Chang Home Guest Houose / ゲストハウス タイ・チェンマイ

2016年09月16日 23:34

ch6.jpg ch7.jpg
ch8.jpg ch3.jpg 
ch4.jpg ch12.jpg
・女性ドミトリー250B(エアコン完備)
・部屋に綺麗なシャワー・トイレ付き
・青空の見える天窓(!)
・最新式のセキュリティーBOX(カード式)
・台湾式の美しい中庭に、くつろぎスペース多数
・カフェはないけど、瓶ビール・水の販売あり
・人懐っこいかわいらしい猫、たくさん(こんなにお行儀のいい猫は、初めてだ)
・チェンマイ門に近くて便利、まわりに飲食店も多数あり
・スタッフはとても親切
・タイ語・英語(多分中国語も)OK
ch9.jpg ch10.jpg
ch.jpg ch2.jpg 
完全に予算オーバーだったんだけど、
どうしても、天窓のある この部屋に泊まりたくって。
台湾人オーナー(建築デザイナー?)の、
ほんとうに素敵で 快適な、空間。
タイ様式ともまた違う 台湾様式のこの感じ、
とても 落ち着く。
お客さんは、中国人が多め。
宿は とても落ち着いて、静か。
新しく出来たばかりなようで、最新の設備。
玄関、部屋、セキュリティーBOXすべて、
1つのカードで 機能する。
タイの宿もベトナムの宿も、ハイテクだなあ!
美しい、とても素敵な宿。
ch11.jpg ch5.jpg
Chang Home Guest House
チェンマイ門から10分くらい
Moonmueang Road Lane2

Omkoi Bamboo House / ゲストハウス タイ・オムコイ

2016年09月09日 22:51

チェンマイから ローカルバスで片道4時間。
カレン民族の人々が暮らす、
オムコイという町へ。

bh3.jpg bh4.jpg

人々の暮らしは 主に、自給自足。
田んぼで米を作り、畑で野菜を育て、
川で魚を釣って、山できのこやタケノコを採る。
蛇や昆虫、獣を捌く。
山の神、水の神、田んぼの神、
魂あるもの、命あるものを尊う。
朝には 瑞々しい葉っぱの匂い、
柑橘の爽やかさが混じった 緑の匂い。
昼には蝉の声と 子どもたちの声、
夜になると 蛙の鳴き声と 虫の音。

bh2.jpg bh1.jpg
bh8.jpg bh6.jpg
・共用ドミトリー1泊500バーツ
・快適な蚊帳付きベッド
・朝・夜の食事込み
・村のガイドツアー付き
・トイレ(汲み水式)
・風呂(汲み水式、8月でも朝夜は冷たい)
・商店あり(飲み物、アルコール、菓子パン、雑貨など)
・食堂も1軒あり(麺類?)
・バス停から宿までの送迎あり
・オーナーご主人は日本人、奥様はタイ人。
 日本語、英語、タイ語(カレン語)OK。
※町に出れば、セブンイレブンやカフェもあり。
 バイクがあると、とても便利。

bh5.jpg bh7.jpg
オムコイ・バンブーハウス
チェンマイからバスで4時間
(片道113バーツ)

Nature's Way House / ゲストハウス タイ・チェンマイ

2016年09月03日 23:56

nw6.jpg nw3.jpg
・女性用ドミトリー(6人部屋・バンクベッド) 120バーツ(+保証金100バーツ)
・ドミトリー部屋に共用のトイレ・シャワー
・外に朝食用?のカフェあり
・自転車・バイクのレンタル
・Wifiあり
・両替所も近くにあり
・スタッフはとても親切
・欧米人がとても多い
・水の販売あり、冷蔵庫使用OK
※共用キッチンはなし

ターペー門からも近く、
飲食店(食堂もカフェも、レストランも)も周りに沢山ある。
日曜に開かれるサンデーマーケットに行くために、初日1泊。
初日から、歩く歩く。
チェンマイ門市場(間違ってチャーンプアク門へ、、、)、トンヤムライ市場、
サンデーマーケットを通過して、スアンドゥーク、ニマンヘミン。
街を知るために、車は使わずに歩く歩く。
迷って、歩いて、疲れて、
出っ放しだったから、宿のことあまり分からず。
翌日は、早朝出発。
色使いの素敵な宿だったなあ!
nw5.jpg nw4.jpg
nw1.jpg nw2.jpg
Natuare's Way House
ターペー門から北上、Ratchaw ithi通りから5分くらい


最新記事