原作杏仁茶 / 台湾・台南

2018年01月28日 22:27

冷杏仁茶
原作1 
熱々のとろっとした杏仁茶を、
陶器のお椀でいただきたかったのだけれど。
冷たい瓶入りのみ、の販売。
外帯(テイクアウト)用は、トッピング用のスライスアーモンド付き。
(杏仁の風味のするアーモンド、アマレットの風味)
前回の、甘さ控えめになったなあ、と思った時よりは甘い気がする。
ちょうどよい甘さ(それでも控えめ)かもしれない。
やっぱり、温かいのをレンゲで掬っていただきたいなあ、、、。
45元くらい

平日の府中街、
久しぶりに訪れてみると、通りはがらんとしていて、
ほとんどのお店が、休業。
杏仁茶屋台も、休業(ああ、、、)。
翌日、リベンジ。
期待はしていなかったけれど、、、細々と開業。
以前は杏仁茶や紅茶販売だけだったのに、
現在は、麺類などの食事も提供されている。
(杏仁茶だけでは難しいのだろうか、、、という心配)
人通りの少ない平日は、きっと、
温かい杏仁茶を提供するのは、手間がかかって効率が悪いんだろう、、、。
冷たい瓶入りを、鍋でコトコト煮込むと、
あのとろっとした熱々の杏仁茶がいただけるに違いない。

原作2
原作杏仁茶 府中街
(営業時間どおりには開いていない)

原作3
とても雰囲気のいい府中街。
がらんとしていると、なんだか淋しい。

喜得炭火燒三明治 / 台湾・台南

2018年01月28日 22:24

起司蛋丹麥土司
喜得DN 喜得DN1
喜得DN2
チーズと薄焼き玉子、
デニッシュ食パンの炭火焼きトーストサンド。
土司は食パン2枚のサンド、
三明治(食パン3枚のサンド)よりは、パン厚め。
焼き立てを、内用(店内)で。
バター風味豊かな、さっくりふんわりなパン生地。
普通の食パンに比べて油脂が多い分、とてもリッチ。
ミルキーな風味と甘み(普通の食パンの方が甘みは強い気がする)、
どこまでもしっとり、ふんわり。
薄焼き玉子は、完全に火が通る直前に火止め、
とろんとふんわり、ジューシー。
スライスチーズも(チェダー?)、完全に溶けてはいないけれど、
とろんとしている。
パンの内側には、バターだかマヨネーズだか?が塗られていて(たぶん)、
さらに、ジュワっとジューシー。
前回の冷めてしまった三明治では分かりづらかったけど、
こちらは炭火焼きの炭の香りが、ほんのり。
炭の風味がすると、ちょっとアウトドアな気分。
パンだけでも美味しい、
もちろん、全部一緒にかぶりついても、とても美味しい。
味付けは濃過ぎず、とてもシンプル。
パンの甘みと、玉子焼きとチーズの塩味がとても合う。
45元

今日こそは。
祀典武廟近くの炭火焼三明治、
時間に余裕をもって出かけたのだけれど、、、
シャッターが降りていて、店終い。
休業だったのか、早終いだったのか、、、ああ、残念!
来る途中に発見した、起得炭火焼三明治。
おんなじお店に行くのは避けるようにしているのだけれど、
(できるだけ、いろんなお店の味を知りたい!)
起得のサンドは、もう一度食べてみたい(今度こそ、出来立てを)。
で、再び起得。
気になっていたデニッシュ食パンのトーストを(具は同じ、、、)。
安定した、美味しさ。
パン生地が美味しいから、(きっと)何を選んでも美味しいんだろう!
たくさんメニューのある中で、素食のサンド(バーガーも)を発見。
グルテンミートを使っているんだろうか、
とても気になっている。
喜得DN3
喜得炭火燒三明治 中西区民族路二段287號

清粥小菜 / 台湾・台南

2018年01月27日 23:41

小菜いろいろ
P便當3 P便當4
自助餐(好きなものを好きなだけ)のお店にて、お惣菜。
トマトと卵の炒め物・・・トマトの甘みと酸味、卵のほんわり風味(卵火通り長め、硬め)。
              薄口醤油と砂糖、お酢でさっと炒めた感じ。
              とても、好きな味。
茄子の揚げ浸し・・・一度揚げた茄子を、醤油・砂糖で煮浸しに。
              甘辛茄子トロトロでジューシー、とても美味しい。
              やっぱり、鮮やかな紫。
人参と卵の炒め物・・・炒めた人参と玉子を、薄口醤油・砂糖・お酢で煮た感じ。
              沖縄の人参シリシリ、タイのパッタイの人参の風味に似ている。
              シンプルだけど、美味しい。
四季豆(インゲン豆)の煮物・・・太め、濃い緑色の四季豆。見ため硬いかな?と思ったけれど、柔らか。
                    一度素揚げしてから、煮込み。薄口醤油と砂糖の甘辛風味。
瓜と木耳の炒め物・・・瓜(冬瓜より少し硬めの食感、大きな胡瓜かも)と木耳、魚の練り物の煮込み。
              味付けしっかりめ、瓜がとろんとしてとても美味しい。
              塩風味の味付け、魚の出汁が効いている。
30元(量り売りだか、目分量だか)

