原杏杏仁茶 / 杏仁茶 台北・忠孝東路四段

2017年01月24日 00:03

杏仁茶
杏仁3 杏仁2
台湾に来たら、、、カキ氷よりも、杏仁茶。
温かい杏仁茶を頂きたかったのだけれど、
時間がなくて、持ち帰り。
ガラス瓶入りで、とても素敵。
丁寧に手作りされた杏仁茶、
濃くてとろんとしていて、風味がいい。
甘さは、控えめ。
個人的には、もうちょっと甘いほうが好みだけれど、
でも、美味しい。
300ccボトル 70元

屋台風の店構えに、赤い提灯。
台南の美味しい杏仁茶屋台’原作杏仁茶’に
とても似ているなあと思っていたら、
台南のお店は、妹さんのお店。
台南と台北では 杏の種類が違うようで(気候が違うせい?)、
杏仁茶の風味も違う、らしい。
(私には、風味の違いは分からなかった!)
地域によって 人々の味の好みも違うようで、
台北では、甘さ控えめを好む人が増えてきたため、
原杏杏仁茶では、砂糖控えめ。
(台南の原作杏仁茶も、2度目に伺ったときには以前より甘さ控えめになっていた)
こちらのお店には、杏仁豆腐もあり。
屋台の後ろには席があって、その場でゆっくりいただける。
温かい杏仁茶に油條(揚げパン)を浸して、頂いてみたいなあ。
杏仁1 
原杏杏仁茶
MRT忠孝敦化から10分くらい

カンパーニュ生地

2017年01月23日 23:23

キタホナミB、キタホナミ準強力、準強力全粒、石臼ライ全粒。
酵母ポーリッシュ50%、種長時間、
本捏ね短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
ああ、、、軽量ミス?
捏ね上げ生地、成形できないくらいにゆる過ぎる。
あわてて、粉を追加。
水分間違えたか、粉量間違えたか、計りが狂っていたか(これ困る)。
焼き上がり、色付き超薄め、且つ ぷわんと酸の香り。
久々にやってしまったか、、、過発酵。
焼き上がり、奇跡的にいつもと同じ重さに(やっぱり、粉量のミス?)。
予想外、酸味ほとんどなし。
皮超硬めだけれど、中しっとり柔らか。
うまみほんのり、甘みと粉の風味もあり。
なのに、どうしてこんなに色薄いんだろう?
どうしてこんなに皮硬いんだろう?
分からない。
やや、粉っぽい。
皮が、粉っぽい。
キタホナミを入れ過ぎているのかも、しれない。
次回、キタホナミは控えめに。
120camp.jpg 120camp2.jpg

キタホナミB、超硬質小麦、準強力全粒粉、石臼ライ麦全粒。
酵母ポーリッシュ70%、短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
種の割合を多めに、しっかり叩き捏ね。
皮超弾力、弾き強い。
焼き込み長めで、香ばしい。
中、しっとりもっちり、柔らかいけど噛み応えあり。
しっかり捏ねるとふんわり生地になる、って思っていたけれど、
優し過ぎないしっかりな噛み応え。
気泡も、ぐんぐん上に伸びる。
うまみはそれなり、甘みあり、粉風味もいい具合。
なかなか、いい風味。
そのままで、美味しい。
種多めに配合しても、思っていたより重くない。
新しい、発見。
翌々日、なじんで皮柔らかめに(でも弾力あり)。
風味バランスは翌日の方がいい。
122camp.jpg 122camp2.jpg

春水堂 / 喫茶 台北・南京東路

2017年01月23日 22:45

熱香醇奶茶
MT1.jpg MT2.jpg
珍珠奶茶(タピオカミルクティー)で有名な、春水堂。
もちもちタピオカの入っていない、
シンプルな 温かいミルクティーを。
甘さは5段階くらいから選べるようになっていて、
半分の甘さ、50%を選択。
わ、これで ちょうどいい甘さ。
オリジナルの甘さなら、強烈に甘いと思われる。
茶葉の風味もよく、
ゆっくり煮出しているからか、渋みもほんの少し。
(ちょっとは渋みがあった方が好み)
やっぱり、ミルクが美味しい。
普段、好んで紅茶は選ばないけれど、
風味のいい、おいしいミルクティー。
冷めても、美味しい。
小サイズ95元

