garden House Crafts、
村口シェフのワイルドなカンパーニュ!
いつもは、パンだけで頂くんだけれど、
調理されたパンは、いつもとはまた違った表情で、
とても新鮮で、こちらもまた美味しい。
お料理の一つ一つに、Garden Craftsの考え方が表れていて、
こころが豊かに、満たされる。
代官山店でお料理をいただく機会はなかなかないから、
とてもいい機会だった、なあ。
新しい、新宿店にもまたいつか。

広々とした敷地内には、
テラスがあって、緑があって、
何だか、日本ではないどこかにいる感じ。
暗闇に、ライトアップされたテラス席でいただくお料理は、
とても美味しいことだろう!

gh6.jpg gh5.jpg
gh2.jpg gh.jpg
ガーデン・ハウス
鎌倉駅から5分くらい

Wonder Kitchen カフェ・レストラン / 神奈川・鎌倉

2017年09月03日 22:48

オムレツ、ラタトゥイユ、キノコソテーのプレート
wonder.jpg 
色んな国の、いろんなお料理。
その日によって変わる、日替わりメニュー。
本日のお料理は、黒板に。
インドのバターカレーに、タイのグリーンカレー、
沖縄のチャンプルーなど、多国籍。
ああ!お肉料理がとても豊富。
唯一のお魚料理は、売り切れ残念。
特別に作っていただいた、ベジタブルプレート(感謝!)。
夏野菜のトマト煮込みラタトゥイユ、
じっくり煮込まれた野菜は、とっても柔らか。
オレガノかな、ハーブの風味がいいアクセント。
塩加減も、ちょうどいい。
小ぶりなシメジの、オイル炒め。
ニンニクの風味が とてもいい。
シメジの種類かな、調理の仕方かな、
深みのある味わいで、とても美味しい。
プレーンな、オムレツ。
柔らか卵焼きのような、家庭的なオムレツ。
ケチャップが、さらに家庭的。
美味しいお料理だったのだけれど、
口に入れた瞬間、生温い。
出来立て熱々、じゃなかったのがとても残念。
’チン’でもいいから 熱々でサーブしたほうが
もっと満たされるなあ、って心に留める。
700円

鎌倉駅近くの 路地の奥。
隠れ家のような 素敵なカフェ。
オーナーさんが 旅先で出会った郷土料理。
聞いたことのないお料理たくさん、とても魅力的。
1階は 明るくてアットホームな雰囲気、
オープンなキッチンも、いい感じ。
2階は それぞれ異なったアンティーク調の家具で、
落ち着いた雰囲気、居心地がいい。
飲み物のメニューが、とても豊富。
手作りスウィーツも、あり。
店内の一部には 雑貨や衣類、音楽なども。
久しぶりに出会った、不思議なお店。
とても、興味深いなあ。

wonder3.jpg wonder4.jpg
wonder2.jpg 
ワンダーキッチン
鎌倉駅から5分くらい

Double Sandwich サンドウィッチ・カフェ / 神奈川・葉山

2017年09月02日 23:36

ベジタリズムサンド、カフェラテ
ws824.jpg ws8242.jpg
自家製ダッチクランチパンに、
グリルナス、マッシュルーム、トマト、アボカド、玉葱、レタスを
サンドした、野菜のサンドウィッチ。
コッペパンのようなソフトなパン生地に、
上生地を塗って焼き上げた、ダッチパン。
表面カリっとサクサク、中ふんわり柔らか。
甘みがあってミルキー、とっても軽い。
柔らかくジューシーにグリルされた茄子、美味しい!
フレッシュな野菜は、とても新鮮。
フレンチドレッシングのようなクリーミーなソースに、
ねっとりコクのある、アボカド。
パンだけでも美味しい(トーストしてサーブされるからサクサク!)、
具材だけでもとても美味しい(ソース濃いめで味しっかり)、
大口開けてかぶりつくと、ふんわりしゃきっと色んなうまみ、
幸せな、おいしさ。
まるまる一つは大き過ぎるから、半分くらいがちょうどいい。
カフェラテもマグたっぷりで、とても美味しい。
サンド1200円くらい、ラテ600円くらい
(サンドセットもあり)

Wakana Panプロデュースの、サンドウィッチ・カフェ。
わかなさんの提案する、
サンフランシスコなサンドウィッチを、
ずっとずっと、頂いてみたかった。
気になっていたのは、Wakana Panでは手に入らない、
サクサクふんわりな、ダッチパン。
サンドウィッチには、
個性強めな重めのハードよりも、
具材の食感を引き立たせる、軽めのパンを選びたい。