ステンレスのバットに盛り付けられた、いろんなお料理。
いろんな色の野菜に、肉が合わせてあったり、魚が合わせてあったり。
学食や社員食堂の、サラダバーのよう。
好きなものを、好きなだけ、紙の容器に詰め合わせ。
主に、野菜だけのものを選択。
見逃せなった、トマトと玉子の炒め物と茄子の揚げ浸し(とても好き)。
どのお料理も、日本のお惣菜と味付けの仕方が似ていて、馴染み深い。
野菜の食感や、組み合わせ方の違いで、台湾らしさを味わえる。
屏東の便當屋さんの味付けにとても似ていて、
定番の味付けなんだろうなあ、と思う。
(化学調味料を使われているように思う)
とても広い、フードコートのような店構え。
店の外に、清粥小菜のコーナー(麺類、お粥、ご飯、スープなど)、
店の中には揚げ物や汁物や丼ものなど(だったように思う、注文してから調理)、
テーブルがあり、中でいただける。
ショッピングモールのフードコートのような、印象。
メニュー数がとても多いから、地元の人にはとても重宝するお店だろうなあ!

P便當1 P便當2
清粥小菜(お店の名前かは分からない)
台鉄大橋駅近く

自在軒/ 台湾・台南

2018年01月24日 23:40

杏仁茶
杏仁2
お茶スタンドの、杏仁茶。
お湯の割合が多くて、水っぽい感じではあるけれど、
(専門店の杏仁茶は、とろっとしている)
風味はしっかり杏仁、濃さも思っていたより薄くない。
甘さやや控えめ、だけれど悪くない。
味わうには物足りないけれど、
喉を潤すには、満たされる。
45元

いつもの杏仁茶が恋しくて、
府中街の杏仁茶屋台に行ってみるけど、休業。
(平日の府中街、寂しくなるくらいにガラガラ。
 ほとんどのお店は、お休み、、、。)
どうしても飲みたい、杏仁茶。
歩いて、歩いて、発見したお茶専門のスタンド’自在軒’。
台南市内にもたくさんの店舗がある、お茶所(な印象)。
紅茶に、緑茶に、果物ジュース。
珈琲や、トースト、麺類、水餃などもあり。
沢山あるメニューの中から、’杏仁可可’なるのも、発見。
杏仁ココア?杏仁があるなら、杏仁茶もあるだろう!
ということで、メニューにないけど作って貰う(感謝)。
とにかく、お茶の種類たくさん。
花のお茶に、果物のお茶、いろんなトッピングのミルクティー。
お茶好きなら、たまらない品揃え。
杏仁1
自在軒 中西区友愛街1號

早安!美芝城 / 台湾・台南

2018年01月21日 00:27

藍苺起司土司
ジャムT1 ジャムT2
ジャムT3
ブルーベリージャムとチーズの、トーストサンド。
(苺ジャムだと思っていたら、藍苺(ブルーベリー)だった、、、ああ!)
薄切り食パン2枚をトーストして(炭火ではないと思われる)、
たっぷりのブルーベリージャム(果肉入り)、
レッドチェダーチーズのスライスをサンド。
(パンをトーストした後にチーズを挟んでいるから、チーズはあまりとろけていない)
出来立て数分後、
パンがややカサッとした食感(しっとり感少なめで乾燥気味)、
冷めると、硬くなってパサつきが出るタイプ。
甘み控えめ、ふんわり感も控えめ。
イースト多めで短時間発酵、きっと、そのような生地。
たっぷりなブルーベリージャムはほどよい甘さだけれど、
インパクト強め、チーズよりも強め。
苺ジャムとチーズの組み合わせの方が、好みかもしれない。
パンの風味がいまいちだと、凹むなあ、、、。
出来立てを速攻でいただくべきだったのかもしれない。
(喜得炭火焼三明治のパンが美味しかったから、
 どうしたって、比べてしまう)
25元くらい

気になっていた祀典武廟近くの、炭火焼三明治のお店。
向かってみたけど遅かった、店終い。
さて、どうしよう。
「洪瑞珍」の苺ジャムとチーズの三明治(温かくないサンドイッチ)がずっと頭にあって、
伺おうかなあとも思ったのだけれど、
今回、何だかトーストサンドを食べたい気分。
でも、苺とチーズの組み合わせはどこかで試してみたかったから、
早餐店を探して、歩く。
早安!美芝城、発見。
どうやら、パン系朝ご飯のチェーン店(の印象)。
果醤土司(ジャムトースト)はあったけど、チーズ入りはなく。
前回の味を占めて、特別注文(感謝!)。
とにかくメニュー沢山(だけど全然理解できなかった)、
漢堡(バンズ)、吐司(食パン)、佛卡夏(フォカッチャ)、法式燒餅、
香榭軟法(コッペ)、可頌(クロワッサン)、貝果(ベーグル)、丹麥吐司(デニッシュ食パン)などのサンドいろいろ、
蛋餅、大根餅などもある様子。
コッペ、フォカッチャ、デニッシュ食パンのサンドは魅力的ではないか!
ジャムT4
早安!美芝城 中西区永福寺二段74號