台中に本店のある、春水堂。
台北にも何店舗か支店があって(日本にも支店あり)、
MRT中山站近く、新光三越店へ。
(3年ほど前のガイドブックに載っている、
南京東路の路面店は閉店、おしゃれな麵屋さんになっていた、、、)
店内はとても混んでいて、
やっぱり、珍珠奶茶を注文するお客さんが多い。
店員さんは慣れた手付きで、
ガーッと勢いよく ミルクをカップ擦れ擦れまで注ぐんだけど、
まったく、こぼれない!
紅茶だけでも、生姜入り、胚芽入り、白木耳入りなど、種類たくさん。
鉄観音拿鐵(鉄観音茶のラテ)が、とても興味深い。
ドリンクの他、お料理のメニューも多数あり。
MT3.jpg MT4.jpg
春水堂 新光三越B2F(だったと思う)
MRT中山から1分くらい

鳳梨酥 / 李製餅家 台湾・林森北路

2017年01月22日 22:57

鳳梨酥
パイン3 パイン4
見ため、素朴なパイナップルケーキ
(ケーキというよりは、パイナップルパイ)。
外生地は油脂入りの(バターかな、ショートニングかな)、
パイのような、サクサクしっとりした感じ。
中にはパイナップル果肉を煮詰めた、硬めのペースト。
もしかすると、冬瓜も入っているかもしれない。
焼き直して、いただく。
皮サックサク、とても軽い。
パインペーストもほっこり、
甘過ぎず、重過ぎず、とても食べやすい。
そのままいただくより、トーストした方が、
サックリホクホクで美味しいと思われる。
16元

台湾のお菓子といえば、パイナップルケーキ。
以前いただいたものが好みでなくて、避けていた。
100年以上続く、老舗の李製餅家。
あまりにもパッケージがかわいくて、お土産に。
自分用にも、一つ買う。
本店は基隆、こちらは支店。
お店の前にいた台湾のおばちゃんが、
ここのは基隆より20%はおいしくない、
基隆のはもっと美味しいよ、って言っていたから(日本語で)、
本店のパインケーキは、もっと美味しいのかもしれない。
他に、月餅などのお菓子も多数あり。
パイン2 パイン1
李製餅家
MRT中山から10分くらい

味鼎蛋餅 / 早餐店 台北・南京復興

2017年01月19日 22:38

鹹豆漿
味1 味2
干しえびなどで出汁をとり、
ザーサイや魚の練り物、酸菜などを入れた、
豆乳のとろんとした、スープ。
細かくちぎった油條(揚げパン)入り。
2年前初めて頂いて感激した、高雄・興隆居の鹹豆漿以来。
台北でも、鹹豆漿を。

味鼎蛋餅の、鹹豆漿。
(紙カップ入りがちょっと残念、メラミンの器がよかった!)
しらす、ネギ、油條入り(酸菜も入っていたかも)。
赤いラー油はあまり辛くはなく、風味付け。
豆乳が、お酢で完全に分離してしまっていて、
おぼろ豆腐のスープ、な感じ。
ああ、柔らかい豆腐のかたまり、、、!
豆乳のとろんとした白いスープを期待していたから、
とっても、残念。
閉店時間に近いときに行ってしまったから、
もしかすると、煮込まれ過ぎた状態だったのかもしれない。
スープは出汁の風味もよく、
水分を吸ってジュワっとなった油條も美味しい。
(サクサクした揚げたてより、水分含んでとろとろした油條の方が好み)
朝の、人の出入りが激しい時間帯なら、
火の入り過ぎていない鹹豆漿を頂けたかもしれない!
(もしかすると、味鼎蛋餅のはおぼろ豆腐系なのかもしれない)
35元