正直なところ、、、人気店だから、
パンは量産の味、調理もそれなりかなあ、って思っていたのだけれど(失礼、、、)、
パンは美味しくて、調理も丁寧。
焼き加減や味付け加減、盛り付けも とても丁寧。
(忙しくて、接客はちょっと冷たかったりする)

海辺のおしゃれな、白いカフェ。
(アメリカの西海岸は、こんな感じなんだろうか!)
店内もシンプルで素敵だけれど、
白いパラソルのテラスが、魅力的。
自家製酵母の(たぶん)ドーナッツなども、販売。
具材の味付けがとても美味しいから、
別のサンドもまた、頂いてみたいなあ。
サンドのハーフサイズ、販売して貰えないかなあ!

ws8244.jpg
ダブル・サンドウィッチ
森戸海岸前バス停2分くらい

KIBIYA BAKERY パン屋 / 神奈川・鎌倉

2017年08月30日 22:51

アーモンドクッキー
kibiya2822.jpg kibiya3822.jpg
全粒粉をふんだんに使った、アーモンドクッキー。
ふすまのみっちり詰まった生地に、
大粒ローストアーモンド。
厚めの生地、ガリっとザクザク、
ぎっしりなアーモンド、コリコリ。
アーモンドの香ばしさに(とても存在感あり)、
噛み締めると、卵とバターの風味。
食感はとってもワイルドなんだけど、
ほんわりした 卵の優しい風味。
卵とバターが入って、全粒粉のえぐみは円やか。
個人的には、卵風味はもうちょっと弱い方が好み。
日を置いた方が、生地が馴染んで美味しい。
350円(7個入り)

今回は、クッキーだけで。
次回は、絶品スコーン頂きたいなあ!

kibiya822.jpg
キビヤベーカリー 御成店

Moulus a la Meule パン屋 / 神奈川・伊勢原

2017年08月29日 23:32

フレンチトースト
mam4.jpg mam5.jpg
こんがり焼き色濃いめの、フレンチトースト。
人気の食パンに(黒食パンだったかな、なせ’黒’なのかは分からず)、
両面しっかり、シナモンシュガー!
表面ガリガリ、中しっとりジューシー。
焼き強めで、砂糖のこんがり具合がとてもいい。
シナモンカシアの、幸せな風味。
卵液に浸しているというよりは(卵の風味はしなかったように思う)、
糖蜜に浸して、焼き上げた感じ。
パン生地がしっとりしているのは、アパレイユの染み込みではなく、
食パンそのもののしっとりさ、な気がする。
もっちり、とってもミルキーなリッチな食パン。
とっても個性的な、フレンチトースト。
卵液なしでも、美味しいフレンチトーストは作れるのかもしれない!
とても、美味しい。
強めのシナモンが、とても好き。
(黒食パンそのものの風味、味わってみたかった!)
220円

丸パン
mam6.jpg
黒食パン生地と同じ(だったように思う)、小さな丸パン。
湘南小麦かな、全粒粉入りのシンプルなパン。
薄めの柔らかい皮、中もふんわり柔らか。
乳製品・ハチミツ入りで、
噛み締めるほどにほんわり甘みと、甘い香り。
もしかすると、小麦の甘みなのかもしれないなあ。
80円

クルミ&レーズン
mam7.jpg
見ためはずっしりハード、
乳製品・ハチミツ入りの(だったように思う)、セミハード。
皮柔らか、中もしっとり柔らか、噛み切りとてもいい。
酸味はなく、粉の風味もとてもいい。
230円

どうしても伺いたかった、ムール・ア・ラ・ムール。
ブノワトンで修行を積まれたご夫婦の、粉から自家製のパン屋さん。
焼きたいパンの食感やら風味やら、、、
そんなことを第一に考えて粉を選んでしまう私は、
その土地で採れる小麦をどうしたら美味しいパンにできるか、って、
そんな思いでパン作りに取り組んでいる職人さんたちを、
本当に、尊敬している。
伊勢原近郊で採れる小麦を、自分たちで挽き、パンを焼き、
地元の人々に、地元の小麦の美味しさを知ってもらう。
とても大事な、食の循環。