阿憨鹹粥 / 台湾・台南

2018年01月21日 00:25

虱目魚肚湯(虱目魚スープ)
サバヒー1 サバヒー2
台南名物、虱目魚(サバヒー)。
サバなどと同じ青魚類だと思うのだけれど、
サバよりも生臭さは強くない印象で、身は柔らかくてジューシー。
背の部分(だと思う)には脂がのっていて、とろんとした食感。
(このとろんとしたところが、好き)
スープは、葱などの香味が効いた塩風味で、とても優しい味。
魚は生臭さがなくて、とても新鮮。
英語で’ミルクフィッシュ’と呼ばれるのは、
身がとてもミルキーな白い色をしていて、
フレッシュな風味だからかもなあ、と思う。
台湾では朝ご飯に、
お米を入れたサバヒーお粥 ’虱目魚肚粥’が、人気。
ちょっと味付け薄めだなあと思ったけれど、
朝にお粥としていただくには、
これくらいあっさりしていた方がいいのかもしれない。
虱目魚を、煮付けにしたら美味しいだろうなあ、、、。
70元くらい

虱目魚肚湯や虱目魚肚粥をいただけるお店は
いくつかあるのだけれど、
夜も開いている阿憨鹹粥で外帯(テイクアウト)。
ビニール袋に入れて渡されるから、
ああ、何だか夜店の金魚のようだ、、、。
大衆食堂のような雰囲気で、席数もたくさん。
他に虱目魚の頭や皮、腸などのメニューもあり。
(頭は大きな頭3匹分も盛られるから、あきらめた)
サバヒー3
阿憨鹹粥 台南市公園南路169号

サバヒー4
一甲子で入手した、冷凍水餃と麻辣臭豆腐を火鍋に。
火鍋とは、いろんなものを鍋で煮込む、日本のお鍋のような料理。
茼蒿(春菊のような葉野菜)、エノキ茸、筍を入れて、
一甲子特製スープ(美味しい!)で煮込む。
臭豆腐がとても美味しい、
そして部屋中が、臭豆腐の香り。
(必ず、窓を開けて調理しないといけない)

喜得炭火燒三明治 / 台湾・台南

2018年01月18日 22:44

起司蛋三明治
喜得大橋1 喜得大橋2
初、炭火焼きのサンドイッチ。
チーズと玉子焼きの、炭火焼三明治。
炭火で炙られた薄切り食パン3枚(厚み1㎝くらい)に、
レッドチェダーチーズのスライスと、薄焼き玉子をサンド。
出来立てアツアツを頂きたかったけれど、
今回も外帯(テイクアウト)。
紙袋の封をしっかり閉じてしっとりさをキープ、
1時間ほど経ってから、念願の炭火焼き三明治。
冷めてしまったからあまり期待はしていなかったけれど、
一度焼いて冷めてしまったにもかかわらず、
食パンが、とてもしっとり柔らかい(パサパサ硬くない!)。
パン生地、甘みがあってとてもふんわり、
チーズと玉子焼きは全然とろんとしていないのだけれど、
風味がとてもいい、ちょうどいい塩加減。
台湾の食パンは日本のもの(市販)に比べて、甘みがやや強め。
コッペパン生地のようなほんわり優しい甘さで、とても美味しい。
(台北・洪瑞珍三明治の食パンもほんのり甘みがあって
 しっとり柔らかでとても美味しかった)
炭火焼のスモーキーなこんがり風味は、あまりない。
冷めてもこんなに美味しいのだから、
とろとろチーズの、ほわほわ玉子焼きの、
サクッとしっとりなパン生地の焼き立てサンドは、
間違いなく、美味しいだろう。
35元くらい
西子湾
高雄・西子湾を眺めながら、三明治。
暑いくらいの、太陽の日差し。
ああ、幸せ!

台南に本店のある、炭火焼サンドイッチのチェーン店。
台南を中心に、たくさんの店舗あり。
厳選された食材使用、調理方法なども厳しく定められている様子。
炭火焼きトーストは、七輪のようなものでササっと手際よくトースト。
メニューは、三明治、吐司、刈包(饅頭のバーガー)、漢堡(ハンバーガー)、蛋餅など、
具材もベーコン、チキン、ツナ、焼肉、生野菜など種類たくさん。
(店舗によってメニューは違う)
シンプルなチーズと玉子焼きの炭火焼き三明治はメニューにはなく、
特注で。(メニューになくても、作ってもらえる可能性あり)

ずっと疑問に思っていたのが、三明治と吐司の違い。
どちらも食パンのサンドイッチなんだけれど、
三明治は3枚、吐司は2枚のパンを使用。
また、台湾では食パン自体を’吐司(トースト)’と呼ぶ。
日本では、炙ったものをトーストと呼ぶから、混乱する。