羅葡糕
味3 味4
モチモチ、大根餅。
外帯(持ち帰り)用に。
食べやすいサイズに切り分けられた、焼きたて羅葡糕。
せっかくだから、こんがり熱々を。
もちもち柔らか、噛み切りやすい。
豚肉ソーセージの、風味。
少量だけれど、豚肉の挽肉入り。
(たぶんラードも、入っている)
ほんのり塩味、そのままだとやや味薄め。
醤油をつけていただくと、ちょうどよい味加減。
大根餅、っていうと素食(菜食)のイメージがあるけれど、
一般的には、豚肉が入っているのかもしれない。
外帯用の紙袋(内側はしっかりオイルコーティング)が、とても素敵。
30元

味5
お洒落で小奇麗な店内、
起司蛋餅が人気の、早餐店。
蛋餅も気になったけど、今回はどうしても鹹豆漿。
蛋餅、焼餅、肉包などメニューは豊富。
注文表は、書いても消せるホワイトボード式(初めて見た!)。
日本語表記、あり。
注文ごとに、入り口近くの大きな鉄板で焼き上げて貰える。
店員さんたちも、とても親切。
次回はもう一度、タイミングを狙って、
とろとろ鹹豆漿いただきたいなあ、、、。
味6
味鼎蛋餅 MRT南京復興から15分くらい

龍門客棧餃子館 / 餃子・滷味 台北・林森南路

2017年01月17日 23:57

竹筍
龍1 龍6
滷蛋
龍3 龍2
筍の煮物(滷味)、
五香粉などのスパイスは控えめ、
甘辛く砂糖と醤油、酒などで煮込まれた煮物。
日本の煮物に近く、馴染みのある味。
筍が柔らかくて、とても美味しい。
日本の、旬の筍の穂先のような柔らかさ。
チェンマイで頂いた、採れたての茹で筍もとても美味しかったけれど、
台湾の筍も柔らかくて、日本のものより好み。
味付けもしっかりで、新鮮な風味(艶々している)。
煮たまご、滷蛋。
白身に色が付くほど煮込まれていて、
味付けもしっかり。
しっかり茹でてあるのか、身が締まってやや硬め。
個人的には固ゆでより、半熟のほうが好き。
ほんとうに久しぶりに、茹でた卵をいただいた。
台湾ビール(大瓶!)と。
全部で170元

とても古くからの建物に少しだけ手を加えたような、
とても趣のある、素敵なお店。
右手の方に調理場があって、左が客席。
大きな丸いテーブル、四角いテーブルに、
たくさんで座ったり、一人で座ったり。
豚肉の水餃子が人気のようで、
大皿に盛られた水餃子を注文しているお客さんが、多い。
他に、麺類やスープ、煮物(肉類、大豆製品、昆布など)など、
麺類は豚肉、牛肉などの肉入りが多かったように思う。
入り口では、煮物(滷味)の持ち帰りのお客さんの列、
店内も混んではいるけれど、少人数ならすぐに案内して貰える感じ。
日本語も英語も通じないけれど、
日本語メニューあり、店員さんも忙しいのにとても親切。
(ほんとうに忙しそうだった)
一皿の量が多めだから、
大人数でいろいろ頼むのが楽しいだろうと思う。
とても雰囲気のある、お店。
龍5
龍門客棧餃子館
MRT善導寺から10分くらい

カンパーニュ生地

2017年01月17日 00:18

キタホナミB、準強力全粒、超硬質小麦、石臼ライ全粒。
酵母ポーリッシュ50%、短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
種の割合を増やしてみる。
焼き時間長め、釜伸びぽっこりいい具合。
皮硬めで弾き強め、苦味と香ばしさあり。
フランスパンの風味、いい風味。
酸味はなし、うまみ控えめ。
噛むと甘みと粉の風味。
思ったより重くない、しっとり噛み応えあり。
バタールも、この工程でいけるのかもしれない。
翌々日、うまみが出てくる。
生地しっとり、風味もいい。
116camp.jpg 116camp2.jpg