木で作られた素敵なお店には、
湘南小麦のバゲット、食パン、
あんパンやお惣菜パン、菓子パン、
ハード系の小さめのパンなど種類いろいろ。
サンドイッチなども、あり。
どちらかというと、柔らかめの小さいパンが多かったように思う。
お店の外にはウッドデッキの庭があって、
外でパンを頂ける(飲み物の自販機あり)。
地元の農家さんの野菜の販売も。

湘南小麦の、小麦の風味のよく分かる、
シンプルなブールや、こんがりバゲットを頂いてみたかったけど、
旅の途中、大きなパンは断念。
海の家の仕事中に、バタバタモグモグ頂いてしまって、
しっかり味わうことができなかったけど、
とても優しい風味で、美味しかったなあ。
また、いつの日か、あの大きなブールを買いに行きたい。

mam2.jpg mam9.jpg
mam3.jpg mam8.jpg 
mam.jpg
ムール・ア・ラ・ムール 
伊勢原駅から20分くらい

830mam.jpg
お店(ミルパワージャパン)で製粉された、湘南小麦。
ああ、何を焼こうか!

三角屋根 パン・カフェ / 神奈川・葉山

2017年08月28日 22:48

角食パンミミ、ココア
sankaku.jpg sankaku2.jpg
角食パンの、端っこ。
厚さいろいろ、4枚入り。
弾きのある皮、
中はふわふわ、とても柔らか。
ミルキーで甘くて、ほんのり塩気。
バター、乳製品のほんわりする甘み。
珈琲のお店なんだけど、どうしてもココアに浸して食べたくて。
ホットチョコレートほど濃厚ではないけれど、
しっかり濃いココア、ちょうどいい甘さ。
じゅわんと染み込んだ、ココア食パン。
幸せ、な美味しさ。
パンミミ100円、ココア580円くらい

パンとコーヒーの、お店。
旦那さんが珈琲を淹れて、奥さんがパンを焼く。
とても素敵な、若いご夫婦。
ひと際目立つ、真っ白な三角のお店。
(なはずなんだけど、私は見逃して10分以上も歩き続けてしまった、、、。)
ナチュラルな内装、天井が高くて開放的。
カウンターと、大きなテーブル。
綺麗に手入れされた中庭があって、
庭を眺めながら寛げるように設置されたテーブル椅子、
中庭にも、細長いベンチがあって、
もうちょっと涼しくなったら、きっと心地いいだろう!

パンは、イースト使用のソフトなパンが多め。
食パン数種類(角食が人気)、あんぱんや塩パン、
クロワッサン、シナモンロールなどのペストリー、
カンパーニュやバゲットは、セミハードでややソフトな印象。
サンドイッチ数種と、焼き菓子もあり。

ドアの向こうに海が広がっているのが不思議なくらい、
山の中のロッジにいるような、そんな空間。
とても、居心地がいい。

大き過ぎて断念したカンパーニュやチョコレートのフランスパン、
ふわふわ食パンのタマゴサンドは、またいつか。
そして、次回は珈琲を。

sankaku5.jpg sankaku3.jpg
三角屋根
森戸海岸前バス停すぐ

Louloutte パン屋 / 大阪・江戸堀

2017年08月12日 23:06

ルルット
ルルット1
フランストラディション粉、五穀グラハム入りの、
大きく焼かれた ハードな食事パン。
量り売りで、すでにカットされたものを。
(店頭には、適当にカットされたものが袋詰めに。
 パンの容姿、分からず!)
皮焼き込まれて厚みあり、弾力あり、
中もっちり感あるけど、噛み切りやすい。
やや、モソモソする感じもあり。
(粉の特質?デジデのデザミもそんな印象だった)
皮に近いところほど クッションのような弾力。
思っていたより、風味は淡泊。
皮、焼き込みの香ばしさあるけれど、
熟成のうまみは控えめ、塩分も控えめ。
イタリアのパーネ・トスカーナのような印象。
灰分やや高めの、粉の風味がダイレクト。
お料理と一緒にいただくにはいいけれど、
パンだけで頂くには 塩分が少なめな印象、
ハチミツとクリームチーズと一緒に。
1円/g