喜得大橋3
喜得炭火燒三明治
永康区東橋十街19號

一甲子 / 台湾・台南

2018年01月17日 23:10

素食水餃
水餃1 水餃3
麻辣臭豆腐                黄金泡菜
水餃4 水餃5
水餃2
素食(菜食)の、水餃子。
キャベツ、ニンジン、キノコ、木耳、グルテンミート(大豆加工品)などを
(春雨のようなものも入っていた気がする)
醤油、塩、調味料などで調味したものを、皮に包んで茹で上げ。
キノコやグルテンミート、木耳の食感が豚ミンチ肉のよう、
食べ応えがあってジューシーで、肉入りのような食感。
調味料(野菜ベースの粉末調味料、化学調味料かもしれない)が入っているから、
味がたよりない、ということはない。
以前、横浜の中華街の素食料理店で頂いた水餃子の風味に似ていて、
同じような調味料が使われているのかも、と思う。
お湯で茹でられた餃子は、もちもちプリプリ。
そのままでも美味しいけれど、自家製の醤油タレを付けるとさらに美味しい。
(個人的には、香ばしさのある焼き餃子の食感のほうが好き)
辛みの効いた、煮込みの臭豆腐。
今まで、揚げた臭豆腐(油炸臭豆腐)は何度かいただいたけれど、
煮込みは初めて(煮込んだ方が臭いが強いらしい)。
初めて見る、灰色がかった臭豆腐。
臭さはあまり気にならない、とても深い発酵の風味。
豆腐自体が、とても美味しい。
今までいただいた臭豆腐の中で、一番風味がいい。
(灰色がかっているのが、うまみの要素だろうか?)
ほどよい辛みのスープの風味も、とてもいい。
発酵、って奥深い!
自家製の泡菜(発酵させた漬物)。
白菜(だと思う)を塩、唐辛子、調味料などで漬け込んだもの。
マイルドな辛みと、こくのあるクリーミーな甘みが後をひく。
みりん?砂糖?(味噌は使っていないとおっしゃっていた)
他とは違う、とても個性的な泡菜。
泡菜の味が店によって違うのも、とても興味深い。
やっぱり発酵って、奥深い。

桂圓蓮子圓仔湯
水餃子8 水餃子7
甘く炊かれた豆、実、ドライフルーツ(柔らかめ)、白玉などを、
ほんのり甘みのついた汁と一緒にいただく、デザート。
小豆、ピーナッツ、蓮の実、タロイモ、パイナップル、乾燥龍眼、白玉などから
好きなものを選び、汁をかけて貰う。
汁は小豆を炊いて砂糖で甘みをつけたような、お汁粉のような風味(甘さ控えめ)。
いわゆる和風の甘味はあまり好みではなく、
勧められて、興味のあった食材、蓮子(蓮の実)と桂圓(乾燥龍眼)を少し。
蓮子はほんのり甘く炊かれていて、ホクホク。
栗のようなホクホクさ、クリーミーで柔らかい。
マカデミアナッツを柔らかくしたような風味でもある。
汁に入れていただくより、そのまま(できればカリっとしたものを)摘まみたい。
桂圓(龍眼)は、期待していたより甘みが少なく、
龍眼そのものの風味、漢方のような風味。
高雄の呉寶春麥方店(パン屋)の桂圓麵包の龍眼が美味しい(デーツのような風味)のは、
甘いお酒に浸してあるからだ、と思う。

五葷(ネギ、ニンニク、韮、らっきょう、アサツキ)も使用しない、
全素(完全菜食)のお店。
メニューは、水餃子、泡菜、臭豆腐、火鍋類、圓仔湯。
ニンニク、ネギなどの香味野菜を使わずに、
とても風味のいい味に仕上がるのは、
スパイスや調味料、発酵をうまく組み合わせているからなんだろうなあ、と思う。
普段は普通の食生活だけれど、週1だけ菜食などという人々も多く、
台湾には素食の食堂やレストランが多くて、日常の生活に根付いている感じ。
水餃子6
一甲子 台南・国華一段97號

柳丁汁 7-ELEVEN / 台湾・台南

2018年01月14日 22:49

柳丁汁
OJseven.jpg
セブンイレブンiselectのフルーツ100%ジュース。
今まで、林檎とキウイは頂いたことがあるけれど、
今回、オレンジジュースを初めて発見!
オレンジをそのままギュッと絞って、充填。
(というイラスト説明あり)
果肉感はないけれど、フレッシュなオレンジジュース。
酸味やや控えめで、パンチ控えめ。
「園之味」というブランドの柳橙汁のほうが、
酸味、甘み、果肉感が濃いように思う。
(コンビニで購入可能)
iselectシリーズでは、林檎ジュースが一番お気に入り。
35元
セブンイレブン