キタホナミB、準強力全粒、超硬質小麦、石臼ライ全粒。
酵母ポーリッシュ50%、種長時間、
本捏ね短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
配合前回と同じ、種の発酵時間を倍に。
うまみ、出るかな。
皮ずいぶん硬めでバリバリ、
弾き強いけれどパリッとする食感もある。
苦味があって、香ばしい。
中しっとり柔らか、口どけはいい。
うまみは思ったより出ない、
甘みしっかり、粉の風味もいい具合。
酸味はほとんど、ない。
もうちょっとうまみ出すには、どうしよう。
粉、変えてみようか、
種の割合、変えてみようか。
118camp.jpg 118camp2.jpg

2017年01月15日 23:12

今年 いちばんの、大雪。
朝からの外出は やめにする。
(仕事休みでよかった、、、)

雪が降ったら、雪だるま。
積雪 20センチ。
今年は 大きな雪だるま。
いつもなら、黒ゴマの目なんだけれど、
今年はメキシコの豆、フリホーレスで。

114yuki.jpg 114yuki2.jpg

家に帰ってきて、
雪だるまが 跡形もなく消えてしまっていると、
なんだか 悲しい。

烏來へ

2017年01月15日 22:55

MRTとバスを乗り継いで、1時間。
温泉の町、烏來へ。

烏1 烏2

町の繁華街には、
台湾料理や烏來名物、温泉施設なんかがずらりと並んでいて、
ここに来れば、台湾の味満喫できてしまうんじゃないだろうか、
っていうぐらいに いろんなお店があって、
(杏仁豆腐、猪肉のお店が多い)
ここでもやっぱり、人気のお店には大行列。

烏3 烏4
烏5 烏7

楽しみにしていたトロッコ列車は、
復旧作業のため、お休み。
線路沿いを 徒歩で歩く(結構きつい)。

烏6 烏9
烏8 烏10
烏21 烏22

ロープウェイから 見下ろす景色。
大都会から わずか1時間あまりで、
こんなに壮大な 大自然。
とにかく歩く、階段階段のぼり坂。
疲れたら ちょっと休憩、
濃いみどりを目の前に、呼吸を整える。

烏11 烏12
烏13 烏14 
烏19 烏20

行きたかった、タイヤル族の博物館。
風習としての、刺青。
それぞれの個性を 顔に印す。
グアテマラ、メキシコ、タイ、台湾。
いろんな民族衣装を見たけれど、
それぞれに似通っていて、
また、それぞれに違う。

烏16 烏24
烏17 烏18

人々が、この山の中で、
どんな風に暮らしてきたか、
そんなことを 知る。

烏15 烏23

便り

2017年01月15日 22:33

歌の便りが、届く。
古くからの知り合いの、
彼が旅した 国々の、
私がまだ訪れたことのない国の、歌。
そのギターの音は穏やかで、
きっと そこは、美しくて温かい。
透き通るような 青い空に
美しい 金色の花。
そんな景色が、ぽわんと浮かぶ。

音を奏でる人々は、
旅の記憶を、音にする。
私にはない 感覚。

116banetto.jpg

絵葉書が、届く。
友達の描く 画が好きで、
とりわけ、彼女の描く人の画が好きで。
自分でお願いしておきながら、
届くっていうのは分かっているんだけれど、
郵便受けに ピンク色の封筒を見つけたときは、
とても 嬉しくなった。

寒い冬に、いろんな便り。
あったかい。

西門窩青年旅舍 / ゲストハウス 台湾・台北

2017年01月14日 22:32

初めて訪れる、台北。
移動を考えて、MRT駅近くのホステルへ。

・女性用ドミトリー(各ベッドカーテン付、貴重品BOX完備) 610元
・トイレ・シャワー共同(とても綺麗)
・シャンプー、ボディーソープ完備
・受付24H
・Free飲料水、お湯(珈琲、紅茶もあったように思う)
・Free朝食(宿泊費に含まれる、メニュー未確認)
・Wifi Free
・居心地のいいテラスあり
・下の階がカラオケ店でやや音が聞こえるけれど、
 眠れないほどではない(チェックイン時に耳栓配布)
・近くにはコンビニ、飲食店、本屋、映画館、スーパーなど
 何でもあり
・駅から5分程度
・親切なスタッフ、英語OK
・台湾からのお客さんが多いように思う(連休のせいかも)