パリのDu Pain et des Idéesでパン焼きを学ばれた、
オーナーシェフ(女性!)。
ピンク色の可愛らしいお店の中には、
可愛らしくてセンスのいいパンが沢山。
小さめのブリオッシュ系やヴィエノワ系、
食パン、ナッツやドライフルーツのハード系、
クグロフなどのお菓子系。
ハード系は少なめで、
甘いパンや、お惣菜系のパンが多めな印象。
フランスだけでなく、イタリアの食事パンもあり。
小さめに焼かれたパンが多く、
色々たくさん買いたくなる、品揃え。
Du Pain et des Idéesのデザミのような、‘ルルット’を頂きたくて。
熟成風味の強い(うまみ強烈)デザミに比べると、
(比べてはいけないのかもしれないけれど、
 やっぱり、比べてしまう)
淡泊な印象ではあるけれど、
生地の食感は、とても個性的。
大きく焼かれたイタリアの食事パンが、
とても気になっている。

ルルット2
ルルット
渡辺橋駅から15分くらい

Le Sucre-Coeur パン・カフェ / 大阪・北新地

2017年08月11日 23:57

パン・ペルデュ、カフェオレ
8シュクレ1 8シュクレ2
バタール(フランスパン生地)厚切りを、
卵液に浸して焼き上げた、フレンチトースト。
ショーケースに並んでいるものを、
イートイン用にオーブンで温め直してもらって。
外ザックリ、バタールの皮の風味、粉のうまみ。
中、ほどよく染み込んだアパレイユ、
卵風味は強過ぎず、甘さもしっかり(甘過ぎず)、
シナモンの風味が、とてもいい。
ジュワジュワジューシーではなく、
いい具合に、しっとり(全体にまんべんなく、卵液)。
バタールの生地自体が、しっとり。
ボコボコ大きな気泡に、加水多めのもっちり感。
一般的な、卵液多めの、パン生地柔らかめの、
ジューシーフレンチトーストとはまた違う、
パンの風味の引き立つ、
(バタールの個性が強いのかも、しれない)
とっても個性的な、パンペルデュ。
底部分は、オーブンで溶けだした砂糖がカラメル状にカリっとなっていて、
食感と甘さが、とても美味しい。
これだけで甘み十分なんだけれど、
おまけに付けていただいた、ジャムと一緒に。
柑橘ピール風味の効いた、トロピカルなジャム。
シナモンと、とても合う。
日によって、フレンチトーストに使われるパンはいろいろ。
パン・ド・ミのフレンチトースト、
いつか頂いてみたいなあ!
パンペルデュ350円、カフェオレ550円(くらい)

ディンケル小麦とカボチャの種、ゴマのパン
8シュクレ4 8シュクレ5
長時間発酵、熟成されたうまみたっぷりなラミジャンのパン生地に、
茹でたディンケル小麦(粒)、カボチャの種を混ぜ込んで、
表面にはゴマのトッピング、大きな大きな雑穀パン。
まず、しっかり焼き込まれた皮の香ばしさ、
がつんとくる、醤油のような味噌のような、熟成のうまみ。
ディンケル小麦とカボチャの種の香ばしさと、甘み。
粒々食感しっかり、よく噛んでよく噛んで。
噛むほどに、じわじわじわじわ、生地の濃い深いうまみ。
まるで、一皿のお料理をいただいているかのような、
ひとつのパンの中に、目眩く、味の宇宙。
塩分やや強め、ほどよい酸味(ラミジャンの酸味より、まろやか)、
しっとり、柔らか、噛み切りもいい。
端っこの皮の多い部分は、ゴマの風味がとても鮮烈。
トーストすると、皮バリッと(そのまま頂くほうが、好き)。
なんて美味しいパンなんだろう!
1/4サイズ 400円

ル・サンク・ディアマン
8シュクレ6 8シュクレ7
ドライフルーツとナッツの、ハードパン。
レーズン、イチジク、オレンジピール、クルミ(他分からず)ぎっしり、
小さいけど、ずっしり重め。
生地しっとり、ハードだけど柔らか、噛み切りがいい。
レーズンとイチジクが甘酸っぱくてジューシー、
オレンジピールの苦みと爽やかな酸味、
クルミのコリっとした食感と香ばしさ。
バゲット生地かな、
具材たくさんで生地の風味分かりにくいけれど、
(甘さと甘酸っぱさとねっとり感と香ばしさが、わっと一度にやって来る)
美味しい、とても贅沢。
1/2サイズ 300円