風味拿鐵(棒果)・卡布奇諾 7‐ELEVEN / 台湾・台南

2018年01月14日 22:23

風味拿鐵(棒果)
7ラテヘーゼル 7ラテヘーゼル2
フレーバーラテの、ヘーゼルナッツ風味。
マシンから抽出されるカフェラテではなく、
粉にお湯を注ぐインスタントタイプ(目撃してしまった、ああ、、、)。
特にミルクが、粉末特有の風味。
パウダーにお湯を注ぐだけでこんなに泡々になるのが、
とっても不思議。
甘みしっかり、ナッツっぽさもあり、珈琲風味もしっかり、
それなりに美味しくいただける(缶コーヒーよりは、美味しい)。
他に、キャラメル、バニラ風味、抹茶ラテなどもあり。
Mサイズ 55元くらい

卡布奇諾
7カプチーノ 7カプチーノ1
カプチーノ。
カフェラテ、カプチーノはマシン抽出。
台湾のコンビニ珈琲(セブンイレブン、ファミリーマート)はとても美味しくて、
種類が豊富、サイズも豊富。
紅茶系、珈琲系、チョコレート系にお茶系。
街中至る所にコンビニがあるから、本当に重宝。
日本のコンビニの珈琲よりも、
安くて美味しいのではないかと思っている。
Mサイズ 45元

ファミリーマートの重烘焙(Dark Roast)のラテは、
珈琲が濃くて、とても美味しい。

永和豆漿 / 台湾・屏東

2018年01月12日 22:35

起司蛋餅
永和5 永和6
小麦粉生地をクレープのように薄く伸ばして焼き、
刻みネギを混ぜ込んだ薄い玉子焼き(別焼き)にのせて、
くるくる巻きあげた、蛋餅。
生地は薄くて、モチモチしっとり。
クレープよりも、もっちり弾力。
(片栗粉などが入っているのかもしれない)

2年ぶりの(3年ぶりかもしれない)の、蛋餅。
チーズ入りの、起司蛋餅(前回も、そうだった)。
外帯(テイクアウト)で。
出来たて熱々を頂きたかったけれど(チーズがとろり)、
遠征先でのお昼ご飯用に。
ずいぶん時間が経ってから、、、
皮は冷めてやや硬め(焼き上がり時の蒸気でしっとり感は残る)、
もちもちしているけれど、歯切れいい。
ほどよい塩加減の薄い玉子焼き、
ネギの風味、ほんのり。
チーズ、台湾らしいレッドのチェダー、
とろとろが冷めて固まって、ああ!
鉄板にしっかり油をひいて焼き上げられるんだけれど、
油っぽさはあまりない。
冷たい蛋餅、ぴっとりもちもち、
玉子焼きもチーズも全くとろけないけど、
そのままでもなかなか美味しい。
でも、ソースがあったほうがより美味しいし、
(内用(イートイン)だと、好みでソースをかけられる)
出来立て熱々のほうが、断然美味しい。
(いや、熱々をいただくべきだ)
25元くらい

台北、台南でも見かけた「永和豆漿」。
チェーン店なのか、名前が同じだけなのかは分からない。
蛋餅、焼餅、油條、饅頭(蒸しまん)、煎餃(焼き餃子)、吐司、三明治、
甘い系やらしょっぱい系、具材もいろいろ、
飲み物も、豆漿、紅茶牛奶など。
どれもこれも、出来立て温かいのを頂ける。
永和1 永和2
永和4 永和3
永和豆漿 屏東

真好味快餐 屏東観光夜市 / 台湾・屏東

2018年01月11日 23:53

便當
弁当4
トマトと卵の炒め物・・・
(日本では頂いたことはあるのだけれど、台湾では初めて)
醤油と砂糖の甘辛風味に、
トマトの酸味(お酢も入っているかもしれない)。
玉子はやや火入れ長めで硬め、もうちょっと柔らかいほうが好み。
とても美味しい、好きな味。
茄子の甘辛炒め・・・
揚げた茄子を、甘辛ダレで煮込んだもの。
(揚げた後、タレに浸してあるだけかもしれない)
茄子がとてもジューシーで柔らかい、
色が青紫色でとても綺麗。
日本の揚げ浸しのような風味、やや甘みは強い。
こちらも、とても好きな味。

好きなお惣菜を好きなだけ容器に詰める、
お弁当屋さん。
(便當の語源は、日本の弁当からきているらしい)
肉、魚、野菜、卵、色んな種類のお料理がたくさん。
お肉の煮つけや魚のフライ(肉・魚類はあまり見ていない)、
野菜だけのお料理、野菜とお肉を一緒に炒めたお料理。
こんなに沢山お惣菜の種類があったのか、って思うほど、
いろんな種類。
(日本でいう、きんぴら牛蒡やひじきの煮物、サバの味噌煮などにあたる、
 典型的なお惣菜だと思われる)
ご飯やスープなども付けられ、値段は一定かもしくは量り売り(未確認)。
予想以上に野菜料理が多くて迷うのだけれど、
結局、選んだのは自分の好きなもの。
日本では馴染みがあっても、台湾の調理法では初めて。
とても馴染みがある風味なんだけれど、
甘みの強さが台湾の南部らしい味付け。
とても美味しくて、家庭的。
(化学調味料は使われているような気がする)
弁当3 弁当2
弁当1
真好味快餐
屏東観光夜市