若者の街、西門。
東京でいうなら、渋谷あたり。
22時でも通りは賑やか(しかも安全)、
夜でも明るいから、安心感はとてもある。
ちょっと歩くと、お寺や映画館街、
美味しい屋台街に、個性的な夜市。
今回、あんまり回る時間がなかったから、
機会があれば、また次回。
とても、快適な場所だったなあ!
wow2.jpg wow3.jpg
Ximen Wow Hostel MRT西門から5分くらい

wowから
テラスから、朝の台北の街並

カンパーニュ生地

2017年01月14日 00:20

超硬質小麦、準強力全粒、石臼ライ麦全粒。
酵母ポーリッシュ、短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
再び、バタール生地と同じ工程で。
種と本捏ねの粉配分を、変えてみる。
うまみを出すために、酵母を増やしてみる。
皮弾力あり、弾きが強いけどパリッとした感じもあり。
中ふんわり柔らか。
うまみ前回より出てはいるけど、まだ弱い。
ポーリッシュでうまみを出すのは、難しい。
中種、増やしてみようかな。
トーストすると皮がバリッとして、いい食感。
113camp.jpg 113camp2.jpg

キタホナミB、準強力全粒、超硬質小麦、高灰分強力。
酵母ポーリッシュ、短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
ライ麦なしの、カンパーニュ。
気温低過ぎて、発酵に手間取る。
ブルーベリーとクルミを入れて。
ギフト用に。
美味しく焼けていますように。
115bwcamp.jpg

珈琲拿鐵 / セブンイレブン 台湾・台北

2017年01月11日 23:58

重烘焙拿鐵
latte7.jpg latte72.jpg
ダークロースト(だったと思う)、
普通よりエスプレッソ濃いめの、カフェラテ。
なかなか美味しい、ミルクが美味しい。
日本のコンビニのラテより、
美味しいのではないかと思う。
今すぐ、どうしても、
温かくて美味しい珈琲を飲みたい、って思ったときに、
コンビニ珈琲、とても助かる。
スターバックスやカフェの、半分以下の値段。
Mサイズ45元(160円)
セブンイレブン(ファミリーマートだったかも)

フルーツジュース / 台湾・台北

2017年01月11日 23:22

柳橙汁
ogj.jpg
100%オレンジジュース、
バレンシアオレンジ、かな。
果肉入り(だったように思う)、
甘み、酸味のバランスがいい。
濃くて、なかなか美味しい。
35元 セブンイレブン

蘋果汁
apj.jpg
100%林檎ジュース。
日本でよく見る透明の林檎ジュースではなく、
白濁で、しっかり果肉入り(!)。
ぎゅっと絞った感じで、とても美味しい。
38元 セブンイレブン

奇異果汁
kiwij.jpg
100%キウイジュース。
林檎ジュースがあまりにも美味しかったので、
キウイも購入(他にマンゴミックスあり)。
こちらも果肉入り。
酸味はまろやか、それなりに美味しい。
38元 セブンイレブン

台北駅バスターミナルにて、空港行きのバスを待つ。
早朝のバス乗り場、超行列。
1時間以上も余裕を持って出てきたのに、
飛行機に間に合うだろうか、って焦りながら、
キウイジュースで 喉を潤す。
結局、30分以上も待ってなんとか間に合う。
早く出てきて、よかった、、、。