シャバタ
8シュクレ8 8シュクレ9
大きなコッペパンのようなイタリアパン、シャバタ。
オリーブオイルを練り込んだ、シンプルな食事パン。
加水120%(!!!)、超絶にふんわり柔らか。
パンナイフを入れると、ふにゃんと生地が凹んでしまう柔らかさ。
皮薄めで柔らか、やや弾力。
中大きな気泡、ふんわふわ。
塩分しっかり、そのままでとても美味しい。
粉の甘みよりも、塩気が強い。
オリーブオイルの風味は、控えめ。
焼き直すと、カリっともっちり、弾きが強めに。
オリーブオイルの風味も、強く出る。
サンドにすると、美味しいだろう!
260円

キッシュ・オ・レギューム
8シュクレ10 8シュクレ11
珍しく、キッシュを。
オーブンから焼き立ての、ふわふわこんもりな姿を見逃せず。
夏野菜、のキッシュ。
パプリカ、ズッキーニ、ナス、玉葱がゴロゴロ。
柔らかくソテーされて、素材の甘みしっかり。
トッピングのミニトマトも、とても甘くてジューシー。
アパレイユは、緩過ぎず硬過ぎず 卵感しっかり。
(とろんとはしない、スパッとナイフの通る質感)
野菜からのうまみか、ハーブの風味か、
ほんのり爽やかな酸味(チーズ?クリーム?)。
塩分、濃過ぎず。野菜そのものの風味を生かす、味付け。
キッシュの底は、薄めのパイ生地。
(ザクザクしたタルト生地より、サックリ薄めなパイ生地が好み)
外はサクサク、アパレイユに触れている部分はしっとり。
パイ生地のバターのほわんとした甘みと、
クリーミーで塩気のあるアパレイユ(爽やか軽め)、
一緒に食べると、とても美味しい。
それぞれの味を知りたい、っていつも別々に頂いてしまうけど、
これは一緒にパクっと頂く方が、断然美味しい。
他のキッシュも、いつか頂いてみたいなあ。
520円くらい

パン・オ・ノア
8シュクレ12
贈り物に。

テラス席には 新しく、
木製のカウンターテーブルが置かれていて、
大都会なんだけど 緑に囲まれているから、
とても、居心地がいい。
真夏の暑さでも テラスは大人気。
この時期は、比較的待ち時間少なめ。
行列は短めで、順番はすぐにやってくる。
でも、行列で待ち時間があるほうが、
‘どれにしようかな’ってゆっくり考えられるから、
焦らなくていいなあ、とも思う。
やっぱり、素敵なお店だ。

8シュクレ3
シュクレ・クール北新地
淀屋橋駅から5分くらい

Maman et Fille フランス菓子 / 神戸・御影

2017年08月06日 22:58

ビスキュイ・シトロン
mamon1.jpg mamon4.jpg
頂きたかった、
シンプルなビスキュイ・プレーンは、売り切れ。
レモン風味の、シトロンを。
厚みも きちっとは揃っていないし、
焼き色も 薄いのがあったり濃いのがあったり。
ぜんぶ同じ、じゃないから、
何だか、ママンの作ったビスケットみたい。
ザクっと硬め、
サクサクホロホロしない、噛み応えのあるしっかりした生地。
発酵バターの風味、とっても豊か。
ミルキーで甘みのある優しいバターの風味、
ほんわりとした卵の風味、
レモンのキュンとする爽やかな風味。
噛み締めるほどに、やさしい甘さと爽やかさ。
甘みしっかり、でも甘過ぎず。
軽いサブレのようなサクサク食感だと思っていたから、
ガリっとした歯応えに、ちょっと衝撃。
仏産強力粉が、この食感を生み出しているのかも。
少し日をおいて、硬さがしっとりに変わった時の、
ザクっとしっとりした食感が、好み。
サブレとビスキュイって、
また違う種類のものなんだろうか?
いつか、プレーンなビスキュイを頂いてみたいなあ。
28枚(?)入り 1300円くらい

京都・一乗寺で 不定期で販売されていた、
フランス焼き菓子のお店。
一度お伺いしたいなあと思っていたら、
いつのまにか、神戸に移転。
ああ、もう京都で買うことはできない!
お母さんと娘さん、親子でお菓子を作られている、
とても素敵なお店。
フィナンシェに、マドレーヌに、ラムレーズンサンド。
ガレットや、ブランデーケーキに、プディング。
開けてしまうのが勿体ないくらい、
それぞれに拘りのある可愛らしいパッケージ、
(ビスキュイの缶入りが、とても素敵!)
ショップ袋も、個性的!

mamon3.jpg mamon2.jpg
マモンエフィーユ
御影駅から10分くらい


最新記事