𩵚魠魚焿 屏東観光夜市 / 台湾・屏東

2018年01月11日 23:22

𩵚魠魚焿
土托2 
衣を付けてカラッと揚げた白身の魚(サワラのような風味)に、
とろみのついたスープをかけたもの。
外帯(テイクアウト)用で注文、
スープと魚が一緒になったものを、少し時間が経ってから頂いたから、
衣にスープが染み込んで、しっとり。
(店内で出来立てを頂いたら、衣はサクッとしていたに違いない)
白身魚は肉厚でとてもジューシー、締っているけど柔らかい。
とても新鮮で、魚臭さがなくて食べやすい。
スープは魚出汁の効いたやや甘みのある薄口醤油味、
とろみがついていて、とても美味しい。
魚の唐揚げ(フライというより唐揚げの印象)自体にも、
軽く味付けはしてあるように思う。
ほっとする、優しい味わい(やや味付けは薄めかもしれない)。
好みで、米麺や粉麺を入れて貰える。
店内で頂く揚げたてが、サクサクジューシーで一番美味しい。
(以前、台南・国華街で頂いた𩵚魠魚焿はサクサクだった!)
50元
土托1
𩵚魠魚焿 
屏東観光夜市

阿狗切仔擔 屏東観光夜市 / 台湾・屏東

2018年01月11日 22:50

黒白切
切子4 切子5
お店に並べられた食材の中から好みのものを選ぶと、
(ほとんどが豚肉や豚肉の内臓を加工したもの)
大きなスープ鍋で煮込んで、適当な大きさにブツブツ切って、
タレを付けて盛り付けて貰える。
初めての、黒白切。
食材のほとんどが肉類の中で、
野菜は大根とニラ(魚の練り物のようなものもあった気がする)。
外帯(テイクアウト)用で、注文。
紙の容器に、たっぷりの細切り生姜と一緒に。タレは別添え。
豚肉ベースのスープで煮込まれている(たぶん)のだけれど、
肉臭さはあまり強くない。
トロトロではないけれど、それなりに柔らかい大根。
日本の大根は煮込むと透き通った白色になるけれど、
こちらの大根は、白色が強い。
生姜風味の効いた(結構強い)甘辛タレ、
味噌タレのようにこってりしていて濃厚(味噌は入っていないと思うのだけれど)、
馴染みのある甘辛風味が、とても美味しい。
ガツンとくる生姜の辛みが、とても好み。
ニラはカツオ節のようなものをまぶして、醤油風味の味付け。
日本のお浸しのような味。
どちらも馴染み深い風味で、美味しい。
他に、麺類などもあり。
豚肉系(加工品などは自家製だと思われる)が人気なんだろう、と思う。
とても人気のお店。
個人的には滷味(五香粉などのスパイスで煮込んだ料理)のほうが、好み。
量り売り
切子3 切子2
切子1
阿狗切仔擔
屏東観光夜市 屏東駅から5分くらい

原味珍塩水鶏 / 台北・寧夏夜市

2017年05月13日 22:38

豆皮、高麗菜
塩鶏3 塩鶏4
好きな具材を選んで、自家製の塩ダレで和えて貰う。
豆皮と高麗菜(キャベツ)。
厚めの湯葉をさっと揚げたような、豆皮。
薄揚げにも似ているけれど、
違うのは、中がくるくる層になっているところ。
煮汁でじっくり煮込まれているものは、とてもジューシー。
この豆皮も、一度煮込んで下味をつけてあるようで、
味が染み込んでいて、とても柔らかい。
高麗菜、キャベツ。
しっかり茹でてあって、とても柔らかい(私好み)。
鶏ガラベースの濃厚な塩ダレ、
白ご飯やビールが欲しくなる、濃い味付け。
好みで豆板醤を加えて貰える、
微辛、ってお願いしたけど、結構辛い。
久しぶりにいただいた、がっつり鶏出汁の、
焼肉の塩ダレのような(イメージ)、夏の味。
美味しくて、お酒のお供に最適、
でも、もうちょっと塩分控えめでもいいかも、とも思う。
40元
ビール40元くらい(近くのコンビニで)

お店に並んでいるのは、茹でられた鶏肉や野菜。
アルミのボウルに好きなものを入れて、塩ダレで和えてもらう。
鶏肉は様々な部位が陳列されていたように思う(未確認)。
野菜類は、ブロッコリー、オクラ、インゲン、
ベビーコーン、筍、大根、キャベツ、木耳など。
大豆製品は、豆皮(豆腐もあったかもしれない)。
選んだ食材を食べやすい大きさに切って、
塩ダレやスパイス(胡椒類)と、混ぜ混ぜ。
袋に入れて、竹串を付けて貰える。
お店の後ろにはテーブルもあって、座って頂ける。
テーブルにはメニューが置かれてあったから、
もしかすると、他の料理もあるのかもしれない。
塩鶏1 塩鶏2
寧夏夜市 100番
MRT中山から10分くらい