焼き初め

2017年01月09日 23:41

石臼ライ麦全粒、全粒粉準強力、硬質小麦強力。
酵母ポーリッシュ、短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
バタール生地と同じ工程、粉配合だけ変えて。
久々のライ麦、グルテン少ないと生地繋がりにくい。
捏ねに、ひと苦労。
全粒粉率高いからか、生地の膨らみ少なめ。
焼き上がりは、思ったより釜伸び。
皮弾力あり、中ふんわり柔らか。
全粒粉の風味、強い。
噛みしめると甘みは感じるけれど、やっぱり粉の風味が強い。
酵母のうまみなし、酸味もなし。
カンパーニュというよりは、軽めのセーグル。
発酵時間のせいか、配合のせいか。
ライ麦の奥深いうまみとコクが、欲しい。
石臼ライ麦は、ちょっと濃過ぎるかもしれない。
19camp.jpg 19camp2.jpg

石臼ライ麦全粒、全粒粉準強力、硬質小麦強力。
バックプースラント、長時間、ビール酵母+桃酵母。
前回と同じ配合(全粒粉準強力少なめで)、製法を変えてみる。
捏ね上げ温度、低かったかな。
なかなか発酵しないから、温度を上げる。
焼き上がり、思ったよりも膨らむ、気泡もしっかり。
皮弾力あり、中しっとり柔らか。
生地詰まり気味でやや重め、
もっちり感もあって、国産小麦の風味あり。
ほんのり酸味、梅の酸味か、、、
種の発酵温度、高過ぎたのかも。
うまみあり、噛むほどに甘みもあり。
風味悪くないけど、国産らしさ強め。
仏産の芳醇な風味、出ないかな。
111camp.jpg 111camp2.jpg

2017年、焼き初めはカンパーニュ。
留守中眠らせていた酵母を、
数日かけて復活させる。
そろそろ、元気になってきたかな。
ちょっと、出遅れた。

葱抓餅 / 雙城街 台湾・台北

2017年01月09日 22:50

葱抓餅
2negi3.jpg 2negi4.jpg
2negi5.jpg
チーズ入り(加起司)の葱抓餅。
外パリッとしていて、中もちもちしっとり柔らかい。
生地が層になっていて、パイみたい。
サクサク焼餅とモチモチ蛋餅の中間、のイメージ。
中力粉かな、餃子の皮のような粉の風味。
生地には刻み葱と白ゴマが入っていて、
ほんのり塩味、それだけでも美味しい。
チーズ(レッドチェダーのスライス)と、オレンジ色の辛いソース。
ソースは豆板醤よりは、ラー油の風味に近い。
焼きたては熱々で、チーズがとろり。
あんまり上品ではないけれど、
層になっているのものは、一枚一枚めくって食べる。
(がぶりと食べるより、もっちりを感じなくてすむから、
 そんな食べ方をするんだろうと思っている)
冷めてしまうと外側のパリッとした部分が硬くなるから、
熱いうちに。
原味35元+起司10元(だったように思う)

向かったのは、雙城街(屋台街)近くのフレンチトーストのお店。
楽しみにしてたのに、、、大型連休でお休み。
雙城街に戻って、パンのようなものを探して回る。
麺類、丼物が多い中、食べてみたいと思っていた葱抓餅のお店、発見。
(葱抓餅と葱油餅は、どうやら同じようなものらしい)

作り方を、観察。
あらかじめ準備してあった生地種(直径10cmくらいの厚みのある丸いもの)を
鉄板の上で温める→上から力をかけて生地を平らにして焼く→裏返して焼く(繰り返し)→
コテのようなもので生地をほぐす→いったん鉄板から外す→
注文が入ったら、生地を鉄板に戻して焼き直し、具材をのせて巻き込む。
生地を作る時点で層になるように折りたたんでいるのか、
鉄板の上で生地をほぐす工程が層を作り出すのか、
どうしてパイのような生地になるんだろう、とっても不思議。