Pure Bread Bakery / 麵包 台北・大安

2017年02月10日 23:02

原味酸麵團
pb6.jpg pb1.jpg
ルヴァン種(サワー種かな)で低温長時間発酵させた、
酸味のある、サワードゥ。
白い粉だけで捏ねられた、シンプルなサワードゥ。
深みのある、熟成された香り。
しっかり焼き込まれて 皮バリバリ。
皮やや厚めで硬め、
中しっかり噛み応えあり、噛み切りもいい。
ややパサ感あるのは、加水量のせい?
酸味あり、強過ぎないけど しっかり酸味。
酵母のうまみも、じわじわ。
トーストすると、皮パリッと軽く。
中も水分飛んで、さっくり。
日が経つほどに(冷凍保管)酸味まろやか、
生地も馴染んで、風味がよくなる。
じわじわ、美味しい。

核桃葡萄乾三麥酸麵團
pb7.jpg pb2.jpg
三種類の粉を使った、サワードゥ。
小麦粉、全粒粉、ライ麦の生地に、クルミとレーズン入り。
しっかり焼き込み、皮とても香ばしくて芳醇。
皮弾きは強過ぎず、噛み切りはいい。
中しっかり詰まって、噛み切りもいい。
酸味はあるけど強過ぎず、ライ麦のまろやかな風味。
噛むほどに、うまみと粉の風味、
香ばしいクルミと、甘酸っぱいレーズンの風味。
原味酸麵團 とはまた違った、奥深い味わい。
加水は、あまり高くないように思う。
トーストすると、皮ザックリ中しっかり噛み応え。
生地が、美味しい。
具の入っていないシンプルな三麥酸麵團、頂いてみたい。
日を置くごとに、風味はよくなる。
原味140元、三麥150元

自家製酵母でゆっくり発酵させた、
酸味を味わう、サワードゥ。
フランスのパン・オ・ルヴァンよりは、
サンフランシスコのサワードゥ・ブレッドに近いイメージ。
(どちらも、現地のものはまだ食べたことがない、、、)
がっつりワイルドに焼き上げられた、パン。
風味が逃げてしまうからって、切り売りはお断り。
パンに対する愛情、人一倍。
台湾では珍しい、サワードゥ・ブレッドを得意とするパン屋さん。
5、6種類のサワードゥに(ホール売りのみだから、たくさん買えない!)
他に、クロワッサン、シナモンロールなどのペストリー、
チャパタ、フォカッチャなどのイタリアパン。
種類は少ないけれど、どれもとても魅力的。
酸味の強いパンは 毎日食べるには重いけど、
やっぱりたまに、恋しくなる。
日が経つごとに風味が変わっていくのが、
ほんとうに魅力的。
酵母は日々、生きている!
高温で焼き込んだって、生きている!
pb4.jpg pb5.jpg

pb3.jpg
PureBread 
MRT大安から10分くらい

吳寶春麥方店 / 麵包 台北・市政府

2017年02月04日 23:54

酒釀桂圓麵包
wp1.jpg wp2.jpg
今回も、Wu Pao Chunの桂圓麵包。
初めて訪れた時に 高雄店で買った、
もう生産中止になったと思っていた黒糖桂圓もあった(!)けど、
迷って迷って、黒糖の入っていない方を選ぶ。
燻製された乾燥龍眼のスモーキーな風味、
クルミの香ばしさと、味わい深い生地の風味。
皮が薄くて柔らかい。
しっかり焼き込んであるのに、皮柔らかい。
発酵3日(だったと思う)、
自家製酵母のほわんとしたいい香り、
生地の口どけがとてもよく、
数日経っても、しっとり柔らか。
砂糖も乳製品も油脂も入っていないのに、
なんでこんなに、しっとり柔らか続くんだろう!
ちょっと癖のある燻製龍眼の風味が、とても好き。
今回は他のパンにしようか、って思うんだけど、
ここでしか味わえないこの味が恋しくて、
また、同じのを買ってしまうのだ。
(そして、とても大きいから、他のパンは買えない)
中サイズ 200元

誠品グループの立派なショッピングビル、
駅からちょっと遠いから、ビル自体も大きいから(敷地が広い)、
お店にたどり着くのが、ちょっと大変。
地下には、お洒落なカフェやレストラン、
上階は洋服屋さんや、誠品書店(たぶん)。
高雄のお店のほうが、行きやすい、、、。
wp3.jpg wp4.jpg
吳寶春麥方店
誠品松菸店B2 MRT市政府駅から10分くらい

一禾堂麺包本舖 / 麺包 台北・忠孝敦化

2017年01月29日 23:56

水果裸麥
一3
大きく焼き込まれた、ドライフルーツとナッツのライ麦パン。
石臼挽き粉(自家製粉)使用、自家製酵母使用。
金柑の蜂蜜漬け(かな?)、レーズン、クルミなど具沢山。
皮薄めで柔らかしっとり、中しっとり柔らかい。
もっちり感あるけど、噛み切りはいい。
金柑の風味強めでインパクトあり、
強過ぎないライ麦の風味、食べやすい。
ほんわり酵母の風味、麹のような優しい風味。
個人的に柑橘入りは、
生地の味が分からなくなるから好みでないけど、
とても美味しい、生地がおいしい。
粉の風味が、新鮮な気がする。
珍しくて有難い、好きな分だけ量り売り。
(遅い時間に行くと、すでにカットされたものが袋入り)
1スライス 40元くらい(結構高級)

全麥土司
一4 一5
乳製品不使用(全素)、全粒粉のハードトースト。
油脂と砂糖は、使用。
油脂を入れているからか、自家製酵母(たぶん)だけれどとても軽い。
そのままで、皮しっとり柔らか、中ふんわり。
全粒粉入りなのに、とっても軽い。
粉の風味と、ほんのり砂糖の甘み、
土っぽさ(全粒粉特有の)はなく 食べやすい。
トーストすると、サックリふんわり。
そのままで とても美味しい、
バターをのせると もっと美味しい。
スライス済みだったのが、残念。
70元くらい

店内に置かれた立派な石臼製粉機で、
時間をかけて自家製粉。
日本の製粉会社から取り寄せた粉(かな)、
リスドォルやカメリヤの大袋のディスプレイ。
店内はとても広くて、パンの種類もとっても豊富。
バゲットやライ麦パン、カンパーニュなどのハード系、
あんパンや塩パン、メロンパンなどの菓子パン系。
ロールケーキやチーズケーキ、マドレーヌなどもあり。
どれもこれも、とても丁寧な仕上がり。
素材も厳選、バターはエシレやイズニー(!)。
頂いてみたかった大きな葡萄酒パンは、
売り切れ、残念。
もっちり好きな日本の人々に、人気だろうと思う。
とても美味しい。

一1 一2
一禾堂麺包本舖
MRT忠孝敦化から5分くらい

洪瑞珍三明治專賣店 / 三明治 台北・忠考東路四段

2017年01月27日 23:54

全麥起士三明治
三5 三6
全粒粉食パンに、卵焼きとチーズを挟んだサンドイッチ。
ふわふわしっとり柔らかな、全粒粉入りの薄切り食パン(厚さ10mmくらい)。
真ん中にはレッドチェダーのスライスチーズと、ほんのり甘くて軽いホイップクリーム。
両サイドは、2mmくらいの超薄卵焼きと、甘みのあるマヨネーズ(台湾マヨネーズ)。
鞄の中に入れておくと(一番上に入れておいたのに!)、形が崩れてしまうほどに柔らかい。
全粒粉入りのパンだけど、軽くてとても食べやすい。
ほんのり甘みもあって、それだけでも美味しい。
卵焼きとチーズと、甘いマヨネーズとホイップクリーム。
塩味と甘みの、組み合わせ。
単独で、それぞれに美味しい。
4層いっしょに食べて、さらに美味しい。
具材(超)控えめ、パン生地メインのサンドイッチ。
サンドイッチは滅多に食べないけれど(パンだけで食べたい)、
これは、また食べたい美味しさ。
この旅いちばんの、美味しい発見かもしれない。
(予想外の美味しさ、という意味で)
25元

三2 三3
台中に本店のある三明治のお店、洪瑞珍。
洪瑞珍という名前の三明治屋さんはたくさんあって、
どれが本家のものか 分からない。
こちらのお店は、台北本店(たぶん)。
台中の洪瑞珍とは無関係かもしれないのだけれど、
そんなことはどうでもいいくらいに、美味しいサンドイッチ。
他にハムチーズ、苺ジャムチーズ、マーマレードチーズなど。
薄紙のラッピングも素敵(1つずつ手で包んでいるんだろうか!)、
たくさん買うと、箱に入れて貰える。
ああ!苺ジャムチーズが気になるんだけれど、
次回もまた同じものを買ってしまうかも、しれないなあ。

三1
洪瑞珍三明治專賣店 大安店
MRT忠考敦化より5分くらい

老天禄滷味 / 滷味 台北・西門

2017年01月27日 23:51

毛豆
老天3
滷味の煮汁で茹でられているのか、
味付きの枝豆。
豆自体も、艶々していて甘みあり。
ピリッと胡椒の風味が効いていて、とても美味しい。
日本の塩茹での枝豆とは、一味違う風味。

豆干
老天2
豆腐を軽く干して水抜きした、豆干。
歯応えのある、硬めの豆腐。
滷味の煮汁でしっかり味付け、
醤油と砂糖と、五香粉などの調味料。
とても、美味しい。
各20元

誠品書店に向かう途中、偶然発見。
行列の、滷味のお店。
鴨、鶏、牛など(臓物あり)肉類がメインで、種類たくさん。
野菜類はなく、豆製品、昆布、卵が数種類。
濃いめの味付けで、おつまみに最適。
とても、美味しい。
古くからのお店のようで、時間帯によっては行列。
遅い時間に行くと、品切れのものもあり。
それぞれ品名と値段が書かれているので、
注文しやすい。
持ち帰りのみ、10元~。
老天1
老天禄滷味
MRT西問から10分くらい


最新記事