具材はいろいろ、玉子、コーン、バジル、肉(ハムだったか)など。
英語、日本語のメニューあり。
行列ほどではないけれど、常にお客さん。
おばちゃん一人で、とても忙しそう。
注文の葱抓餅を仕上げながら、次の生地を準備。
鉄板まわりもとても整頓されていて、
手際が、とてもいい。流石だなあ!
2negi2.jpg 2negi.jpg
雙城街 MRT中山國小から5分くらい

2negi6.jpg
24時間営業の屋台街、雙城街。
夜市のような規模ではないけれど、朝夜色んなお店が出ていて魅力的。

萬國滷味 / 滷味 台北・西門

2017年01月07日 23:32

西蘭花、豆皮
1ruway3.jpg
厚めのお揚げのような、豆皮。
とてもジューシーで やや弾力のある噛み応え。
大豆加工品がとても豊富でいろんな種類があるんだけれど、
湯葉よりも、豆干(豆腐を干して?水分を出して固めたもの)よりも、
豆皮が好きだ、と実感した今回の旅。
西蘭花、ブロッコリー。
50元(180円)
セブンイレブンで買った、台湾ビールと一緒に。

肉、魚練り物、豆製品、野菜、卵など、
いろいろな食材を甘辛く煮込んだ、ルーウェイ。
五香粉の風味が効いていて、日本の煮物とはまた違った風味。
選んだ具材を全てボウルに入れ、
煮込み汁?、胡椒、豆鼓醤(だと思う)を加えて、混ぜ混ぜ。
ビニール袋に入れて、竹串を刺して、手渡して貰える。
味付けは濃過ぎず、でもしっかり出汁が馴染んでいて、
美味しい。
鶏肉系、臓物系、豆製品、魚練り物、卵、きのこ、
野菜は大根、キャベツ、いんげんなどがあったように思う。
キュウリの漬物、白菜の漬物(酸菜)もあったように、思う。
それぞれ20元くらい~、好きなものを好きなだけ。
超行列、ではないけれど、
ひっきりなしにお客さんは入っている様子。
お店のおばちゃんはとても親切。
1ruway2.jpg 1ruway.jpg
萬國滷味 MRT西門から5分くらい

1日目の夜は、夜市で臭豆腐をいただくつもりだったんだけれど、、、。
空港から台北市内に出るのに、手間取る。
やっと着いた、って宿の近くまで来たんだけれど、
なかなか宿が見つからない。
ああ、もう21時。
夜市に繰り出すのは諦めて、近場で晩ご飯。
美味しいルーウェイ屋さんがあって、ほんとうに良かった。
初めての街は、やっぱり迷う。

1西門
人気のお店は、とても行列。
夜遅くなっても、みんな並ぶ。

バタール生地 焼き納め

2016年12月30日 23:55

超硬質小麦、石臼準強力。
酵母ポーリッシュ、短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
ちょっと、詰まり過ぎたかな。
捏ね過ぎ かも。
皮弾力とてもあり、
中しっとり柔らかいけど ふわふわしていない。
甘みあり、フランスパンの風味あり。
噛み応えもあって、美味しい。
なかなか いい配合。
翌々日、甘さ・風味ともに控えめ。
前日のほうが 断然美味しい。
うーん、、、。
1226batard.jpg 1226batard2.jpg

キタノカオリ、石臼準強力、超硬質小麦。
酵母ポーリッシュ、短時間やや長め、ビール酵母+桃酵母。
釜伸び狙って、しっかり捏ねる。
加水少なかったかな、やや硬め。
林檎のコンポート、たくさん入れて。
焼き上がり、ちょっと小さめ。
締め過ぎた かも。
ギフト用に、美味しく焼けていますように。
1229ap.jpg

2016年 焼き納め。
バタール生地の 猛特訓。
やっぱり、酵母の発酵具合が 一番大事。
そして、粉によって 風味がとても違う。
痛いくらいに 実感。
軽くて白いバタール生地、
これだ っていう粉の配合が、
なんとなく 掴めてきた。
そろそろカンパーニュ、焼きたいなあ、、、。

その前に、冷凍庫のパン。
今年のパンは、今年のうちに。

仕事納め

2016年12月30日 23:07

今の仕事に就いて、
もうすぐ 3年が経とうとしている。
正直なところ、
こんなに長く続けると 思っていなかった。

手作業の お菓子作り、
明治から続く 老舗の洋菓子屋。
注文数も多く 量産するには、
黙々と一日中、
ひたすら 機械みたいに動かなければ、 
終わらない。

製造補助で入った この仕事。
製造は、社員の男の子たちの担当。
昔から続く職場だからか、
その辺の仕事の分担は きっちりしている。
アルバイトには、大事な仕事はまわってこない。

数ヵ月前から 任せて貰えるようになった、
本来なら 男の子たちがする、仕事。
ちょっとだけ 認めて貰えたようで、とても嬉しい。
昔っからのやり方を 経験させて貰えることが、
とても有難い。

個性的だと思うのは、
製品によっては 8人がかりで工程を進めること。
生地づくり、型抜き、型並べ、装飾、
焼成(二度焼きだから手間がかかる)、袋詰め、、、。
それぞれが任された持ち場で、いっせいに素早く動く。
(本当に、早送りみたいな速さだ)
チームワークが大切だから、手は抜けない。
誰かが遅れると、全部遅れる。
手が必要なところには 誰かが、すっと手を差し伸べる。
それぞれに周りを見ていて、言葉なしに他を助ける。

日々、無言で仕事をしていても(話すと作業が遅れてしまう)、
その、誰かからの助けに、ちょっとした気遣いに、
救われる。
一瞬の判断で決めた その行動には、
本当の心の優しさが現れると 思うのだ。
心なしに発することができるかもしれない言葉、よりも。

機械にならなければいけないのは とても辛い、
でも、一緒に働く仲間たちからの支えに、
私よりもずいぶん若い、
彼らからの精一杯の優しさに、
私は日々、助けられているんだろう と思っている。
一人でお店をやっていく時には得られないであろう、感覚。
私は今、そんなことを経験させて貰っているんだと
思っている(思うようにしている)。
まるで 学園祭の出し物を
クラスメイト全員で 成し遂げたような、
そんな達成感(ちょっと大げさではあるけれど)。
毎日が、そんな感じ。

日々のパン焼きと両立するのは
なかなか大変なことなんだけれど、
今の私に必要なことなのかもしれない、
そんな風に思ったりもする。

来年は、もっと忙しくなる。
今以上のことを任されるかも、しれない。
せっかくだから、
とことんまで やってやろう、
そんな思い。
やれること全部 やってみよう、
そんな気持ち。

Hot orange spicy

2016年12月24日 23:04

師走のせわしい この時期、
クリスマスだとか 年末だとか。

年々、まわりの歩調と 私の歩調は、
まったく 噛み合わなくなってきている。
ああ 1年の終わりだなあ、って、
新しい年が始まるなあ、って、
そんな風に、思わなくなっているのだ。

街に出れば、もう1ヶ月以上も前から、
クリスマスのデコレーションやら、ギフトやら。
クリスマスっていつだったっけ、って思っているうちに、
25日が過ぎるのは あっという間。
駿足で、お正月が やってくる。

まるで他人事のように、
クリスマスも 年末も年始も、
あっという間に 過ぎてゆく。

ホット・オレンジ・スパイシー。
誘って頂いた イベントにて、
暖かい 冬のドリンク。

1223goj.jpg

1223tree.jpg

日々、自分のために試作ばっかりしてるけど、
他の誰かが飲んでくれるかもしれない って、
そう思うと 試作にとても、力が入る。
毎日、ショウガ漬け。

自分らしくいられるって、心地いい。
子どもたちの 純粋なこころに触れて、
ああ なるほどなあ!って感心する。
ちょっとフライングの、クリスマス。
本当に、いい一日。

さあ、年末まで 休みなし。
なんだか 新しい年は、
春をさっと 通り越して、
夏が あっという間にやってきそうな気がしている。

ひとつひとつ、丁寧に。
日々、大切に。


最新記事